クルマ・バイク

コンパクトSUV “最新売れ筋” & “オススメの一台” ランキング

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

「N-BOX」が12カ月連続首位、1年経過後も成長続く、トップ10に軽自動車6車種、一部モデルに人気集中 …

「N-BOX」が12カ月連続首位、1年経過後も成長続く、トップ10に軽自動車6車種、一部モデルに人気集中 …

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2018年8月の新車販売台数ランキング。登録車と軽自動車を合わせたランキングで、 …  日経 xTECH(クロステック) 「N-BOX」が12カ月連続首位、1年経過後も成長続く…https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/at/18/00014/00007/ 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2018年8月の新車販売台数ランキング。登録車と軽自動車を合わせたランキングで、ホンダ「N-BOX」が2位と4000台以上の差をつけて12カ月連続で首位になった。2017年7月の全面改良から1年以上が経過しているが、前年同月比53.9%増と好調な販売を続けている。

「普通車と差をつけない」安全性能で高評価を受けるN-BOXの技術

「普通車と差をつけない」安全性能で高評価を受けるN-BOXの技術

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が共同で行なう「 … ランキング下位に軽自動車や、小型の乗用車が多いことについては次のような …  ライブドアニュース 「普通車と差をつけない」安全性能で高評価を受け…http://news.livedoor.com/article/detail/15427448/安全性能の評価が高いホンダ「N-BOX」などについて週刊ポストが報じている。「衝突安全性能評価」で66車種中全体12位、軽自動車1位の評価を受けたN-BOX。フレーム構造を限りなく普通車に近くし、差をつけないようにしているという

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキング …  日本経済新聞 自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企…https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31146390Q8A530C1DTA000/2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキングすると、自動車大手が上位を占めた。米法人税率の引き下げの影響が剥落するのが主因だ。

売る前にチェック!リセールプライスの高い中古車、中古バイクのランキング

売る前にチェック!リセールプライスの高い中古車、中古バイクのランキング

そこで今回、「goo自動車&バイク」における中古バイクの車種別PV数から、人気の中古 … 中古車ユーザーに聞いた「次回購入を検討しているクルマ」ランキング.  @DIME アットダイム 売る前にチェック!リセールプライスの高い中古車…https://dime.jp/genre/645902/DIMEでは日頃から、様々な視点から統計を取ったランキングを公開しています。今回はランキング記事の中から、乗り物にスポットを当てて集めてみました。2018年を表す乗り物ランキング販売終了モデルが上位に…

日産カルロス・ゴーン会長 役員報酬額は9年累計で90億900万円

日産カルロス・ゴーン会長 役員報酬額は9年累計で90億900万円

11月19日、東京地検特捜部から役員報酬の過少申告の疑い(金融商品取引法違反)で任意同行を求められたと報道された日産自動車(株)(TSR企業 …  BLOGOS 日産カルロス・ゴーン会長  役員報酬額は9年累計…https://blogos.com/article/339824/11月19日、東京地検特捜部から役員報酬の過少申告の疑い(金融商品取引法違反)で任意同行を求められた