クルマ・バイク

「N-BOX」が首位独走、19車種が1万台超え、「CX-5」がランクイン、最新SKYACTIVエンジンを搭載 ほか

投稿日:

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2018年3月の新車販売台数ランキング。登録車と軽自動車を合わせたランキングで、ホンダ「N-BOX」が首位。例年、3月は販売台数が多い月で、トップ20の19車種が1万台を超えた。その中でもN-BOXは唯一2万台を大きく超え、首位を独走している。

-クルマ・バイク

関連記事

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。海外売上高比率30%以上の企業を対象としたグローバルブランドランキングでは、10年連続でトヨタ自動車が1位だった。ブランド価値の成長率の順では前年比12%増となった任天堂(10位)がトップ。  AdverTimes(アドタイ)宣伝… 日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARU…https://www.advertimes.com/20180215/article265931/インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。

新車販売ランキング、N−BOXが8か月連続首位

新車販売ランキング、N−BOXが8か月連続首位

自動車販売の業界団体によりますと、先月の車名別の新車販売台数は、「ホンダ」の軽自動車「N−BOX」が、前の年の同じ月に比べて62.1%増えて、1万9884 …  www.mbs.jp 404 Not Found | MBS Newshttps://www.mbs.jp/news/zenkokunews/20180509/3364204.shtml指定されたURLは存在しませんでした。

当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位に急浮上、日産とスバルは後退[新聞ウォッチ]

当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位に急浮上、日産とスバルは後退[新聞ウォッチ]

2019年卒業予定の学生を対象にした就職希望企業の人気ランキングは、当世学生気質を読み取れることでも興味深い。就職支援大手 … 若者のクルマ離れ」が深刻化する中で、自動車メーカーは、ベスト10入りを果たしたトヨタの次は45位のホンダで、前年の46位からわずか1ランクのアップではなんとも情けない。 トヨタ『86』、 …  レスポンス(Response.jp) 当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位…https://response.jp/article/2018/04/17/308613.html2019年卒業予定の学生を対象にした就職希望企業の人気ランキングは、当世学生気質を読み取れることでも興味深い。最も就職したい企業は前年4位の日本航空がトップ、2位は前年7位の総合商社の伊藤忠商事で、3位は前年同様の全日本空輸

横スクロールバイクアクション「アーバントライアル プレイグラウンド」がSwitch向けに発売!シリーズ初の …

横スクロールバイクアクション「アーバントライアル プレイグラウンド」がSwitch向けに発売!シリーズ初の …

アーバントライアル プレイグラウンド」にはカスタマイズ可能な5台のバイクが装備されています … オンラインのリーダーボードで世界のプレイヤーとランキング対戦.  www.gamer.ne.jp 横スクロールバイクアクション「アーバントライア…https://www.gamer.ne.jp/news/201805240021/3gooは、Nintendo Switch用ソフト「アーバントライアル プレイグラウンド」を、本日5月24日に発売した。

「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケットのプロが選ぶベストなクルマは?

「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケットのプロが選ぶベストなクルマは?

当初ハイブリッドは“オタク”のクルマとさえ言われ、モーターやバッテリー、コントローラなど、みなさまにとって慣れない部品、コポーネントでご苦労をかけたかもしれません。しかし、それでも選んでもらえたことは、プリウスが世の中のお役に立てたと思っています。自動車業界は100年に一度の変革期を向かえており、自動車は …  レスポンス(Response.jp) 「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケ…https://response.jp/article/2018/03/15/307247.html14日、ディーラー、整備工場、中古車販売などアフターマーケットのプロだけが選ぶ「いいクルマアワード2018」の発表が行われた。同時にイードが運営する「e燃費」の計測データによる実燃費で優れた数値の車種を表彰する「e燃費アワード2017-2018」も発表された。