クルマ・バイク

トヨタが10年連続の1位 ブランド価値ランク

投稿日:

コンサルティング会社のインターブランドジャパン(東京)は14日、世界で事業を展開している日本企業の2018年のブランド価値ランキングを発表した。トヨタ自動車が09年のランク付け開始以来、10年連続で1位となった。ホンダが前年と同じ2位、日産自動車が3位、SUBARU(スバル)が9位と、トップ10のうち自動車メーカー …

-クルマ・バイク

関連記事

個人間カーシェア「Anyca」 カーシェアによるクルマの維持費軽減率ランキングを公開

個人間カーシェア「Anyca」 カーシェアによるクルマの維持費軽減率ランキングを公開

月間平均維持費は、登録時に会員が記入した維持費用の月間平均値です。自動車税、車検費用、駐車場代、車体メンテナンス費用などクルマを維持するために纏わる費用が含まれておりますが、車体の購入費用などは含まれておりません。 ※維持費軽減率は四捨五入しています(四捨五入する前の数値の大小でランキングを …  プレスリリース・ニュースリ… 個人間カーシェア「Anyca」 カーシェアによるクル…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000013971.htmlDeNAのプレスリリース(2018年4月9日 11時38分)個人間カーシェア カーシェアによるクルマの維持費軽減率ランキングを公開

三菱自動車、インドネシアから『エクスパンダー』の輸出を開始

三菱自動車、インドネシアから『エクスパンダー』の輸出を開始

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準を …  財経新聞 三菱自動車、インドネシアから『エクスパンダー』…https://www.zaikei.co.jp/releases/619824/TOKYO, Apr 25, 2018 – ( JCN Newswire ) – 三菱自動車は本日、インドネシア共和国の乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県、以下、ブカシ工場)で生産する次世代クロスオーバーMPV『エクスパンダー』の輸出を開始したことを発表しました。

週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価急伸(4/23~27)

週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価急伸(4/23~27)

自動車用ゴムでは、豊田合成が同194円高の2774円と続伸した。同社が27日に発表した18年3月期は、自動車部品事業が国内外で販売を増やしたことや、為替変動の影響もあり、売上高は6・8%増、経常利益は10・7%増の増収増益となった。また、同社は今期の年間配当を前期比4円増の60円に増配する方針。これらが …  ゴムタイムス 週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価…http://www.gomutimes.co.jp/?p=128593 4月23~27日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はまちまちの展開となり、前週末比で19社が上昇、12社が下落した。4月27日のゴム平均は、前週末比2円55銭高の1785円3銭と反発した。  株価上昇率ランキングでは、1位が豊田合成で同7・52%高、2位が三洋貿易の同3・41%高、3位が三ツ星ベルトの同3・39…

「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全個体電池」が6位となっている。 全固体電池は、現在普及している … トヨタ自動車<7203.T>は、2020年代前半をメドにリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」を実用化し、既存のガソリン車と遜色無いEVの実現を目指している。同社は17年12月に「全固体 …  ニフティニュース 「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタな…https://news.nifty.com/article/economy/stock/12217-1473923/★人気テーマ・ベスト101 セルフレジ 2 5G 3 ドローン 4 人工知能 5 ICタグ 6 全固体電池 7 RPA 8 ブロックチェーン 9 再生医療 10 量子コンピューター みんなの株式と株探…

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象 … 国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車の … なお、今回のランキングは2017年末時点で新車として販売されているクルマが対象だ。  ライブドアニュース 国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10…http://news.livedoor.com/article/detail/14523347/2017年末時点の新車を対象に、国交省が燃費のいい自動車一覧を公表した。軽自動車部門の1〜2位は、スズキ・アルトと同車OEMのマツダ・キャロル。3位はスズキ・アルトラパン、4〜6位はダイハツ・ミラ イースと同車OEM2種