クルマ・バイク

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、ソフトバンクGとTDKで約20円押し上げ

投稿日:

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、ソフトバンクGとTDKで約20円押し上げ. 日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャート … TDKは2.1%高で前場を折り返した。電気自動車(EV)向けの無線給電システムを自動車メーカーと共同開発すると報じられている。21年の実用化を目指すようだ。日経平均 …

-クルマ・バイク

関連記事

高速渋滞ワースト、中央自道調布-高井戸が1位

高速渋滞ワースト、中央自道調布-高井戸が1位

とりまとめ結果によると、インターチェンジ(IC)別年間渋滞ワーストランキングは、16年に2位だった中央自動車道(上り)調布IC-高井戸IC間が1位となった。昨年1位だった東名高速(上り)横浜町田IC-海老名ジャンクション(JCT)間は2位。 高速道路4社が管理する渋滞損失時間の合計は年間2.1億人・時間で、これは高速道路を …  www.logi-today.com 高速渋滞ワースト、中央自道調布-高井戸が1位https://www.logi-today.com/313758

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

株式会社パテント・リザルトは2018年6月18日、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として …  BIGLOBEニュース 【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 ト…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0618/dre_180618_8281945791.html株式会社パテント・リザルトは2018年6月18日、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用され…(2018年06月18日 11時30分00秒)

WEEKランキング 29~5日 強風が吹き荒れたGW

WEEKランキング 29~5日 強風が吹き荒れたGW

この日は高速道路では渋滞の車列が続き、渋滞の長さは山陽自動車道上り線鴨方-福山西インターチェンジ(IC)間で18・5キロ、下り線岡山ジャンクション-山陽IC間で18キロ、岡山自動車道下り線岡山総社-有漢IC間で6キロに達しました。新幹線や在来線特急の乗車率は多くが100%を突破し、岡山空港発着の空の便も …  山陽新聞デジタル|さんデジ WEEKランキング 29~5日 強風が吹き荒れたGWhttp://www.sanyonews.jp/article/710900WEEKランキング 29~5日 強風が吹き荒れたGW。山陽新聞デジタル(さんデジ)は山陽新聞社のニュースサイトです。岡山県内各地域や国内外のニュース、スポーツ速報を配信します。

自動車部品業界『他社牽制力』ランキング…トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブ

自動車部品業界『他社牽制力』ランキング…トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブ

パテント・リザルトは6月21日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程にて他社特許への拒絶理由として引用された件数を …  レスポンス(Response.jp) 自動車部品業界『他社牽制力』ランキング…トップ3…https://response.jp/article/2018/06/21/311088.htmlパテント・リザルトは6月21日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程にて他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車部品業界 他社牽制力ランキング2017」をまとめた。

国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10 【普通車・小型車編】2018年版

国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10 【普通車・小型車編】2018年版

ライバルとなるアクアが燃費向上したマイナーチェンジ後の2018年1月、2月もノートが小型自動車の新車登録台数ランキングNo.1を獲得していることから、クルマ購入時に、燃費以外の魅力も重要視されるようになってきたことが窺える(もちろん、ヴィッツにハイブリッドが登場したため、アクアの層の一部がそちらに流れた面も …  Autoblog Japan 国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10 …https://jp.autoblog.com/2018/04/01/2018-high-mileage/国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、「自動車の燃費性能の評価及び公表に関する実施要