クルマ・バイク

あの人気車種もモデルチェンジ!? 2019年の自動車業界はココに注目

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

高速道路のGW渋滞ランキング、2017年のワーストは東名上り「御殿場~大井松田」、損失した時間は837 …

高速道路のGW渋滞ランキング、2017年のワーストは東名上り「御殿場~大井松田」、損失した時間は837 …

国土交通省は、2017年の年間およびゴールデンウィーク期間(2017年4月28日~5月7日)の高速道路の渋滞ランキングを発表した。それによると、2017年ゴールデンウィーク期間の高速道路渋滞ワーストは、前年と同じくE1 東名高速道路 (上り)御殿場~大井松田。2位はE23 東名阪自動車道(上り)亀山JCT~鈴鹿、3位 …  トラベルボイス 高速道路のGW渋滞ランキング、2017年のワーストは…https://www.travelvoice.jp/20180427-108816国土交通省が2017年の年間およびゴールデンウィーク期間の渋滞ランキングを発表。2017年ゴールデンウィーク期間の高速道路渋滞ワーストは、前年と同じくE1 東名高速道路 (上り)御殿場~大井松田。年間ワーストはE20 中…

N-BOX、9カ月連続首位=5月の新車販売ランキング

N-BOX、9カ月連続首位=5月の新車販売ランキング

5月の国内新車販売台数(軽自動車含む)の車名別順位は、ホンダの軽ワゴン「N-BOX」(エヌボックス)が1万8817台となり、9カ月連続で首位を維持した。  時事ドットコム N-BOX、9カ月連続首位=5月の新車販売ラン…https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060600614&g=eco 5月の国内新車販売台数(軽自動車含む)の車名別順位は、ホンダの軽ワゴン「N-BOX」(エヌボックス)が1万8817台となり、9カ月連続で首位を維持した。軽ワゴンの新型車効果でトップ10のうち軽が6車種を占めた。 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。 軽は維持費の安さ…

トヨタ「シエンタ」5人乗りが追加された事情

トヨタ「シエンタ」5人乗りが追加された事情

トヨタ自動車は、同社最小のミニバン「シエンタ」を9月11日にマイナーチェンジ(一部改良)して発売した。 今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルをはじめと …  東洋経済オンライン トヨタ「シエンタ」5人乗りが追加された事情 | 森口…https://toyokeizai.net/articles/-/238176トヨタ自動車は、同社最小のミニバン「シエンタ」を9月11日にマイナーチェンジ(一部改良)して発売した。今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルをはじめとするデザインの変更のほか、従来の3列シート車(6…

今売れている注目の軽自動車3台。オススメグレードをチェック!【2018年春版】

今売れている注目の軽自動車3台。オススメグレードをチェック!【2018年春版】

また、ランキングの上位10台のうち7台が軽自動車が占め、それらは軒並み前年度を上回る販売台数を記録。一方で、普通車の販売台数は減少傾向にあり、「プリウス」は前年比マイナス33.8%。これらから、次に買うクルマの候補に軽自動車が入ってくる余地はまだまだあることが伺えます。 今回は、ランキングでトップ3に輝い …  clicccar.com(クリッカー) 今売れている注目の軽自動車3台。オススメグレード…https://clicccar.com/2018/04/15/578685/2017年度の車名別新車販売台数において、「N-BOX」が「プリウス」を7万台上回る22万3449台でトップに君臨したことが話題となっています。 また、ランキングの上位10台のうち7台が軽自動車が占め、それらは軒並み前年度を上回る販売台数を記録。一方で、普通車の販売台数は減少傾向にあり、「プリウス」は前年比マ

【2018年秋】おすすめ軽自動車スーパーハイト系ワゴンランキング【中古車ベスト3】

【2018年秋】おすすめ軽自動車スーパーハイト系ワゴンランキング【中古車ベスト3】

新車販売は低迷したが、マイルドハイブリッド機能を搭載するなど、低燃費性能など含めクルマとしての完成度は高い。室内も広く使い勝手がよい。残念ながら、 …  新車情報Car-Topics|中古車… 【2018年秋】おすすめ軽自動車スーパーハイト系ワ…https://221616.com/car-topics/20181101-96780/今年買うべき、おすすめの軽自動車スーパーハイト系ワゴン ベスト3をランキング形式で発表しています。なぜこの車を買うべきなのか、3台を4つのポイントで比較しました。実際に使える値引き交渉術も掲載!