クルマ・バイク

「N-BOX」が12カ月連続首位、1年経過後も成長続く、トップ10に軽自動車6車種、一部モデルに人気集中 …

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

新クラウンとカローラ、発売1カ月の受注数は? 「2018年7月に売れた日本車」

新クラウンとカローラ、発売1カ月の受注数は? 「2018年7月に売れた日本車」

登録車においては、新型クラウンや新型カローラ・スポーツを発売したトヨタ自動車が … 月間の乗用車の車名別ランキングでは、“軽高登低” の傾向が続いている。  日本最大級のクルマ総合情報… 新クラウンとカローラ、発売1カ月の受注数は? 「2…https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180808-10332621-carview/Q:トヨタの新コネクティッドカー、新型クラウンとカローラ・スポーツ。発売1カ月の受注台数は?text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)A:新型クラウンが約3万台、カローラ・スポーツが約9200台。クラウンは月販目標4500台の約6.7倍、カローラ・スポ

ロッシ「ペドロサは”少なくとも一度は”タイトルを獲れていたと思う」

ロッシ「ペドロサは”少なくとも一度は”タイトルを獲れていたと思う」

しかしペドロサは、ランキング2位というシーズンが3度あったものの、これまで最 … ペドロサはコーナーの出口で加速する際に、バイクを寝かせた状態から素早く …  jp.motorsport.com ロッシ「ペドロサは”少なくとも一度は”タイトルを…https://jp.motorsport.com/motogp/news/ValentinoRossi-yamaha/3140126/ロッシは、ペドロサがタイトルを獲れていないことは残念であり、少なくとも一度は獲れていたはずだと述べた。

「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

ガソリン自動車から電気自動車(EV)へのシフトが加速している。中国では政府がEVをはじめとする新エネルギー車を、2020年までに累積500万台生産すること …  みんなの株式 「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱…https://minkabu.jp/news/2161174最新投稿日時:2018/07/19 12:21 – 「「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>」(minkabuPRESS)

中国からは1社も選出されない「自動車ブランドランキング」から分かる中国の特殊性=中国メディア

中国からは1社も選出されない「自動車ブランドランキング」から分かる中国の特殊性=中国メディア

中国からは1社も選出されない「自動車ブランドランキング」から分かる中国の特殊性=中国メディア … ブランドコンサルティング会社、インターブランド社が毎年発表しているブランドランキングによれば、2017年の自動車メーカーのブランド価値は1位がトヨタ、2位がメルセデス・ベンツ、3位がBMW、4位がホンダとなり、8位に …  ニフティニュース 中国からは1社も選出されない「自動車ブランドラ…https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20180302_00031/ 世界最大の自動車市場である中国において大きなシェアを獲得しているのはドイツ車と日系車だ。中国車も全

トヨタのブランド価値7位、トップ100に日本8社

トヨタのブランド価値7位、トップ100に日本8社

米コンサルティング会社インターブランドは4日、世界中で事業展開する企業の2018年のブランド価値ランキングトップ100を発表し、日本企業ではトヨタ自動車が …  SANSPO.COM(サンスポ) トヨタのブランド価値7位、トップ100に日本8社https://www.sanspo.com/geino/news/20181004/eco18100418150007-n1.html 米コンサルティング会社インターブランドは4日、世界中で事業展開する企業の2018年のブランド価値ランキングトップ100を発表し、日本企業ではトヨタ自動車が前年と同じ7位でトップだった。ランキングには日本勢が8社入った。1位は6年連続で米アップルだった。