クルマ・バイク

「痛車」は自動車保険に入れる? 補償対象外になりうるケースと注意点

投稿日:

自動車に、アニメやゲームなどに関連した装飾を施すなど、好きなようにカスタマイズをする通称「痛車(いたしゃ)」。ボディにステッカーやラッピングを施したり、なかにはエアロパーツなどを取り付けたりするものもあるようだ。愛車を痛車にカスタマイズするときに気になるのが「自動車保険」。そもそも痛車は自動車保険に加入する …

-クルマ・バイク

関連記事

【特集】パワー半導体がランキング首位、EV向けなど背景に市場拡大加速へ<注目テーマ>

【特集】パワー半導体がランキング首位、EV向けなど背景に市場拡大加速へ<注目テーマ>

東京エレクトロン<8035>やディスコ<6146>、ニューフレアテクノロジー<6256>などの製造装置メーカーや、デンソー<6902>などの自動車部品メーカー、さらに昭和電工<4004>、太平洋セメント<5233>、東洋炭素<5310>などの素材メーカーも同分野でビジネスチャンスが膨らんでいく。このほかでは、サンケン電気<6707>や …  kabutan.jp パワー半導体がランキング首位、EV向けなど背景…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201802200303★人気テーマ・ベスト101 パワー半導体2 円高メリット3 人工知能4 5G5 仮想通貨6 全固体電池7 電線地中化8 電気自動車関連9 半導体製造装置10 量子コンピューター みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で・・・。

国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10【軽自動車編】2018年版

国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10【軽自動車編】2018年版

国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、「自動車の燃費性能の評価及び公表に関する実施要領(平成16 … なお、今回のランキングは2017年末時点で新車として販売されているクルマが対象だ。  Autoblog Japan 国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10【…https://jp.autoblog.com/2018/04/02/10-2018-rank-suzuki-daihatsu/国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、「自動車の燃費性能の評価及び公表に関する実施要

中国発「GOODRIDE」タイヤを体感…クルマフェスタ 5月12-13日

中国発「GOODRIDE」タイヤを体感…クルマフェスタ 5月12-13日

日本メーカーからも研究員を招聘して、世界トップクラスの技術力と開発力を培い、世界タイヤメーカーランキングのトップテン入りするなど成長を続けている。 … 同店の開業9年を記念した「9周年祭」に連動したイベントで、イオンモール土浦内にある、クルマの購入や買取、車検・整備、自動車保険など、クルマのことなら何でも …  レスポンス(Response.jp) 中国発「GOODRIDE」タイヤを体感…クルマフェスタ …https://response.jp/article/2018/05/07/309389.html読者のみなさんは「GOODRIDE(グッドライド)」というタイヤをご存知だろうか? 日本ではまだまだ馴染みは無いが、普通車をはじめ高級セダンからトラック、重機や農耕機に至るまで、様々なタイヤを販売する中国No.1の「ZCゴム」という会社のブランドタイヤだ。

岩田剛典「バイクもサーフィンもダメ」LDHの意外な“掟”を告白

岩田剛典「バイクもサーフィンもダメ」LDHの意外な“掟”を告白

この日、“2017年つきあいたいミュージシャンランキング1位”と紹介された岩田。街頭で行われたインタビューで、若い人たちから「EXILEは上下関係が厳しそうだけど、先輩は怖いの?」と質問されると「入った当初は怖すぎてヤバかったです」と返答した。 それを受けてMCの東野幸治(50)が「“HIROくん”みたいな感じじゃないの …  日刊大衆 岩田剛典「バイクもサーフィンもダメ」LDHの意外な…https://taishu.jp/articles/-/588454月4日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に、三代目J Soul Brothersの岩田剛典(29)がゲスト出演。所属事務所であるLDHの厳しいルールについて明かす場面があった。 この日、“2017年つきあいたいミュージシャン…

販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。 … 先月発表の「乗用車車名別販売台数ランキング」(日本自動車販売協会連合会、2018年3月期)によると、トップ5は次の通り。 … 日産「ノート」は、同社が独自に開発した電気自動車の新しいハイブリッドシステムの一種、「e―POWER」が好評で3カ月連続のトップ。  日刊ゲンダイDIGITAL 販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜…https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/228769 乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。圧倒的強さを誇ったトヨタの“プリウス&アクア連合”の牙城が崩れて…