クルマ・バイク

「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

投稿日:

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全個体電池」が6位となっている。 全固体電池は、現在普及している … トヨタ自動車<7203.T>は、2020年代前半をメドにリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」を実用化し、既存のガソリン車と遜色無いEVの実現を目指している。同社は17年12月に「全固体 …

-クルマ・バイク

関連記事

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

… したイタリアの自動車専門誌「Quattroruote(クアトロルーテ)」誌が主催するヨーロッパの自動車業界の重要なイベントの1つである「Quattroruote Day」において、同誌をはじめとする世界15カ国の自動車専門誌の委員によって選出される賞。今年の「Quattroruote Day」において「SKYACTIV-X」が技術史に最も名前を残すよう …  BIGLOBEニュース マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0213/zks_180213_3916879168.htmlマツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」がイタリアのミラノで将来が期待される自動車技術に贈られる「QGlobalTechAward」を受賞した。【…(2018年02月13日 21時51分55秒)

5項目で完全採点! 安全装備の充実した今買いの軽自動車ランキングTOP5はコレだ!

5項目で完全採点! 安全装備の充実した今買いの軽自動車ランキングTOP5はコレだ!

最近、軽自動車でも先進安全支援機能が充実しているクルマが増えてきた。ダイハツが2012年、ムーヴにいち早く自動ブレーキを含む衝突回避支援システムの「 …  WEB CARTOP 5項目で完全採点! 安全装備の充実した今買いの…https://www.webcartop.jp/2018/08/266839ここ数年、軽自動車の安全装備の充実が著しい。ダイハツが2012年にムーヴに自動ブレーキを採用してのち、各メーカー力を入れている。今回はそんな安全装備の充実度を中心に、軽自動車の基本性能5項目で採点! 今買いの軽自動車トップ5ランキングをお伝えしよう。

売れないからには理由がある! 鉄板のハイトワゴンなのに売れ行き不振な軽自動車3選

売れないからには理由がある! 鉄板のハイトワゴンなのに売れ行き不振な軽自動車3選

軽自動車はクルマ界の「小宇宙」だ。 … 乗用車全体の75%を占める。2017年度(2017年4月から2018年3月)の軽自動車市場における販売ランキングは、1位が …  WEB CARTOP 売れないからには理由がある! 鉄板のハイトワゴ…https://www.webcartop.jp/2018/06/250015ファミリー層を中心に人気の、ハイト系軽自動車たち。トールタイプなどと呼ばれるこのジャンルは大人が乗っても広々で、なおかつ荷物もたくさん載せられるなどメリットは多い。しかし、そんな好条件の揃うジャンルでも売れないモデルは存在する。車種とその理由をお伝えしたい。

米自動車の初期品質調査、韓国の3ブランドが上位独占-JDパワー

米自動車の初期品質調査、韓国の3ブランドが上位独占-JDパワー

米自動車の初期品質調査、韓国の3ブランドが上位独占-JDパワー … ランキング1位は 現代自動車の高級ブランド、ジェネシスで、不具合の指摘件数は100台 …  Bloomberg.com 米自動車の初期品質調査、韓国の3ブランドが上位…https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-21/PANCFE6JIJUS01JDパワーの2018年の米自動車初期品質調査で、韓国ブランドの「ジェネシス」「起亜」「現代」が、ドイツのポルシェを抑えて上位3位を独占した。

【自動車部品業界】他社牽制力ランキング2017 トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブシステムズ

【自動車部品業界】他社牽制力ランキング2017 トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブシステムズ

株式会社パテント・リザルトは2018年6月21日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として …  ドリームニュース 【自動車部品業界】他社牽制力ランキング2017 ト…http://www.dreamnews.jp/press/0000175797/株式会社パテント・リザルトは2018年6月21日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車部品業界 他社牽制力ランキング2017」をまとめました。