クルマ・バイク

「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

投稿日:

ガソリン自動車から電気自動車(EV)へのシフトが加速している。中国では政府がEVをはじめとする新エネルギー車を、2020年までに累積500万台生産すること …

-クルマ・バイク

関連記事

日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なんて関係なかった!=中国メディア

日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なんて関係なかった!=中国メディア

記事は、日本国内の自動車売り上げランキングを見ると、トップ10に入るのはいずれも日本車であり、外国車の姿は見受けられないと紹介。「日本人が日本車を愛することについて、多くの人は日本人の愛国心によるものと認識している。しかし、実際それは大した理由ではない。自動車自体が持つ強みによるものなのだ」とし、 …  ニフティニュース 日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なん…https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20180426_00007/ 中国メディア・今日頭条は23日、「日本人はどうして日本車が好きなのか、愛国主義は大した理由ではなかった」とする記事を掲載した。 記事は、日本国内の自動車売り上げランキングを見ると、トップ10に入るの…

ロッシ、豊富な経験と持ち前の性格で下位から挽回。苦しむビニャーレスを”まだ若い”と擁護|MotoGP …

ロッシ、豊富な経験と持ち前の性格で下位から挽回。苦しむビニャーレスを”まだ若い”と擁護|MotoGP …

今季のヤマハは未だバイクの電子制御の問題を解決できていないが、 … レースでは安定した結果を残しているロッシは、現時点でランキング2位につけている。  日本最大級のクルマ総合情報… ロッシ、豊富な経験と持ち前の性格で下位から挽回…https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20180814-10333907-carview/ 今季のヤマハは未だバイクの電子制御の問題を解決できていないが、バレンティーノ・ロッシはその性格や豊富な経験を、問題に対処する上で役立てているという。 電子制御の問題により、加速の面でライバルに対して遅れをとってしまっているヤマハ。オーストリアGPでも優勝でき

クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタの2倍の稼ぐ[新聞ウォッチ]

クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタの2倍の稼ぐ[新聞ウォッチ]

日経が年間販売台数100万台を超える自動車メーカーを対象に1台当たりの利益を算出し、きょうの投資情報面で、効率的に稼ぐ自動車メーカーのランキングを …  レスポンス(Response.jp) クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタ…https://response.jp/article/2018/07/24/312247.html1台当たりの利益が最も高かったのはメルセデスベンツのブラントを持つ独ダイムラーで5228ドル(約59万円)。2位は独BMWで4983ドル(約56万円)だったという。

自動車保険の走行距離 目安や割引差額はどのくらい?

自動車保険の走行距離 目安や割引差額はどのくらい?

自動車保険で「保険料は走った分だけ」といった広告を目にすることがあるが、これはどう … 【自動車保険ランキング】「ダイレクト型」で利用者満足度が高いのは?  CS RANKING 自動車保険の走行距離 目安や割引差額はどのくら…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2112582/自動車保険の走行距離 割引差額は 自動車保険で「保険料は走った分だけ」といった広告を目にすることがあるが、これはどういった仕組みなのだろうか。また、保険料はどの程度差がつくのだろうか。今回は自動車保険の「走行距離割引」について解説…

最強オーナー企業ランキング!【業種別・食料品全50位ほか編・完全版】

最強オーナー企業ランキング!【業種別・食料品全50位ほか編・完全版】

その中で、週刊ダイヤモンドは最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。今回はその中から食料品、水産・農林、繊維、パルプ・紙業界編をお送りする。  ダイヤモンド・オンライン 最強オーナー企業ランキング!【業種別・食料品全5…http://diamond.jp/articles/-/166832週刊ダイヤモンドが最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。今回はその中から食料品、水産・農林、繊維、パルプ・紙業界編をお送りする。