写真・アート

【配信開始】君の戦略(アート)で世界を作れ!全世界2500万人が遊ぶストラテジーRPG日本上陸 …

投稿日:

Lilith Gamesより、新作スマホ向けアプリ『アート・オブ・コンクエスト』が配信開始と …. 【新作ゲームランキング】年末年始におすすめな有料アプリゲームを紹介!

-写真・アート

関連記事

錦織、ファイナル出場 デルポトロが右膝負傷

錦織、ファイナル出場 デルポトロが右膝負傷

【ジュネーブ=共同】男子テニスのツアーを統括するATPは3日、年間成績上位8人によるATPツアー・ファイナル(11~18日・ロンドン)に、出場権争いで9番手の錦織 …  日本経済新聞 電子版 錦織、ファイナル出場 デルポトロが右膝負傷(写…https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3735166004112018000000/【ジュネーブ=共同】男子テニスのツアーを統括するATPは3日、年間成績上位8人によるATPツアー・ファイナル(11~18日・ロンドン)に、出場権争いで9番手の錦織圭(日清食品)が繰り上がりで出場する

乃木坂白石写真集、発売2周年記念日に重版35万部

乃木坂白石写真集、発売2周年記念日に重版35万部

発売前に2度重版し、発売初週で10・4万部を売り上げ、オリコンランキング史上女性ソロ写真集では最高の週間売り上げを記録。売り上げのペースは落ちず、 …  nikkansports.com 乃木坂白石写真集、発売2周年記念日に重版35万部 …https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902070000084.html乃木坂46白石麻衣(26)のセカンド写真集「パスポート」(講談社)が、発売からまる2年となる7日、24度目の重版で1万部を増刷し、累計発行35万部を突破したこ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ブザルネスクがサンノゼ大会で優勝、悲願のツアー初V

ブザルネスクがサンノゼ大会で優勝、悲願のツアー初V

世界ランキングで24位につけるブザルネスクの忍耐は、30歳にして報われた。 ジュニア時代のブザルネスクは欧州でもトッププレーヤーだったが、膝の手術を2度 …  www.afpbb.com ブザルネスクがサンノゼ大会で優勝、悲願のツアー初Vhttp://www.afpbb.com/articles/-/3185073【8月6日 AFP】女子テニス、ムバダラ・シリコンバレー・クラシック(The 2018 Mubadala Silicon Valley Classic)は5日、シングルス決勝が行われ、大会第5シードのミハエラ・ブザルネスク(Mihaela Buzarnescu、ルーマニア)がマリア・サッカリ(Maria Sakkari、ギリシャ)に6-1、6-0で勝利し、悲願のツアー初優勝を果た…

有村架純がカバーガール大賞 石原さとみ・齋藤飛鳥・浅川梨奈が部門賞受賞

有村架純がカバーガール大賞 石原さとみ・齋藤飛鳥・浅川梨奈が部門賞受賞

エンタメ部門で1位に輝いたのは乃木坂46の齋藤飛鳥。2017年はソロ写真集「潮騒」が「オリコン2017年上半期“本”ランキング」写真集部門2位を獲得するなど、存在感を示した。 「わたしはずっと自分を『万人受けのしないタイプ』だと思っておりまして。そんな自分が表紙を務めさせて頂く機会が増えた頃は、大丈夫なのかなと、 …  TOKYO POP LINE – 芸能・エン… 有村架純がカバーガール大賞 石原さとみ・齋藤飛…https://tokyopopline.com/archives/983132017年に発売された雑誌の表紙を最も多く飾った女性を選定し、表彰する「第4回カバーガール大賞」が発表され、女優の有村架純が大賞を受賞した。 3月4日の"雑誌の日"を記念して発表される同賞は、オンライン書店「Fujisan.co.jp」で取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約10000誌から、表紙…

ACL3連覇懸かる日本勢 まず1次リーグ突破を

ACL3連覇懸かる日本勢 まず1次リーグ突破を

19年と20年のACL出場枠は、アジア・サッカー連盟(AFC)の17年時点の「AFCクラブ大会ランキング」で決まる。18年大会まで、日本は韓国に次ぐ「東地区2位」 …  日本経済新聞 電子版 ACL3連覇懸かる日本勢 まず1次リーグ突破を(写真…https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41496060Q9A220C1000000/サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場を懸けたプレーオフを鹿島と広島が無事乗り切り、川崎や浦和と合わせて今季も日本から4クラブが1次リーグに出場することになった。