クルマ・バイク

ダイハツ「軽自動車トップ企業」の強さと悩み

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。海外売上高比率30%以上の企業を対象としたグローバルブランドランキングでは、10年連続でトヨタ自動車が1位だった。ブランド価値の成長率の順では前年比12%増となった任天堂(10位)がトップ。  AdverTimes(アドタイ)宣伝… 日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARU…https://www.advertimes.com/20180215/article265931/インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。

小売成約台数ランキング 2018年6月度【近畿エリア】

小売成約台数ランキング 2018年6月度【近畿エリア】

グーネット調べによる小売成約台数ランキング(月度)を掲載しております。全国7ブロックで小売りで成約となった販売データですので、仕入れや売却の参考にお …  www.goonews.jp 表示エラー – グーネット自動車流通http://www.goonews.jp/news_detail.php?view=auto&id=7422表示エラーになります。

自動車部品関連メーカーの業績動向調査結果を公表、TSR

自動車部品関連メーカーの業績動向調査結果を公表、TSR

主な自動車部品関連メーカーの売上高ランキング(最新期、単体決算)は、トップがデンソーで2兆4,728億4,900万円(前期比1.9%増)だった。次いで、2位はトヨタ …  Business & Public Affairs W… 自動車部品関連メーカーの業績動向調査結果を公表…https://bp-affairs.com/news/2018/05/20180516-7270.html東京商工リサーチ(TSR)は、自動車部品関連メーカー業績動向調査の結果を発表した。TSR企業データベース398万社から、単体決算で3期連続で比較可能な4,391社を対象に抽出、分析した。 #株式会社東京商工リサーチ #業績動向調査 #自動車部品関連メーカー

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した。17日付証券日報が伝えた。 2位は長城汽車で2,364万4,100元、3位は北汽福田汽車(福田汽車) …  NNA.ASIA 上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD 中国・…https://www.nna.jp/news/show/1751866金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した…

軽自動車の選び方・注意点【購入ガイド】おすすめ全21選

軽自動車の選び方・注意点【購入ガイド】おすすめ全21選

という方のために、価格の安い軽自動車ランキングTOP3をご紹介しましょう。なお、ランキングの対象は軽乗用車であり、軽商用車は含んでいません。  MOBY [モビー]|初めて車と出… 軽自動車の選び方・注意点【購入ガイド】おすすめ…http://car-moby.jp/314979車のなかでも比較的気軽に買えるイメージのある軽自動車。車両価格の安さが魅力の軽自動車ですが、モデル選びには注意が必要です。車の特徴はモデルごとに違っており、自分の使い方に合わない車両を購入すると、不便を感じる可能性があります。