クルマ・バイク

「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

投稿日:

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全個体電池」が6位となっている。 全固体電池は、現在普及している … トヨタ自動車<7203.T>は、2020年代前半をメドにリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」を実用化し、既存のガソリン車と遜色無いEVの実現を目指している。同社は17年12月に「全固体 …

-クルマ・バイク

関連記事

存在するのには意味がある!! 2018年売れなかったクルマたちの言い分

存在するのには意味がある!! 2018年売れなかったクルマたちの言い分

2018年の販売台数は全体でいえば軽自動車のN-BOXがブッチギリの1位という結果に。いやはやN … その一方では販売台数ランキング上位とは正反対に売れなかったクルマたちも存在する。 … 【参考:2018年登録車販売台数ランキングトップ10】  Yahoo!ニュース 存在するのには意味がある!! 2018年売れなかった…https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190123-00010003-bestcar-bus_all2018年の販売台数は全体でいえば軽自動車のN-BOXがブッチギリの1位という結果に。いや – Yahoo!ニュース(ベストカーWeb)

三菱自動車工業、インドネシアからエクスパンダーの輸出を開始

三菱自動車工業、インドネシアからエクスパンダーの輸出を開始

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修)は4月25日、インドネシア共和国の乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西 … さらに本年3月には、販売台数ランキングで1位となった他、自動車専門紙OTOMOTIF社からカー・オブ・ザ・イヤー2018を受賞している。  MOTOR CARS 三菱自動車工業、インドネシアからエクスパンダー…http://motorcars.jp/mitsubishi-motors-starts-exporting-expanders-from-indonesia20180425三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修)は4月25日、インドネシア共和国の乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県、以下、ブカシ工場)で生産する次世代クロスオーバーMPV「エクスパンダー」の輸出を開始した。

日産ノートが「2018年1位」でも喜べない事情

日産ノートが「2018年1位」でも喜べない事情

日本自動車販売協会連合会(自販連)が1月10日に発表した2018年(暦年)の乗用車ブランド通称名別新車販売ランキング(登録車対象、軽自動車は除く)で、 …  東洋経済オンライン 日産ノートが「2018年1位」でも喜べない事情 | 販売…https://toyokeizai.net/articles/-/260550カルロス・ゴーン前会長の逮捕・起訴で揺れる日産自動車に明るいニュースが流れた。日本自動車販売協会連合会(自販連)が1月10日に発表した2018年(暦年)の乗用車ブランド通称名別新車販売ランキング(登録車対…

盗難車ランキング ワースト1位に「レクサス」なぜ? 手口は巧妙化

盗難車ランキング ワースト1位に「レクサス」なぜ? 手口は巧妙化

盗難件数の多い車のランキングが発表され、日本のある高級車がワースト1位に … 専門家の自動車評論家・国沢光宏さんは、「インテリアとか外見とかがとても …  FNN.jpプライムオンライン 盗難車ランキング ワースト1位に「レクサス」なぜ?…https://www.fnn.jp/posts/00414663CX盗難件数の多い車のランキングが発表され、日本のある高級車がワースト1位になった。  高級車はどのようにして盗まれるのか、巧妙化する手口を検証する。  街の人は、「休みで天気がいいと非常に気分も晴れます

世界の低燃費SUVトップ10、ほとんどが日本車! 非日系は2つのみ、しかも下位=中国メディア

世界の低燃費SUVトップ10、ほとんどが日本車! 非日系は2つのみ、しかも下位=中国メディア

そのうえで、米国で先日発表された世界の低燃費SUVランキングを紹介。ランキングは10位が現代・ツーソン、9位が日産・ローグ、8位がベンツ・GLA、7位がマツダ・CX-3、6位がホンダ・CRV、5位がスバル・クロストレック(XV)となっている。さらに4位はホンダ・HR-V、3位はレクサス・NX、2位はレクサス・RX、1位は …  ニフティニュース 世界の低燃費SUVトップ10、ほとんどが日本車…https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20180226_00011/ 今の世界の自動車市場における流行は、SUVだ。世界最大の自動車市場である中国では特にSUVの人気が強く、SUV車種の販売に力を入れた日系メーカーは昨年軒並み中国市場で好成績を残した。中国メディア・今…