クルマ・バイク

【特集】アップル Research Memo(2):グループ企業連携と外部企業との協業を進める

投稿日:

国内外において、いすゞ自動車製の中古商用車の買取・流通・輸出で協働することになる。海外では、タイ … ただし、同子会社の台数には二輪車が入っておらず、トップの企業のシェアにはバイクが含まれている。 … 2017年調査のオリコン日本顧客満足度ランキングにおいて、クルマ買取会社部門で4年連続の第1位を獲得した。

-クルマ・バイク

関連記事

ブランド価値評価でZOZOTOWNが急成長、トヨタは10年連続1位「Best Japan Brands 2018」

ブランド価値評価でZOZOTOWNが急成長、トヨタは10年連続1位「Best Japan Brands 2018」

グローバルのブランドランキングでは、TOYOTAが10年連続で第1位となった。自動車ブランドはTOYOTAを含めてトップ10で4社、トップ40で10社がランクインしており、グローバル市場におけるブランド力の高さがうかがえる。 ブランド価値成長率では、Nintendoが前年比プラス21%で1位だった。ニンテンドースイッチの発売が …  Web担当者Forum ブランド価値評価でZOZOTOWNが急成長、トヨタは10…https://webtan.impress.co.jp/n/2018/02/15/28349ブランドコンサルティング事業のインターブランドジャパンは2月14日、独自の価値評価手法を用いたブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」の結果を発表した。

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した。17日付証券日報が伝えた。 2位は長城汽車で2,364万4,100元、3位は北汽福田汽車(福田汽車) …  NNA.ASIA 上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD 中国・…https://www.nna.jp/news/show/1751866金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した…

「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由

「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「ノート」(約13.8万台)や3位のトヨタ「アクア」(約13.1万台)などを抑え、2年連続でトップに立った。月販平均台数は約1万3400台で、 …  東洋経済オンライン 「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由 | 販売・…http://toyokeizai.net/articles/-/210427トヨタ自動車「プリウス」。エンジンとモーターを併用して走るハイブリッド車(HV)の代名詞的存在であり、トヨタの国内販売を支える基幹車種の1つだ。2015年末に登場した現行4代目はカタログ値ながら最高40km/L…

自動車の車両保険 適用されるケースの違いと選び方

自動車の車両保険 適用されるケースの違いと選び方

自動車保険のうち、自分の車を補償してくれる車両保険。契約している車が衝突や接触などによって損害を受けた場合に、その修理費用などを補償してくれる保険 …  CS RANKING 自動車の車両保険 適用されるケースの違いと選び…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2112946/車両保険が適用されるケースの違い 自動車保険のうち、自分の車を補償してくれる車両保険。契約している車が衝突や接触などによって損害を受けた場合に、その修理費用などを補償してくれる保険だが、大きく2つのタイプがあり、保険料も補償される内…

米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

自動車大手のスバルも、消費者の価値観に寄り添ってきたブランドだ。同社は今年初めてランキング入りを果たし、自動車メーカーとして最も高い45位につけた。「スバルは文字通り、勢いに乗った自動車ブランドだ」とハーングリフィス。「他の自動車各社が頭金ゼロのローンに注力してきた一方、スバルは、人が人生で愛するもの …  ライブドアニュース 米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、…http://news.livedoor.com/article/detail/14600304/一部の世界大手企業は近年、自社のイメージ悪化を食い止めることに大忙しだ。データ漏えいやフェイクニュースの急増、セクシュアルハラスメント問題や銃規制を求める抗議活動などは、世界のビジネス界に衝撃を与え続