クルマ・バイク

「現場ルポ」〈オーストリアのフェストアルピーネ・リンツ製鉄所〉(中)=川下展開、車用部品も生産

投稿日:

1980年代以降、欧州では鉄鋼再編が進み、欧州連合(EU)発足と軌を一にして国境を超え高炉大手が統合していく。典型例が当時のアルセロールや英蘭 …

-クルマ・バイク

関連記事

消えゆくマニュアル・トランスミッションの販売比率が高い/低い米国の地域ランキング!

消えゆくマニュアル・トランスミッションの販売比率が高い/低い米国の地域ランキング!

クルマを購入する際に、マニュアル・トランスミッション(MT)とオートマチック・トランスミッション(AT)から選べる場合、スポーツカーを除くと大抵のクルマではMT車 …  Autoblog Japan 消えゆくマニュアル・トランスミッションの販売比…https://jp.autoblog.com/2018/10/16/manual-transmission-best-worst-places-lists/クルマを購入する際に、マニュアル・トランスミッション(MT)とオートマチック・トランスミッション(AT)から選べる場合、スポーツカーを除くと大抵のクルマではMT車が選ばれる確率は極めて低い。自動車メー

米国におけるハイブリッド車関連技術 特許総合力ランキングトップ3はトヨタ、FORD、GM

米国におけるハイブリッド車関連技術 特許総合力ランキングトップ3はトヨタ、FORD、GM

集計の結果、「総合力ランキング」では、1位 トヨタ自動車、2位 FORD、3位 … 総合力1位のトヨタ自動車の注目度の高い特許には、「ハイブリッド車や電気自動車 …  エキサイトニュース 米国におけるハイブリッド車関連技術 特許総合力…https://www.excite.co.jp/news/article/Dreamnews_0000193506/株式会社パテント・リザルトは2019年4月26日、米国特許商標庁で公開された「ハイブリッド車関連特許」について、特許分析ツール「BizCruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポー…

40歳年収「中部地方にある415社」ランキング

40歳年収「中部地方にある415社」ランキング

三大都市圏の一角を占める中京圏。トヨタ自動車を核に自動車産業が集積し、大きな経済圏を形成している。 東洋経済オンラインは上場企業を対象に各社の40歳 …  東洋経済オンライン 40歳年収「中部地方にある415社」ランキング | 賃金…https://toyokeizai.net/articles/-/239536三大都市圏の一角を占める中京圏。トヨタ自動車を核に自動車産業が集積し、大きな経済圏を形成している。東洋経済オンラインは上場企業を対象に各社の40歳社員の年収を推計。全国5地域(「東京除く関東」「東京」…

女子目線にグッとくる… 2018年の新型車「魅力度ランキング」

女子目線にグッとくる… 2018年の新型車「魅力度ランキング」

でもその分、1台1台の完成度はとても高く、ユーザー満足度の高いクルマが揃っていたような印象です。もちろん、女子目線にグッとくるクルマもたくさん!  ライブドアニュース 女子目線にグッとくる… 2018年の新型車「魅力度ラ…http://news.livedoor.com/article/detail/15761774/女子目線にグッとくる、2018年に登場した新型車TOP5を紹介している。乗り込んだ瞬間に広がる室内空間が女心をくすぐるメルセデス・ベンツCLS。フレンチラグジュアリーなインテリアが素敵なDS7クロスバックなど

国交省発表、「2018年、もっとも燃費が良かったクルマ」は、トヨタ・プリウス

国交省発表、「2018年、もっとも燃費が良かったクルマ」は、トヨタ・プリウス

国交省発表、「2018年、もっとも燃費が良かったクルマ」は、トヨタ・プリウス … 国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進する … 【ハイブリッド車を除く登録車部門・燃費ランキング】  エコノミックニュース 国交省発表、「2018年、もっとも燃費が良かったク…http://economic.jp/?p=84727 国土交通省は、2018年末時点で販売されていた乗用車で、燃費の良い乗用車ベスト10を公開した。もっとも燃費がよかったクルマは、いわゆる登録車でトヨタ・プリウスとなり、軽自動車ではスズキ・アルトとマツ