アニメ・マンガ

週末の北米映画興行収入ランキングを紹介(6日)

投稿日:

-アニメ・マンガ

関連記事

目玉おやじがフジテレビの目玉マークに!? アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第1期キャラクターデザイン風の新キー …

目玉おやじがフジテレビの目玉マークに!? アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第1期キャラクターデザイン風の新キー …

1968年にモノクロで放送開始したアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(第1期)。その放送開始50周年のアニバーサリーイヤーの2018年に新シリーズ(第6期)となって、4月1日(日)より放送開始(毎週日曜朝9時~9時30分)! このたび、4月1日の初回放送当日に1968年放送の第1期キャラクターデザイン風の新キービジュアルが公開 …  『ゲゲゲの鬼太郎』新キービ… 『ゲゲゲの鬼太郎』新キービジュアルが1968年風の…https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1522402660【アニメイトタイムズ】1968年にモノクロで放送開始したアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(第1期)。その放送開始50周年のアニバーサリーイヤーの2018年に新シリーズ(第6期)となって、4月1日(日)より放送開始(毎週日曜朝9時~9時30分)!このたび、4月1日の初回放送当日に196…

この春観たいドラマは?期待度ランキングTOP20発表

この春観たいドラマは?期待度ランキングTOP20発表

1位を獲得した「なつぞら」は、北海道十勝で酪農を手伝いながらたくましく育った戦災孤児の少女・なつ(広瀬)が、上京後に草創期のアニメ業界で生きていく姿を …  楽天WOMAN この春観たいドラマは?期待度ランキングTOP20発表…https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0107904この春観たいドラマは?期待度ランキングTOP20発表, 映画とドラマのレビューサービス「Filmarks」が、地上波放送の2019年春ドラマ期待度ランキングを発表。広瀬すずがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜・朝8時~、NHK総合)が1位に輝いた。 1位を獲得した「なつぞら」は、北海道十勝で酪農を手…

Twitterユーザーが選んだ2018年のおすすめ漫画は?「俺マンガ大賞2018」ベスト10発表!

Twitterユーザーが選んだ2018年のおすすめ漫画は?「俺マンガ大賞2018」ベスト10発表!

それではさっそく、「俺マン2018」ランキングのベスト10を見てみましょう! …. の「俺マンガ大賞」でそれぞれ第2位にランクインし、その後爆発的にヒット、アニメ化・ …  ほんのひきだし Twitterユーザーが選んだ2018年のおすすめ漫画は?…http://hon-hikidashi.jp/enjoy/74157/Twitterユーザーが選んだおすすめ漫画「俺マン2018」ランキング発表! 1年間に読んだ漫画の中から自分が面白かった作品を選び、Twitterで共有する"超個人的な"年間ベスト企画「俺(が選ぶ)マンガ大賞」、通称「俺マン」。 選定基準・参加資格なし、参加者の独断と偏見で選ばれた作品群が、得票数によって順位…

心をえぐる専門学校生の実態 Twitterの力で打ち切りから復活した漫画『専門学校JK Ctrl+Z』単行本化

心をえぐる専門学校生の実態 Twitterの力で打ち切りから復活した漫画『専門学校JK Ctrl+Z』単行本化

Twitterで話題になったことで連載打ち切りから復活を遂げた漫画『専門学校JK … 同作は、ほっけ様さんがアニメ系専門学校生の実態を赤裸々に描いた漫画。 … 投稿して話題を呼び、1巻がAmazonのコミック売れ筋ランキングで2日間総合第1位に。  ねとらぼ 心をえぐる専門学校生の実態 Twitterの力で打ち切…https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/29/news023.html連載打ち切りになった漫画が、Twitterで話題になったことで新シリーズとして復活。単行本化されました。

「尊い」とは「見えざる関係性」のこと――『どうして私が美術科に!?』×『ステラのまほう』作者が語る、“尊さ …

「尊い」とは「見えざる関係性」のこと――『どうして私が美術科に!?』×『ステラのまほう』作者が語る、“尊さ …

… が手を取り合って成長していく姿が「尊い」と話題になり、「次にくるマンガ大賞2018」や「AnimeJapan2019 アニメ化してほしいマンガランキング」にもノミネート。  ねとらぼ 「尊い」とは「見えざる関係性」のこと――『どうし…https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/25/news012.htmlどうびじゅはいいぞ。