クルマ・バイク

クルマを持たなくなるは本当か。若者のクルマ保有率が伸びている?

投稿日:

クルマを買える世帯は減少しているとしか思えないが、内閣府の消費動向調査を見る … 1位 日産自動車「ノート」7万3380台. 2位 トヨタ自動車「アクア」6万6144台 … 損保が行った、新成人のクルマへの意識調査「欲しいクルマランキングでは、男性 …

-クルマ・バイク

関連記事

豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績は? 「2018年8月に売れた日本車」

豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績は? 「2018年8月に売れた日本車」

市場動向について業界団体の関係者は、「8月の新車販売は、軽自動車が好調に推移したこともあって2カ月連続での … 2018年8月 車名別 販売台数ランキング  日本最大級のクルマ総合情報… 豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績…https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180907-10340421-carview/Q:西日本豪雨の影響で、7月の登録車販売が前年比14.5%減(1万2107台)と落ち込んだマツダ。8月の販売成績は回復したか?text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)photo:Keisuke Maeda(前田惠介)A:登録車の前年同月比が概況で11

【日産 セレナe-POWER試乗】静かでスムーズな走りが武器!100%モーター駆動で反撃開始

【日産 セレナe-POWER試乗】静かでスムーズな走りが武器!100%モーター駆動で反撃開始

2016年11月にデビューした日産「ノート e-POWER(イーパワー)」は、デビューするやいなや、関係者も驚くほどの人気でマーケットに受け入れられた。デビューした月の月間新車乗用車販売台数ランキング(軽自動車を除く)で、日産自動車として実に30年ぶりとなるトップセールスを獲得。その後も毎月、首位争いを繰り広げて …  &GP 【日産 セレナe-POWER試乗】静かでスムーズな走り…https://www.goodspress.jp/reports/150765/2016年11月にデビューした日産「ノート e-POWER(イーパワー)」は、デビューするやいなや、関係者も驚くほどの人気でマーケットに受け入れられた。デビューした月の月間新車乗用車販売台数ランキング(軽自動車を除く)で、日産自動車として実に30年ぶりとなるトップセールスを獲得。その後も毎月、首位争いを繰り広げ…

「全固体電池」がランキング首位、国を挙げて開発に本腰<注目テーマ>

「全固体電池」がランキング首位、国を挙げて開発に本腰<注目テーマ>

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で「全固体電池」が … 最先端技術分野として、電気自動車開発の最大の課題となっているのが電池である …  みんなの株式 「全固体電池」がランキング首位、国を挙げて開発…https://minkabu.jp/news/2169778最新投稿日時:2018/07/31 12:21 – 「「全固体電池」がランキング首位、国を挙げて開発に本腰<注目テーマ>」(minkabuPRESS)

意外とあるぞ! 200万円以下で買える人気の新車「おすすめのクルマ5選」

意外とあるぞ! 200万円以下で買える人気の新車「おすすめのクルマ5選」

□200万円以下で新車人気ランキング上位のクルマを探せます! … 基準となる指標は、日本自動車販売協会連合会が毎月発表している販売台数をもとに、上位 …  日本最大級のクルマ総合情報… 意外とあるぞ! 200万円以下で買える人気の新車「…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180630-10321671-carview/■200万円以下で新車人気ランキング上位のクルマを探せます! 近年、都市部を中心に「若者のクルマ離れ」と言われ、クルマを所有する若者が減少しています。要因としては、クルマ購入にかかる「お金」が若者の収入に対して負担が大きいことと、クルマ以外の娯楽が多くなったこ

驚き?それとも納得? ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が低い自動車メーカーの …

驚き?それとも納得? ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が低い自動車メーカーの …

… 忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が低い自動車メーカーのランキング … スマートは悪いクルマではないものの、実用性に欠けるし価格も高い。  Autoblog Japan 驚き?それとも納得? ブランド忠誠度(次も同じ…https://jp.autoblog.com/2018/07/15/car-brands-most-least-loyal-owners-worst/1位 クライスラー:16% 先ほどご紹介した「最もブランド忠誠度が高い自動車メーカー」とは逆に、顧客が次も同じブランドのクルマに買い換える率が最も低かったのがクライスラーだ。「パシフィカ」は良いクルマ