クルマ・バイク

タントが5年ぶりに1位に!首位奪還はN-BOXと同じ理由だった?

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

世界の低燃費SUVトップ10、ほとんどが日本車! 非日系は2つのみ、しかも下位=中国メディア

世界の低燃費SUVトップ10、ほとんどが日本車! 非日系は2つのみ、しかも下位=中国メディア

そのうえで、米国で先日発表された世界の低燃費SUVランキングを紹介。ランキングは10位が現代・ツーソン、9位が日産・ローグ、8位がベンツ・GLA、7位がマツダ・CX-3、6位がホンダ・CRV、5位がスバル・クロストレック(XV)となっている。さらに4位はホンダ・HR-V、3位はレクサス・NX、2位はレクサス・RX、1位は … ニフティニュース世界の低燃費SUVトップ10、ほとんどが日本車… 今の世界の自動車市場における流行は、SUVだ。世界最大の自動車市場である中国では特にSUVの人気が強く、SUV車種の販売に力を入れた日系メーカーは昨年軒並み中国市場で好成績を残した。中国メディア・今…

自動車評論家からは高評価も…なぜか売れない国産モデル5選

自動車評論家からは高評価も…なぜか売れない国産モデル5選

年間の販売台数は9万台を超え、登録車のランキングでも9位につけているので、絶対的には不人気というわけではないが、かつて日本でもっとも売れたことのある … ライブドアニュース自動車評論家からは高評価も…なぜか売れない国産モ…評論家から高評価を受けるも、販売実績につながっていない車を紹介している。現行モデルのデビュー当初にリコールが相次いでしまったホンダ・フィット。SUBARU・レヴォーグやトヨタ・カムリ、三菱・アウトランダーなど

【2018年秋】おすすめコンパクトカー国産車ランキング【中古車ベスト3】

【2018年秋】おすすめコンパクトカー国産車ランキング【中古車ベスト3】

【2018年秋】おすすめコンパクトカー国産車ランキング【中古車ベスト3】 … より低燃費なクルマが求められていたため、プリウスはニーズにバッチリとハマった。 デビュー直後から長期 … 場合によっては、スーパーハイト系の軽自動車より安いこともある。 新車情報Car-Topics|中古車…【2018年秋】おすすめコンパクトカー国産車ランキ…おすすめの国産コンパクトカーランキングの、2018年秋版ベスト3を紹介しています。見た目のデザインはもちろん、燃費や安全装備もしっかり解説しています。中古車で国産コンパクトカーが欲しいと思っている方は、必見の記事です。

「日産 ノート」も「トヨタ プリウス」も販売台数は前年比割れ 電動化だけでは売れない時代になりつつある

「日産 ノート」も「トヨタ プリウス」も販売台数は前年比割れ 電動化だけでは売れない時代になりつつある

2018年上半期(1~6月)の登録車販売ランキングにおいて、日産車として48年ぶりに「ノート」がトップに立ったというニュース(1970年上半期「サニー」以来)は、 … 日本最大級のクルマ総合情報…「日産 ノート」も「トヨタ プリウス」も販売台数…日本市場のハイブリッド車に変化が見えてきた世界的にクルマの電動化が進んでいると言われている。当初は「電動化=100%電気自動車」といった誤解もあったが、欧州発トレンドの電動化はハイブリッド(HEV:Hybrid Electric Vehicle)、プラグインハ

レクサスのミニバン「LM」はなぜ注目されたのか?(GQ CAR’S アクセスランキング 2019年4月)

レクサスのミニバン「LM」はなぜ注目されたのか?(GQ CAR’S アクセスランキング 2019年4月)

2019年4月に「GQ JAPAN」で多くの人が読んだクルマの記事はコレだ! アクセスランキング … 4月の『GQ CAR'S アクセスランキング』は、レクサス初のミニバン「LM」に注目が集まった。 … なぜなら、三菱自動車の「デリカ D:5」の例があるからだ。 headlines.yahoo.co.jp表示できません – Yahoo!ニュース