クルマ・バイク

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

「ドンキ」にはこんなものまで売っている。「旅・クルマ」のベストバイをランキング形式で紹介

「ドンキ」にはこんなものまで売っている。「旅・クルマ」のベストバイをランキング形式で紹介

日常生活で役立つ様々なアイテムが揃うのも、ドンキの魅力。スタンダードなものから、ひと工夫がうれしいアイデア商品まで、カテゴリ別に3回に分けて、厳選3アイテムを紹介します。今回はトラベル・クルマ編です。  GetNavi web ゲットナビ 「ドンキ」にはこんなものまで売っている。「旅・…https://getnavi.jp/zakka/255381/日常生活で役立つ様々なアイテムが揃うのも、ドンキの魅力。スタンダードなものから、ひと工夫がうれしいアイデア商品まで、カテゴリ別に3回に分けて、厳選3アイテムを紹介します。今回はトラベル・クルマ編です。

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

続いて、世界の自動車販売台数ランキング(2017年1月~12月累計)で、中国は2939万台と世界でトップ。2位はアメリカの1723万台、3位は日本の524万台、インド413万台、ドイツ371万台であることを示すとともに、自動車保有台数においても、中国は1億6285万台(2015年)、1億9440万台(2016年)と、アメリカに続いて2 …  Car Watch 【北京モーターショー 2018】中国事業の展望につい…https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/beijing2018/1120006.html トヨタ自動車 専務役員で中国本部長である小林一弘氏は、4月27日(現地時間)に中国・北京の「北京モーターショー 2018」で行なったトヨタのプレスカンファレンス後、記者団とのラウンドテーブルに出席。中国市場の現状とトヨタの中国事業の展望について話した。

売却時に最も高値が付くバイクは「カワサキ Z900RS」–3-5月、バイク王調べ

売却時に最も高値が付くバイクは「カワサキ Z900RS」–3-5月、バイク王調べ

バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動する「バイク王 バイクライフ … 総合ランキングと同様、カワサキがトップ3に君臨.  マイナビニュース 売却時に最も高値が付くバイクは「カワサキ Z900RS…https://news.mynavi.jp/article/20180704-659151/バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動する「バイク王 バイクライフ研究所」はこのほど、2018年3~5月の期間を対象に、「再び売却した際、高値の付くバイク」=「"リセール・プライス"の高いバイク」上位10車種を発表した。「"リセール・プライス"の高いバイ…

トヨタ「ノア」3兄弟が日産、ホンダを圧す理由

トヨタ「ノア」3兄弟が日産、ホンダを圧す理由

日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめた2017年度(2017年4月~2018年3月)の乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)によれば、ノア3兄弟は合計で19万2681台(ノア5万7668台、ヴォクシー9万1187台、エスクァイア4万3826台)を売った。同時期にセレナが8万1005台、ステップワゴンが5万3665台 …  東洋経済オンライン トヨタ「ノア」3兄弟が日産・ホンダを圧す理由 | 販売…https://toyokeizai.net/articles/-/216277トヨタ自動車「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」――。仕様によって少しはみ出して「3ナンバー」になることもあるが、いわゆる全長4.7×全幅1.7メートル前後に収めた、狭い日本の道路で扱いやすい「5ナンバー…

冬の自動車トラブル防止に“猫バンバン”が有効な理由

冬の自動車トラブル防止に“猫バンバン”が有効な理由

かわいい写真や動画の投稿をしたり、テレビ番組が特集を組んだりなど、空前の猫ブームが今なお継続している。だが、外で生活している猫たちにとっては、近年にないほどの大雪が降るなど気象変化の大きい今冬、厳しい日々が続いているだろう。JAF(日本自動車連盟)の発表によると、今年1月中に「猫が自動車に入り込んだ …  CS RANKING 冬の自動車トラブル防止に“猫バンバン”が有効な理…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2106190/“猫バンバン”が有効な理由 今日2月22日は“猫の日”。かわいい写真や動画の投稿をしたり、テレビ番組が特集を組んだりなど、空前の猫ブームが今なお継続している。だが、外で生活している猫たちにとっては、近年にないほどの大雪が降るなど気…