クルマ・バイク

アレイシ・エスパルガロ、2018年はアプリリアの低迷やケガで苦難の連続。新たな家族の誕生が唯一の …

投稿日:

しかしアラゴンGPでの6位獲得が精一杯で、ランキング17位に沈んだ。2017 … 2018シーズンを振り返った彼は、バイクの問題が影響し、ライダーとしてもコンマ …

-クルマ・バイク

関連記事

就活生の企業人気ランキング—理系総合トヨタ9位、ホンダ33位に後退[新聞ウォッチ]

就活生の企業人気ランキング—理系総合トヨタ9位、ホンダ33位に後退[新聞ウォッチ]

もっとも、理系男女別のベスト50をみると、理系男子では、トヨタが2位、ホンダが12位、デンソ―13位、アイシンが38位、日産が48位だが、理系女子に自動車関連は1社も入っていない。「若者のクルマ離れ」といわれて久しいが、就職人気ランキングを見る限りでは、今の学生たちは「離れる」どころか、「近寄りがたい」というのが …  レスポンス(Response.jp) 就活生の企業人気ランキング—理系総合トヨタ9位…https://response.jp/article/2018/04/24/308909.html就職企業人気ランキングの文系男女の総合順位では、首位が全日空、2位が日本航空、3位は東京海上日動火災保険、また、理系男女総合では、1位がソニー、2位が味の素と前年と同様で、3位には明治グループ、

2018年度上半期の新車販売台数ランキング1位を獲得。ホンダ・N-BOXシリーズの強さの理由とは?

2018年度上半期の新車販売台数ランキング1位を獲得。ホンダ・N-BOXシリーズの強さの理由とは?

2018年度上半期の新車販売台数ランキング1位を獲得。ホンダ・N-BOX … 初代N-BOXが登場した2011年度は47,329台で、軽自動車は10位、登録車は28位。  clicccar.com(クリッカー) 2018年度上半期の新車販売台数ランキング1位を獲得…https://clicccar.com/2018/10/05/636488/2018年度上半期(4~9月)において11万7,100台を販売し、登録車も含めた新車販売台数ランキング1位に輝いたホンダN-BOXシリーズ。2018年9月時点で累計販売台数140万台を達成し、いまや国民車といえるほどの強さを誇っています。

米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

自動車大手のスバルも、消費者の価値観に寄り添ってきたブランドだ。同社は今年初めてランキング入りを果たし、自動車メーカーとして最も高い45位につけた。「スバルは文字通り、勢いに乗った自動車ブランドだ」とハーングリフィス。「他の自動車各社が頭金ゼロのローンに注力してきた一方、スバルは、人が人生で愛するもの …  ライブドアニュース 米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、…http://news.livedoor.com/article/detail/14600304/一部の世界大手企業は近年、自社のイメージ悪化を食い止めることに大忙しだ。データ漏えいやフェイクニュースの急増、セクシュアルハラスメント問題や銃規制を求める抗議活動などは、世界のビジネス界に衝撃を与え続

メルカリ、ZOZO躍進、日本企業のブランド価値ランキングで見える産業構造変化

メルカリ、ZOZO躍進、日本企業のブランド価値ランキングで見える産業構造変化

トップ40のうち9ブランドが自動車関連だった。 ランキング全体でもっとも多い業種は11ブランド入った金融関係で、6位のMUFG(三菱UFJフィナンシャル・ …  Beyond メルカリ、ZOZO躍進、日本企業のブランド価値ラン…https://boxil.jp/beyond/a6142/インターブランドジャパンのブランド価値ランキング「Best Japan Brands」は、企業のブランドが「将来どれくらい収益を上げると予想されるか」という観点で作られている。そのため、そのブランドが今後も成長するかどうか見極めるのに役立つ。2019年版では、初登場のメルカリ、急成長のZOZOなど、新興勢力の躍進が目立っ…

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

株式会社パテント・リザルトは2018年6月18日、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として …  BIGLOBEニュース 【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 ト…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0618/dre_180618_8281945791.html株式会社パテント・リザルトは2018年6月18日、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用され…(2018年06月18日 11時30分00秒)