クルマ・バイク

ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動車の業績に異変

投稿日:

2017年の世界販売ランキングで、ルノー・日産・三菱自連合は1,060万8,366台(前年比6.5%増)とトヨタグループの1,038万6,000台を抜き、トップを走るフォルクスワーゲン(VW)グループの1,074万1,500台に迫る2位の座を確保した。 ゴーン氏は、3社の会長とルノーの社長・CEOを兼務しており、三菱自動車の約100万台を …

-クルマ・バイク

関連記事

パーソルキャリア、「DODA転職人気企業ランキング2018」発表

パーソルキャリア、「DODA転職人気企業ランキング2018」発表

2018年の転職人気企業ランキングは、前年に続き1位トヨタ自動車と2位グーグルが圧倒的な支持を集め、3位以下の企業に倍以上のポイント差をつける結果と …  WorkMaster(ワークマスター… パーソルキャリア、「DODA転職人気企業ランキング2…https://www.work-master.net/2018128121パーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、22~59歳のビジネスパーソン59…

新車なのか中古車なのか「登録済み未使用車」はどんなクルマか 新車よりも安い理由

新車なのか中古車なのか「登録済み未使用車」はどんなクルマか 新車よりも安い理由

例えば、弊社で扱っているのは人気のコンパクトカーで、マツダならデミオ、日産ならノート、スズキだったらスイフトと、販売ランキング上位のクルマに絞っています …  日本最大級のクルマ総合情報… 新車なのか中古車なのか「登録済み未使用車」はど…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180917-10342979-carview/■登録済み未使用車とはどんなクルマ? クルマを購入しようと思ったとき、車種選びのほかにも新車、中古車などさまざまな購入方法も迷うところです。ピカピカのクルマを安心して乗りたいと思えば新車ですが、予算の点で厳しくなることも現実問題として存在します。 ネット上で安

「世界の自動車用プラスチック産業:市場動向、市場予測、およびビジネス機会分析」 – 調査レポートの販売 …

「世界の自動車用プラスチック産業:市場動向、市場予測、およびビジネス機会分析」 – 調査レポートの販売 …

当レポートでは、世界における自動車用プラスチック市場の動向と今後の予測を、製品タイプおよび地域市場 … 衝突しても安全なクルマランキング2017年度版.  BIGLOBEニュース 「世界の自動車用プラスチック産業:市場動向、市…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0607/dre_180607_8054865133.html2018年06月06日株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界の自動車用プラスチック産業:市場動向、市場予測、およびビジネス機会分析」の販…(2018年06月07日 11時00分00秒)

被害者なのに「過失」が発生? 自動車保険の補償バランスとは

被害者なのに「過失」が発生? 自動車保険の補償バランスとは

しかし、自動車同士の事故では、たとえこちらが被害者でも過失が発生するケースがある。また、こちらが歩行者や自転車という場合も同様で、歩道からはみ出していたり、急な飛び出しがあったりなどした場合、過失を問われるケースはある。過失があった場合、その割合によって過失相殺(事故当事者の過失割合に基づいて、 …  CS RANKING 被害者なのに「過失」が発生? 自動車保険の補償…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2107658/被害者でも過失になるケースとは 自分が交通事故の被害者になったとき、相手が自動車保険に加入していたら損害が100%補償されると考えるのは早計だ。対人賠償保険では保険金の設定は無制限が基本だが、損害額が決定された後、「過失割合」によっ…

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

そして同日に日産自動車はノートが上半期に7万3380台を販売し、除軽統計(軽 … 話を2018暦年締めでの上半期販売ランキングに戻そう。 … トヨタは11車種がランクインしており、小さめなクルマが目立つもののバランスよく売れているのがわかる。  毎日新聞 WEB CARTOP:日産ノートが日産車48年ぶりの販売首…https://mainichi.jp/articles/20180711/ctp/00m/020/000000c人気は確かだがNO.1獲得のための自社登録やフリート販売も目立つ 7月5日に自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)がそれぞれ、6月単月の通称名別販売台数とともに2018暦年締めでの上半期(2018年1月から6月までの累計販売台数)の通称名別販売台数のランキングを発