クルマ・バイク

「N-BOX」が首位独走、19車種が1万台超え、「CX-5」がランクイン、最新SKYACTIVエンジンを搭載 ほか

投稿日:

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2018年3月の新車販売台数ランキング。登録車と軽自動車を合わせたランキングで、ホンダ「N-BOX」が首位。例年、3月は販売台数が多い月で、トップ20の19車種が1万台を超えた。その中でもN-BOXは唯一2万台を大きく超え、首位を独走している。

-クルマ・バイク

関連記事

【特集】アップル Research Memo(2):グループ企業連携と外部企業との協業を進める

【特集】アップル Research Memo(2):グループ企業連携と外部企業との協業を進める

国内外において、いすゞ自動車製の中古商用車の買取・流通・輸出で協働することになる。海外では、タイ … ただし、同子会社の台数には二輪車が入っておらず、トップの企業のシェアにはバイクが含まれている。 … 2017年調査のオリコン日本顧客満足度ランキングにおいて、クルマ買取会社部門で4年連続の第1位を獲得した。  kabutan.jp アップル Research Memo(2):グループ企業連携と…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201806130540■会社及び事業概要1. 会社概要アップルインターナショナル<2788>は1996年に、中古車輸出のパイオニアとして東南アジア諸国への中古車輸出事業を開始した。その後、中古車買取・販売事業に加えて、オートオークション事業を行うなど自動車流通市場の一翼を担うに至った・・・。

日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパワーシフト…再び世界覇者へ

日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパワーシフト…再び世界覇者へ

日本の自動車メーカーはこれまで、米国市場を重要市場と位置づけてきた。例えば、ホンダは世界販売の約4割を北米市場が占め、“北米一本足打法”といわれてきた。日本車は燃費のよさで米国の消費者から高い評価を受け、人気ランキングの上位には常にトヨタ自動車の「カムリ」「カローラ」やホンダの「アコード」「シビック」 …  ビジネスジャーナル/Business… 日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパ…http://biz-journal.jp/2018/03/post_22777.htmlトヨタ・豊田章男社長(左)とホンダ・八郷隆弘社長(右)(つのだよしお/アフロ) 主戦場は米国から中国へ  いまや、自動車市場の主役は中国だ。とりわけ、日本の自動…

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は大幅続落、ファーストリテやソフトバンクGで約48円 …

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は大幅続落、ファーストリテやソフトバンクGで約48円 …

そのほか、米国政府が自動車の関税引き上げを検討しているとの報道が嫌気されたことで、ホンダ<7267>やトヨタ自動車<7203>、スズキ<7269>などといった …  みんなの株式 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://minkabu.jp/news/2115647最新投稿日時:2018/05/24 12:35 – 「日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は大幅続落、ファーストリテやソフトバンクGで約48円押し下げ」(フィスコ)

アルゴグラフィが最高値、自動車・半導体向け好調で大幅増益

アルゴグラフィが最高値、自動車・半導体向け好調で大幅増益

午後1時29分現在では同530円(14.6%)高の4155円となり東証1部の値上がり率ランキング2位で推移している。27日引け後に発表の2019年3月期第1 …  会社四季報オンライン <実況中継>きょうの動意株 | アルゴグラフィ…https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/231510CAD(コンピュータ支援設計)システムの販売・保守サービス事業を展開しているアルゴグラフィックス(7595)が4連騰した。一時は制限値幅上限の前週末比700円…

MotoGP:ロッシ、地元サンマリノGPでの7位に消沈。「バイクに起きている問題を理解できてない」

MotoGP:ロッシ、地元サンマリノGPでの7位に消沈。「バイクに起きている問題を理解できてない」

MotoGP第13戦サンマリノGPを、バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ・MotoGP)は7位で終えた。守り続けてきたポイントランキング2番手の座から陥落して …  日本最大級のクルマ総合情報… MotoGP:ロッシ、地元サンマリノGPでの7位に消沈。…https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20180911-10341329-carview/ MotoGP第13戦サンマリノGPを、バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ・MotoGP)は7位で終えた。守り続けてきたポイントランキング2番手の座から陥落してしまった。ヤマハ・ファクトリーの苦戦が続いている。 ヤマハのMotoGPファクトリーチームで