クルマ・バイク

スズキMotoGP、イアンノーネとの契約解消 アプリリアへ移籍

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

オークネット バイクオークション3月成約排気量別ランキング

オークネット バイクオークション3月成約排気量別ランキング

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝)は、2018年3月度のオークネットバイクオークションにおける成約台数を集計し、 … 当ランキングは、全国約4,400店のバイク販売店が、販売プロセスの一環であるオークネット バイクオークションを利用し、ご成約頂いた車両について、排気量 …  ドリームニュース オークネット バイクオークション3月成約排気量別…http://www.dreamnews.jp/press/0000172570/情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝)は、2018年3月度のオークネットバイクオークションにおける成約台数を集計し、排気量別ランキングベスト5をまとめました。

就活生の企業人気ランキング—理系総合トヨタ9位、ホンダ33位に後退[新聞ウォッチ]

就活生の企業人気ランキング—理系総合トヨタ9位、ホンダ33位に後退[新聞ウォッチ]

もっとも、理系男女別のベスト50をみると、理系男子では、トヨタが2位、ホンダが12位、デンソ―13位、アイシンが38位、日産が48位だが、理系女子に自動車関連は1社も入っていない。「若者のクルマ離れ」といわれて久しいが、就職人気ランキングを見る限りでは、今の学生たちは「離れる」どころか、「近寄りがたい」というのが …  レスポンス(Response.jp) 就活生の企業人気ランキング—理系総合トヨタ9位…https://response.jp/article/2018/04/24/308909.html就職企業人気ランキングの文系男女の総合順位では、首位が全日空、2位が日本航空、3位は東京海上日動火災保険、また、理系男女総合では、1位がソニー、2位が味の素と前年と同様で、3位には明治グループ、

中国からは1社も選出されない「自動車ブランドランキング」から分かる中国の特殊性=中国メディア

中国からは1社も選出されない「自動車ブランドランキング」から分かる中国の特殊性=中国メディア

中国からは1社も選出されない「自動車ブランドランキング」から分かる中国の特殊性=中国メディア … ブランドコンサルティング会社、インターブランド社が毎年発表しているブランドランキングによれば、2017年の自動車メーカーのブランド価値は1位がトヨタ、2位がメルセデス・ベンツ、3位がBMW、4位がホンダとなり、8位に …  ニフティニュース 中国からは1社も選出されない「自動車ブランドラ…https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20180302_00031/ 世界最大の自動車市場である中国において大きなシェアを獲得しているのはドイツ車と日系車だ。中国車も全

小売成約台数ランキング 2018年5月度【近畿エリア】

小売成約台数ランキング 2018年5月度【近畿エリア】

グーネット調べによる小売成約台数ランキング(月度)を掲載しております。全国7ブロックで小売りで成約となった販売データですので、仕入れや売却の参考にお …  www.goonews.jp 表示エラー – グーネット自動車流通http://www.goonews.jp/news_detail.php?view=auto&id=7318表示エラーになります。

日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位

日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位

ブランドコンサルティング会社の米インターブランドは14日、2018年の日本企業のグローバルブランド価値ランキングを発表した。ランキングの公表を始めた09年当時と自動車やエレクトロニクスといった伝統的な主要産業の企業が上位を占める構図が続く。世界では米国のアップルやアマゾンが存在感を示している。 日本法人 …  日本経済新聞 電子版 日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2688907014022018X12000/ ブランドコンサルティング会社の米インターブランドは14日、2018年の日本企業のグローバルブランド価値ランキングを発表した。ランキングの公表を始めた09年当時と自動車やエレクトロニクスといった伝統的