クルマ・バイク

【特集】「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

投稿日:

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全個体電池」が6位となっている。 全固体電池は、現在普及している … トヨタ自動車<7203>は、2020年代前半をメドにリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」を実用化し、既存のガソリン車と遜色無いEVの実現を目指している。同社は17年12月に「全固体電池」 …

-クルマ・バイク

関連記事

2018年4月、国内自動車販売、トップはトヨタ、日産は5位

2018年4月、国内自動車販売、トップはトヨタ、日産は5位

2018年4月、国内自動車販売、トップはトヨタ、日産は5位 … 日本自動車販売協会連合会(自販連)、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)、日本自動車 … 同時に発表となった通称車名別ランキングでは、軽自動車のホンダ「N-BOX」が、1万9884台( …  エコノミックニュース 2018年4月、国内自動車販売、トップはトヨタ、日産…http://economic.jp/?p=80199 日本自動車販売協会連合会(自販連)、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)、日本自動車輸入組合(JAIA)が、それぞれ2018年4月の日本国内における自動車(乗用車)の販売実績を発表した。  それによる

個人間カーシェアで維持費を最大98%まかなえた、有利なのはミニバン

個人間カーシェアで維持費を最大98%まかなえた、有利なのはミニバン

ディー・エヌ・エー(DeNA)が提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は2018年4月9日、2017年度に利用された車種の維持費軽減率ランキングを公開した。 若年層がクルマを買いたくない理由として、日本自動車工業会の調査では、駐車場代など今まで以上にお金がかかることなど、維持費の高いことが挙げられ …  MONOist 個人間カーシェアで維持費を最大98%まかなえた、…http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1805/07/news011.htmlディー・エヌ・エー(DeNA)が提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、2017年度に利用された車種の維持費軽減率ランキングを公開した。

新車販売総合、ホンダ N-BOX が2年連続トップ 2018年上半期車名別

新車販売総合、ホンダ N-BOX が2年連続トップ 2018年上半期車名別

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、6月および2018年上半期(1~6 … 6月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) 新車販売総合、ホンダ N-BOX が2年連続トップ 201…https://response.jp/article/2018/07/05/311592.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、6月および2018年上半期(1~6月)の車名別新車販売台数(速報)を発表した。

JD パワー 2018年日本自動車初期品質調査 (IQS)

JD パワー 2018年日本自動車初期品質調査 (IQS)

◇J.D. パワー 2018年日本自動車初期品質調査 総合ランキング発表! … 軽自動車セグメント:総合不具合指摘件数は62PP100で、前年から8ポイント改善した。  高知新聞 J.D. パワー 2018年日本自動車初期品質調査 (IQS) https://www.kochinews.co.jp/article/209250/2018年8月22日J.D. パワー ジャパンJ.D. パワー 2018年日本自動車初期品質…

7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が売れ筋の中で健闘

7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が売れ筋の中で健闘

N‐BOX」などの軽自動車人気とともに、小さなクルマがホンダの売れ筋の中で、昔の名前を日本市場に復活した成果として、シビックの復活1年目は健闘したと …  ライブドアニュース 7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が…http://news.livedoor.com/article/detail/15214919/2017年に7年ぶりに日本市場へ復活を遂げたホンダの「シビック」。コンパクトカーが売れ筋のホンダ車の中で、新車販売ランキング37位と健闘。一方で電動化への道筋が見えず将来的な不安が残っている、と筆者は述べた