クルマ・バイク

「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケットのプロが選ぶベストなクルマは?

投稿日:

当初ハイブリッドは“オタク”のクルマとさえ言われ、モーターやバッテリー、コントローラなど、みなさまにとって慣れない部品、コポーネントでご苦労をかけたかもしれません。しかし、それでも選んでもらえたことは、プリウスが世の中のお役に立てたと思っています。自動車業界は100年に一度の変革期を向かえており、自動車は …

-クルマ・バイク

関連記事

「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由

「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「ノート」(約13.8万台)や3位のトヨタ「アクア」(約13.1万台)などを抑え、2年連続でトップに立った。月販平均台数は約1万3400台で、 …  東洋経済オンライン 「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由 | 販売・…http://toyokeizai.net/articles/-/210427トヨタ自動車「プリウス」。エンジンとモーターを併用して走るハイブリッド車(HV)の代名詞的存在であり、トヨタの国内販売を支える基幹車種の1つだ。2015年末に登場した現行4代目はカタログ値ながら最高40km/L…

検査不正発覚でスバルが一歩後退 日本企業のブランド価値

検査不正発覚でスバルが一歩後退 日本企業のブランド価値

1~8位は前年と変わらず、首位は11年連続でトヨタ自動車だった。2位には … ランキングは昨年6月末までの動向を加味しており、前会長カルロス・ゴーン被告の …  沖縄タイムス+プラス 検査不正発覚でスバルが一歩後退 日本企業のブラ…https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/385113 コンサルティング会社のインターブランドジャパン(東京)は14日、世界で事業を展開する日本企業の2019年のブランド価値ランキングを発表した。

豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績は? 「2018年8月に売れた日本車」

豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績は? 「2018年8月に売れた日本車」

市場動向について業界団体の関係者は、「8月の新車販売は、軽自動車が好調に推移したこともあって2カ月連続での … 2018年8月 車名別 販売台数ランキング  日本最大級のクルマ総合情報… 豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績…https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180907-10340421-carview/Q:西日本豪雨の影響で、7月の登録車販売が前年比14.5%減(1万2107台)と落ち込んだマツダ。8月の販売成績は回復したか?text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)photo:Keisuke Maeda(前田惠介)A:登録車の前年同月比が概況で11

今、小さいクルマが面白い! GQ CAR’S アクセスランキング 2018年8月

今、小さいクルマが面白い! GQ CAR’S アクセスランキング 2018年8月

8月の『GQ CAR'S アクセスランキング』は“小さなクルマ”が上位を占めた。 ….. 伊ドゥカティの最高峰、スーパーバイクシリーズからブランドイメージを牽引する …  GQ JAPAN 今、小さいクルマが面白い!──GQ CAR'S アク…https://gqjapan.jp/car/news/20180019/gq-cars-monthly-access-reports-august-20182018月8月に多くの人が読んだクルマの記事はコレだ! アクセスランキングとともに振り返る。

最強オーナー企業ランキング!【業種別・建設全50位ほか編・完全版】

最強オーナー企業ランキング!【業種別・建設全50位ほか編・完全版】

その中で、週刊ダイヤモンドは最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。今回はその中から建設、医薬品、石油・石炭製品、ゴム製品業界編をお送り …  ダイヤモンド・オンライン 最強オーナー企業ランキング!【業種別・建設全50…http://diamond.jp/articles/-/166969週刊ダイヤモンドが最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。今回はその中から建設、医薬品、石油・石炭製品、ゴム製品業界編をお送りする。