アニメ・マンガ

美声で恐怖を味わってみる? 『声優×怪談』(豪華すぎて怖い)

投稿日:

-アニメ・マンガ

関連記事

『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』『寄宿学校のジュリエット』最新巻が登場!今売れているコミック …

『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』『寄宿学校のジュリエット』最新巻が登場!今売れているコミック …

今売れているコミックランキング(2019年5月13日~5月19日) … 昨年10月のTVアニメ化をきっかけに、多くの新たなファンを獲得しています。 寄宿学校の … 実物の犬猫たちの写真も登場するので、漫画とあわせて読むと癒し効果が2倍です!  ほんのひきだし 『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』『寄宿…https://hon-hikidashi.jp/more/84091/先週は『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』『寄宿学校のジュリエット』などの最新巻が発売されました。 先週はどのようなコミックが売れたのでしょうか? 1週間の売上ランキングを発表します(※今回の集計期間:2019年5月13日~19日/日販 オープンネットワークWIN調べ)。括弧内は前回の順位との比較です。 コミ…

水樹奈々とFLOWが「アニソン」トーク!“性に目覚めた”アニメとは!?

水樹奈々とFLOWが「アニソン」トーク!“性に目覚めた”アニメとは!?

3月7日(水)にリリースされたFLOWのアルバム『FLOW THE BEST ~アニメ縛り~』にちなんで、今回の放送ではこんな特別企画を実施しました! 【FLOWの2人が仲良く選んだ~ … お2人には思い出のアニソンを第7位からランキングしていただいて、いろいろと語っていただきたいと思っております。私はどんな曲が入っている …  ニフティニュース 水樹奈々とFLOWが「アニソン」トーク!“性に目覚め…https://news.nifty.com/article/entame/tokyofm/12199-xojH3O6Gck/声優・歌手として活躍する水樹奈々がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Mの世界」。3月19日(月)の放送は、FLOWから、ボーカルのKOHSHIさんとKEIGOさんがゲストとして登場。お2…

2018年上半期邦画1位は『コナン』公開15週目までトップ10維持 – 上半期邦画ランキング

2018年上半期邦画1位は『コナン』公開15週目までトップ10維持 – 上半期邦画ランキング

今年の上位10作品の内訳はアニメ作品が4本、実写作品が6本となり、全体では実写映画がやや優勢となった。 【写真】1位!『名探偵コナン ゼロの執行人( …  シネマトゥデイ 2018年上半期邦画1位は『コナン』公開15週目までト…https://www.cinematoday.jp/news/N01028012018年上半期(2017年冬~2018年6月公開作品)の日本映画作品別興行収入上位10本が文化通信社より発表され、人気シリーズ第22弾『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』が86億3,000万円(7月22日時点)で上半期ナンバーワンの座に輝いた。

三億円事件“実行犯”による独白小説が漫画化 『ジャンプ+』で29日連載開始

三億円事件“実行犯”による独白小説が漫画化 『ジャンプ+』で29日連載開始

小説投稿サイト『小説家になろう』に8月に投稿後、1位を獲得(日間・週間・月間ヒューマンドラマ「文芸」ランキング<2018年10月>)し、各メディアで取り上げられ …  IWATE NIPPO 岩手日報 三億円事件“実行犯”による独白小説が漫画化 『ジ…https://www.iwate-np.co.jp/article/oricon/2125348小説投稿サイト『小説家になろう』で8月に投稿されて話題となった三億円事件の“実行犯”による独白小説『府中三億円事件を計画・実行したのは私です。』(原作:白田)が漫画化され、漫画アプリ『少年ジャンプ+』で29日から連載がスタートすることが決定…

今では信じられない! 驚きの昭和オタクの常識ランキング

今では信じられない! 驚きの昭和オタクの常識ランキング

… 「オタク」という言葉、現在では「詳しい人」くらいの意味合いで使われる割と親しみのある表現なのですが、当時は「オタク」と呼ばれるのを嫌って隠す事も少なくなかったそうです。 そこで今回は「昭和オタクの常識」をアンケート、ランキングにしてみました。 現在では考えられない昭和オタクの常識とは、一体どのようなものだった …  zakzak 今では信じられない! 驚きの昭和オタクの常識ラ…https://www.zakzak.co.jp/lif/news/180411/lif1804110005-n1.html「オタク」という言葉、現在では「詳しい人」くらいの意味合いで使われる割と親しみのある表現なのですが、当時は「オタク」と呼ばれるのを嫌って隠す事も少なくなかったそ…