クルマ・バイク

【電子版】テスラ、米誌ランキングでトップ10から陥落 信頼性に疑問浮上

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止まり プロト総研

次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止まり プロト総研

同レポートによると、次回欲しい自動車のランキングは、前年3位のトヨタ『アクア』がトップとなった。2位は前年と同じくダイハツ『タント』、3位には2ランクアップで … 次回購入検討しているクルマのエンジンタイプは、トップが「ガソリン車」で61.8%、次いで「ハイブリッド車」17.5%となり、過去3年間において大きな変動はない。  レスポンス(Response.jp) 次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止ま…https://response.jp/article/2018/04/03/308065.htmlプロト総研/カーライフは、2017年12月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザー レポート 2018」としてまとめた。

バイク王のリセールランキング、ホンダ「スーパーカブ110」が首位に

バイク王のリセールランキング、ホンダ「スーパーカブ110」が首位に

総合ランキングに戻ろう。1位は飛ばして2位にカワサキNinja650、3位にホンダのX-ADV、4位5位はヤマハでTMAX530 DX ABS、トリシティ155ABSと続く。6位はカワサキのNinja1000。7位は同順位で3車種があり、2つはホンダのCB1100RSとCBR250RR、もう1つはヤマハのジョグZRである。10位はホンダのCRF250L。  財経新聞 バイク王のリセールランキング、ホンダ「スーパー…https://www.zaikei.co.jp/article/20180404/435466.htmlバイク王バイクライフ研究所が、2017年12月~2018年2月のバイクの「リセール・プライス」(売却時に高値がつく度合い)ランキングを発表した。

2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが、新型3車種が猛追する

2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが、新型3車種が猛追する

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の発表で、2018年4月から2018年9月、18年度上半期の車名別の新車(乗用車) …  エコノミックニュース 2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが…http://economic.jp/?p=82440 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の発表で、2018年4月から2018年9月、18年度上半期の車名別の新車(乗用車)販売台数累計ランキングが分かった。  発表によ

特許資産規模、三菱電機が4年連続首位 17年度

特許資産規模、三菱電機が4年連続首位 17年度

首位の三菱電機は4年連続で、自動車の制御技術などで評価の高い特許が目立った。ランキングの上位には人工知能(AI)の利用などを進める電機や自動車 …  日本経済新聞 特許資産規模、三菱電機が4年連続首位 17年度: 日…https://r.nikkei.com/article/DGXMZO37553020Y8A101C1000000?n_cid=TPRN0026特許調査・分析のパテント・リザルト(東京・文京)は、2017年度に国内で登録された特許の価値を評価した「特許資産規模ランキング」をまとめた。首位の三菱電機は4年連続で、自動車の制御技術などで評価の高い特許が目立った。

個人間カーシェア「Anyca」、エリア別受取金額/人気車種ランキングを公開

個人間カーシェア「Anyca」、エリア別受取金額/人気車種ランキングを公開

個人間カーシェア「Anyca」、エリア別受取金額/人気車種ランキングを公開 … 若年層がクルマを買いたくない理由として、「駐車場代など今まで以上にお金が … ※1 参考:「2015年度乗用車市場動向調査」(一般社団法人 日本自動車工業会)2016年4 …  プレスリリース・ニュースリ… 個人間カーシェア「Anyca」、エリア別受取金額/人…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000013971.htmlDeNAのプレスリリース(2019年2月12日 14時03分)個人間カーシェア、エリア別受取金額/人気車種ランキングを公開