クルマ・バイク

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

投稿日:

続いて、世界の自動車販売台数ランキング(2017年1月~12月累計)で、中国は2939万台と世界でトップ。2位はアメリカの1723万台、3位は日本の524万台、インド413万台、ドイツ371万台であることを示すとともに、自動車保有台数においても、中国は1億6285万台(2015年)、1億9440万台(2016年)と、アメリカに続いて2 …

-クルマ・バイク

関連記事

企業の広告宣伝費、17年度は6.3%増で2年ぶりプラスに

企業の広告宣伝費、17年度は6.3%増で2年ぶりプラスに

企業別の広告宣伝費をランキングすると、1位が「トヨタ自動車」で前年度比13.56%増、5,096億円となり、3年連続の首位となった。2位は「ソニー」で同11.9%増と …  財経新聞 企業の広告宣伝費、17年度は6.3%増で2年ぶりプラス…https://www.zaikei.co.jp/article/20180928/468306.html日経広告研究所がこのほど発表した2017年度の「有力企業の広告宣伝費」の調査結果によれば、非上場企業を含む有力企業3153社(親子上場は除く)の連結決算ベースにおける2017年度の広告宣伝費は、前年度比6.33%増となる6兆3,719億円だった。

豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績は? 「2018年8月に売れた日本車」

豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績は? 「2018年8月に売れた日本車」

市場動向について業界団体の関係者は、「8月の新車販売は、軽自動車が好調に推移したこともあって2カ月連続での … 2018年8月 車名別 販売台数ランキング  日本最大級のクルマ総合情報… 豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績…https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180907-10340421-carview/Q:西日本豪雨の影響で、7月の登録車販売が前年比14.5%減(1万2107台)と落ち込んだマツダ。8月の販売成績は回復したか?text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)photo:Keisuke Maeda(前田惠介)A:登録車の前年同月比が概況で11

日産、ノートで48年ぶり首位 国内販売数、サニー以来

日産、ノートで48年ぶり首位 国内販売数、サニー以来

セレナも上半期のランキング(軽自動車除く)で4位に入り、ミニバンでは首位だった。 日産は5日、ノートeパワーに四輪駆動車を追加すると発表。22年までにe …  朝日新聞デジタル 日産、ノートで48年ぶり首位 国内販売数、サニ…https://www.asahi.com/articles/ASL752S2ZL75ULFA006.html 日産自動車の小型車「ノート」が、2018年上半期(1~6月)の軽自動車を除く国内新車販売で首位に立った。日産車の首位は1970年の小型車「サニー」以来48年ぶり。モーター駆動で走り、エンジンは発電だ…

2018年の自動車初期品質調査、品質トップはダイハツ、最下位はアウディ

2018年の自動車初期品質調査、品質トップはダイハツ、最下位はアウディ

ブランド別の品質ランキングも発表した。業界平均の67PP100よりも不具合指摘件数が少なかったのは、ダイハツ工業、ホンダ、メルセデスベンツ、トヨタ自動車、 …  MONOist 2018年の自動車初期品質調査、品質トップはダイハ…http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1808/23/news031.htmlJ.D.パワージャパンは2018年8月22日、2018年の自動車初期品質調査(Initial Quality Study)の結果を発表した。ブランドごとの不具合指摘件数が最も少なかったのはダイハツ工業だった。次いでホンダ、Mercedes-Benz(メルセデスベンツ)が上位にランクインした。15ブランド中、最も不具合指摘件数が多かったのはAudi(ア…

2018 D1グランプリ 第5戦筑波 大会レポート

2018 D1グランプリ 第5戦筑波 大会レポート

開幕からの復帰戦となった齋藤太吾(FAT FIVE RACING)は、エンジントラブルにより試合を終え、現在ランキングトップの横井昌志(D-MAX)も、第1コーナーで …  日本最大級のクルマ総合情報… 2018 D1グランプリ 第5戦筑波 大会レポート(AUTOSP…https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20180723-10328027-carview/2018年7月23日株式会社D1グランプリ広報事務局ドリフト競技の最高峰D1 GRAND PRIX 2018シリーズ2018 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.5松井 有紀夫(Team RE雨宮 K&N)が、追走で4年ぶ