クルマ・バイク

「MUTT MOTORCYCLES」が日本上陸 カスタムバイクの要素を備えたイギリス発の注目ブランド

投稿日:

ランキングで“MUTT”の上下に位置するブランドの多くが複数のモデルを用意し、長い年月をかけてブランドを構築しているにも関わらず、私たちは会社の正式な …

-クルマ・バイク

関連記事

2018年 欧州でもっともリコールされたクルマ・ランキング 30位〜16位

2018年 欧州でもっともリコールされたクルマ・ランキング 30位〜16位

car-recalls.euというウェブサイトでは、2018年のリコール件数とその対象モデル数に基づく自動車メーカーのランキングを公表している。このランキングを見れば、 …  AUTOCAR JAPAN 2018年 欧州でもっともリコールされたクルマ・ラ…https://www.autocar.jp/news/2019/02/09/348090/リコールはつきもの 巨額の開発費用をかけ、気の遠くなるようなテストを行ったにもかかわらず、いまだにテストコースやシミュレーションでは発見できず、実際の車両が大量 …

企業口コミサイトキャリコネ「契約社員の年収が高い企業ランキング」を発表

企業口コミサイトキャリコネ「契約社員の年収が高い企業ランキング」を発表

2位3位と大手自動車メーカーが続くものの、人材サービスやアパレル、保険などさまざまな業種が並び、正社員のようには業種による年収の差は見られませんで …  www.jiji.com https://www.jiji.com/jc/article?k=000000149.000…https://www.jiji.com/jc/article?k=000000149.000018764&g=prt

「燃費課税・自動車税ゼロ」案が浮上—消費増税後の反動減対策[新聞ウォッチ]

「燃費課税・自動車税ゼロ」案が浮上—消費増税後の反動減対策[新聞ウォッチ]

世界主要都市総合ランキング、東京、3年連続で3位(産経・10面) … 燃費課税・自動車税ゼロ、車購入、消費増税で政府検討(日経・1面) … する予定だった「燃費課税」を1年半ほど停止するのに加え、購入初年度にかかる自動車税も排気量の小さいクルマを中心に1~2年ほど免除するという。 …. 注目の電動バイクも登場!  レスポンス(Response.jp) 「燃費課税・自動車税ゼロ」案が浮上—消費増税後…https://response.jp/article/2018/10/19/315209.html2019年10月から消費税を10%に引き上げた後の反動減を防ぐため、、自動車については、購入時にかかる「税金をゼロにする」という案が浮上しているという。

平成の振り返り、カローラ と クラウン は毎年人気車種にランクイン…ソニー損保

平成の振り返り、カローラ と クラウン は毎年人気車種にランクイン…ソニー損保

ソニー損保は1月28日、インフォグラフィックス「人気乗用車販売台数ランキング」「人気軽自動車販売台数ランキング」「人気輸入車・外車登録台数ランキング」 …  レスポンス(Response.jp) 平成の振り返り、カローラ と クラウン は毎年人気…https://response.jp/article/2019/01/29/318536.htmlソニー損保は1月28日、インフォグラフィックス「人気乗用車販売台数ランキング」「人気軽自動車販売台数ランキング」「人気輸入車・外車登録台数ランキング」に、2018年のデータを追加してランキングを更新した。

降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)

降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)

自動車では、エンジン始動(クランキング)時に負荷が急速に増大することなどにより、バッテリー電圧が一時的に大きく低下する現象が起こる。この時、バッテリー …  EE Times Japan 降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)http://eetimes.jp/ee/articles/1805/22/news023.htmlロームは2018年5月22日、「世界最高クラスの高速応答性」(ローム)を実現するという昇降圧コンバーター技術「Quick Buck Booster」を発表した。2018年夏には、本技術を用いて、自動車向け電源ICのサンプル出荷を開始する予定だ。