クルマ・バイク

【自動車部品業界】他社牽制力ランキング2017 トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブシステムズ

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

スズキ、各事業から最新モデルを展示して販売増を目論む?…人とくるまのテクノロジー2018

スズキ、各事業から最新モデルを展示して販売増を目論む?…人とくるまのテクノロジー2018

… 乗用車で、「スズキの中では新しい技術が一番搭載されている」という。4月の軽自動車販売ランキングで2位になった、スズキで今一番売れているクルマである。  kakaku.com 価格.com – スズキ、各事業から最新モデルを展示し…http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=74595/四輪、二輪、船外機の各事業部から最新モデルを「人とくるまのテクノロジー展」に展示したのがスズキだ。そこには少しでも販売台数を伸ばそうという思いが感じられる。もちろんそれらのモデルにはスズキ自慢の最新技術が搭載されているのは言うまでもない。…

「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由

「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「ノート」(約13.8万台)や3位のトヨタ「アクア」(約13.1万台)などを抑え、2年連続でトップに立った。月販平均台数は約1万3400台で、 …  東洋経済オンライン 「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由 | 販売・…http://toyokeizai.net/articles/-/210427トヨタ自動車「プリウス」。エンジンとモーターを併用して走るハイブリッド車(HV)の代名詞的存在であり、トヨタの国内販売を支える基幹車種の1つだ。2015年末に登場した現行4代目はカタログ値ながら最高40km/L…

自動車の車両保険 適用されるケースの違いと選び方

自動車の車両保険 適用されるケースの違いと選び方

自動車保険のうち、自分の車を補償してくれる車両保険。契約している車が衝突や接触などによって損害を受けた場合に、その修理費用などを補償してくれる保険 …  CS RANKING 自動車の車両保険 適用されるケースの違いと選び…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2112946/車両保険が適用されるケースの違い 自動車保険のうち、自分の車を補償してくれる車両保険。契約している車が衝突や接触などによって損害を受けた場合に、その修理費用などを補償してくれる保険だが、大きく2つのタイプがあり、保険料も補償される内…

自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?

自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?

なお、プリウスは車上荒らしにも遭いやすい自動車でもあります。2016年から2年連続でランキング1位となっているのです。プリウスの場合、三角窓を割って車内に侵入する事件が多いので、特に衝撃に対する警報機などが有効でしょう。 また、スマートキーはクルマから発せられる微弱な電波を受信して送り返すシステムで、 …  ガジェット通信 GetNews 自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は? | …http://getnews.jp/archives/2041767現在、最も盗難件数が多いトヨタ・プリウス。それまで7年連続1位だったトヨタ・ハイエースを2014年に抜いて以来、4年連続1位となっています。プリウスの自動車盗難は海外に売られたり、台数が多いことから…

プリウス3年連続で燃費首位国交省ランキング

プリウス3年連続で燃費首位国交省ランキング

国土交通省が20日発表した2017年の燃費の良い乗用車ランキングによると、普通・小型自動車はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が3年連続で首位となった。燃費はガソリン1リットル当たり40・8キロだった。 ランキングは17年末時点で新車として販売されていた乗用車が対象。普通・小型車の2位はトヨタのHV「 …  IWATE NIPPO プリウス3年連続で燃費首位https://www.iwate-np.co.jp/article/kyodo/2018/3/20/15495全国のニュース