クルマ・バイク

「電気自動車関連」に人気化機運再び、中国をはじめEVシフト加速へ<注目テーマ>

投稿日:

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「電気自動車関連」が27 … このような大手自動車メーカーの動きに追随して、EVの基幹部品や素材を …

-クルマ・バイク

関連記事

“高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」賢い入り方

“高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」賢い入り方

自動車保険には、自分の車の損害を補償する「車両保険」がある。必要に応じて加入でき、保険金も一定の範囲 … 保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベスト …  CS RANKING “高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2108154/自動車の「車両保険」賢い入り方 自動車保険には、自分の車の損害を補償する「車両保険」がある。必要に応じて加入でき、保険金も一定の範囲で設定できるが、その分保険料が高くなるため、加入すべきか悩む人も多いだろう。今回は、一般的な車両…

クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタの2倍の稼ぐ[新聞ウォッチ]

クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタの2倍の稼ぐ[新聞ウォッチ]

日経が年間販売台数100万台を超える自動車メーカーを対象に1台当たりの利益を算出し、きょうの投資情報面で、効率的に稼ぐ自動車メーカーのランキングを …  レスポンス(Response.jp) クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタ…https://response.jp/article/2018/07/24/312247.html1台当たりの利益が最も高かったのはメルセデスベンツのブラントを持つ独ダイムラーで5228ドル(約59万円)。2位は独BMWで4983ドル(約56万円)だったという。

“オラオラ度”増量! 史上最強のゴツ顔、新型・アルファード&ヴェルファイアがなぜこんなに売れるのか?

“オラオラ度”増量! 史上最強のゴツ顔、新型・アルファード&ヴェルファイアがなぜこんなに売れるのか?

また、自販連(日本自動車販売協会連合会)の新車販売ランキング(軽自動車、輸入車を除く)では、昨年、ヴェルファイアは約4万7千台で22位、アルファードは約4万2千台で25位。兄弟の販売 … ド迫力な顔と巨体で近づくだけでも怖い、この威圧的なクルマが日本で好まれている理由はいったいどこにあるのか。前出の竹内 …  ニコニコニュース “オラオラ度”増量! 史上最強のゴツ顔、新型・アル…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3444076アルファードとヴェルファイアは、顔と名前以外はほぼ同じの兄弟車。 今回の一部改良によって、この兄弟が空前絶後のゴツ顔に大変身し、絶賛爆売れ中ーーその人気の秘密に迫った! …

2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが、新型3車種が猛追する

2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが、新型3車種が猛追する

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の発表で、2018年4月から2018年9月、18年度上半期の車名別の新車(乗用車) …  エコノミックニュース 2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが…http://economic.jp/?p=82440 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の発表で、2018年4月から2018年9月、18年度上半期の車名別の新車(乗用車)販売台数累計ランキングが分かった。  発表によ

月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 “最凶”2リッターターボ車選手権、参加受付中!

月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 “最凶”2リッターターボ車選手権、参加受付中!

『webCG』のみならず、ほかの自動車サイトをのぞいてもジムニージムニージムニー… … と驚かされることが多いのが、webCGのアクセスランキング。 … あなたなら“仕事”をこなすために、どのクルマをチョイスしますか? … 他のどんなバイクにも似ていない北欧の“白い矢(VITPILEN)”は、欠点を探すのが難しいほどに完成度 …  webCG 月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 …http://www.webcg.net/articles/-/39164webCG執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。2018年8月号では“最凶”の2リッターターボ車について、読者の皆さまの意見を大募集いたします。