クルマ・バイク

テスラ車、コンシューマー誌「推奨」再び獲得-ブランド番付では下位

投稿日:

米電気自動車(EV)メーカー、 テスラのセダン「モデル3」と「モデルS」は、米消費者情報 … 日本車と韓国車が上位を占めたブランド別の信頼性ランキングで米国勢は下位に … コンシューマー・リポートの自動車試験担当シニアディレクター、 ジェイク・ …

-クルマ・バイク

関連記事

初めてクルマを購入した年齢は20代が最多という調査結果|バブル世代は10代の初購入率が高め

初めてクルマを購入した年齢は20代が最多という調査結果|バブル世代は10代の初購入率が高め

今回のアンケート結果から、20代で初めてクルマを購入した人が約半数に上ったこと、また価格・デザイン・性能を重視し … 年代別のランキングなどを画像で見る … MOTA(旧オートックワン)初めてクルマを購入した年齢は20代が最多という調…駐車場やレンタカー事業を行うパーク24は、2018年12月12日~同年12月18日までの間、タイムズクラブ会員9683名にクルマの購入に関するアンケートを行い、結果を発表した。 今回のアンケート結果から、20代で初めてクルマを購入した人が約半数に上ったこと、また価格・デザイン・性能を重視し…

「革新成長」拡大へ 来年4000億円超の投資=韓国副首相

「革新成長」拡大へ 来年4000億円超の投資=韓国副首相

次の段階として、「3大新事業」のシステムLSI(大規模集積回路)とバイオヘルス、未来の自動車に3兆ウォンを投資し、全産業に革新を広げていくと説明した。 聯合ニュース「革新成長」拡大へ 来年4000億円超の投資=…【ソウル聯合ニュース】韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は21日、政府が取り組む「革新成長」の戦略会議を兼ねた経済関係閣僚会議で、革新成長を他の分野へ連鎖的に広…

ライバルひしめく軽ハイトワゴンカテゴリーに、強力な進化を遂げ登場したホンダ 新型N-WGNを画像で …

ライバルひしめく軽ハイトワゴンカテゴリーに、強力な進化を遂げ登場したホンダ 新型N-WGNを画像で …

現在、軽自動車カテゴリーだけでなく、小型・普通車も含めた国内販売のトップを走るホンダ N-BOX。 そして発売から6年近くが経過し、N-BOXと同じNシリーズに … MOTA(旧オートックワン)ライバルひしめく軽ハイトワゴンカテゴリーに、強…現在、軽自動車カテゴリーだけでなく、小型・普通車も含めた国内販売のトップを走るホンダ N-BOX。 そして発売から6年近くが経過し、N-BOXと同じNシリーズに属するN-WGN(Nワゴン)が、2019年7月18日フルモデルチェンジを受けた。 先代N-WGNは発売当初、軽ハイトワゴンとして、…

あくまでエンジン主体? クルマの電動化に消極的にみえるSUBARUの戦略とは (1/2ページ)

あくまでエンジン主体? クルマの電動化に消極的にみえるSUBARUの戦略とは (1/2ページ)

自動車の電動化は世界的なトレンドだ。日本では販売ランキングの上位をハイブリッドばかりが占めているし、欧州では電動化はメーカーの生き残りに必須の状況 … WEB CARTOPあくまでエンジン主体? クルマの電動化に消極的…日産の電気自動車やトヨタ&ホンダのハイブリッド&プラグインハイブリッド、はたまた燃料電池車を初めとして、世界的に自動車は電動化が加速している。そうしたなかでSUBARU(スバル)は電動化を前面に押し出さない。あくまでスバルのクルマはエンジンにこだわるのだろうか?

トヨタを抑え1位になった企業は?自動車・輸送用機器業界の働きやすい企業ランキング

トヨタを抑え1位になった企業は?自動車・輸送用機器業界の働きやすい企業ランキング

世界トップレベルの技術水準と言われる日本の自動車・輸送用機器産業。これまで何度となく訪れた不況の波を乗り越えてきたのは「MADE IN JAPAN」製の高い … @DIME アットダイムトヨタを抑え1位になった企業は?自動車・輸送用…世界トップレベルの技術水準と言われる日本の自動車・輸送用機器産業。これまで何度となく訪れた不況の波を乗り越えてきたのは「MADE IN JAPAN」製の高い技術力・競争力があったからであり、その安定した労働環境…