クルマ・バイク

クルマの買取業者や販売業者からの入札が多い車種は?

投稿日:

車の購入を考えている時「人気車種ランキング」をチェックすることはないだろうか。しかし顧客目線ではなく、実際に販売業者から人気を集めている車はどの車種 …

-クルマ・バイク

関連記事

最強オーナー企業ランキング!食料品業界編、キッコーマンやカルビーが上位に

最強オーナー企業ランキング!食料品業界編、キッコーマンやカルビーが上位に

その中で、週刊ダイヤモンドは最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。今回はその中から食料品業界編をお送りする。 オーナー企業の評価は、日本 …  ダイヤモンド・オンライン 最強オーナー企業ランキング!食料品業界編、キッ…http://diamond.jp/articles/-/166831週刊ダイヤモンドが最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。今回はその中から食料品業界編をお送りする。

自動車メーカー特許『他社牽制力』ランキング…トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

自動車メーカー特許『他社牽制力』ランキング…トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

パテント・リザルトは6月18日、独自に分類した自動車メーカーを対象に、2017年の特許審査過程で他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計 …  レスポンス(Response.jp) 自動車メーカー特許『他社牽制力』ランキング…トッ…https://response.jp/article/2018/06/18/310956.htmlパテント・リザルトは6月18日、独自に分類した自動車メーカーを対象に、2017年の特許審査過程で他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車メーカー 他社牽制力ランキング2017」をまとめた。

ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動車の業績に異変

ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動車の業績に異変

2017年の世界販売ランキングで、ルノー・日産・三菱自連合は1,060万8,366台(前年比6.5%増)とトヨタグループの1,038万6,000台を抜き、トップを走るフォルクスワーゲン(VW)グループの1,074万1,500台に迫る2位の座を確保した。 ゴーン氏は、3社の会長とルノーの社長・CEOを兼務しており、三菱自動車の約100万台を …  マイナビニュース ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動…https://news.mynavi.jp/article/20180214-nissan/2017年のグローバル販売でトヨタを抜いて世界2位となった日産・ルノー・三菱自動車の3社連合。トップのゴーン氏にとって、世界覇権が現実味を増してきたように思える状況だが、アライアンスの中核をなす日産の現状は心配の種となっているかもしれない。

スズキMotoGP、イアンノーネとの契約解消 アプリリアへ移籍

スズキMotoGP、イアンノーネとの契約解消 アプリリアへ移籍

初年度はランキング13位。今シーズンは第3戦アメリカズGPで3位、スズキ移籍後初の表彰台を獲得。続く第4戦スペインGPでも3位表彰台、現在ランキング7位 …  日本最大級のクルマ総合情報… スズキMotoGP、イアンノーネとの契約解消 アプリ…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180611-10317191-carview/スズキは6月8日、MotoGPに参戦するアンドレア・イアンノーネとの契約を2018年限りで解消すると発表した。イアンノーネは2017年、ドゥカティより移籍。初年度はランキング13位。今シーズンは第3戦アメリカズGPで3位、スズキ移籍後初の表彰台を獲得。続く第4

自動車部品関連メーカーの業績動向調査結果を公表、TSR

自動車部品関連メーカーの業績動向調査結果を公表、TSR

主な自動車部品関連メーカーの売上高ランキング(最新期、単体決算)は、トップがデンソーで2兆4,728億4,900万円(前期比1.9%増)だった。次いで、2位はトヨタ …  Business & Public Affairs W… 自動車部品関連メーカーの業績動向調査結果を公表…https://bp-affairs.com/news/2018/05/20180516-7270.html東京商工リサーチ(TSR)は、自動車部品関連メーカー業績動向調査の結果を発表した。TSR企業データベース398万社から、単体決算で3期連続で比較可能な4,391社を対象に抽出、分析した。 #株式会社東京商工リサーチ #業績動向調査 #自動車部品関連メーカー