クルマ・バイク

トヨタ・カローラ、11年ぶりにトップ! 世界販売台数年間1位の記録はなお安泰

投稿日:

結果、10月の乗用車系車名別販売台数ランキング(日本自動車販売協会連合会発表)では、 … 10月の車名別新車乗用車販売台数ランキング(前年同月比) … また、1966年に初代モデルが発売されてから半世紀以上の歴史を持つクルマということも …

-クルマ・バイク

関連記事

自動車部品業界『他社牽制力』2018年ランキング…トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブ

自動車部品業界『他社牽制力』2018年ランキング…トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブ

パテント・リザルトは6月18日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2018年の特許審査過程にて他社特許への拒絶理由として引用された件数を … レスポンス(Response.jp)自動車部品業界『他社牽制力』2018年ランキング…ト…パテント・リザルトは6月18日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2018年の特許審査過程にて他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車部品業界 他社牽制力ランキング2018」をまとめた。

「配当利回りが高い株」ベスト10の中で、投資判断が “強気”な銘柄は? 配当利回りが7.7%で業績も好調 …

「配当利回りが高い株」ベスト10の中で、投資判断が “強気”な銘柄は? 配当利回りが7.7%で業績も好調 …

配当利回りが7.7%で業績も好調な「スズデン」、6%超で割安な「日産自動車」に注目! … 配当利回りが高い株」ランキングの上位10銘柄の投資診断を公開! ダイヤモンドZAi最新記事「配当利回りが高い株」ベスト10の中で、投資判断が「配当利回りが高い株」ランキングの上位10銘柄の投資診断を公開! 高利回りでも業績が不透明な銘柄には要注意!今、日本株には高配当株がゴロゴロ。そこで2月21日発売のダイヤモンド・ザイ4月号の特集「高配当株+Jリートの儲け方」では、配当利回り4%以上の全221銘柄の投資判断を大公開している。さらに、高配当株…

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年)ほどの勢いはないが、毎月コンスタントに1万台前後を販売。2017年も日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で約16万 … 東洋経済オンライン「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識 | 中古車トヨタ自動車が2015年末から日本国内で販売している4代目「プリウス」。「『プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年…

ホンダ N-BOXはニトリ的ステキさで非自動車マニアを惹きつける有力国民車候補

ホンダ N-BOXはニトリ的ステキさで非自動車マニアを惹きつける有力国民車候補

2018年上半期の車名別販売ランキングを見ると、日産ノートの7万3380台に対してホンダN-BOXは12万7548台。さすがにダブルスコアではないが、それに近い … 日本最大級のクルマ総合情報…ホンダ N-BOXはニトリ的ステキさで非自動車マニア…「新時代の国民車」を探す実地調査企画の第7回目。今回の調査対象は日本でいちばん売れている車、すなわち「まさに国民車!」と言える存在の軽自動車「ホンダ N-BOX」である。>>国民車とは?日本でいちばん売れている車というと、「さあ、日本一に乗ろう。」という広告コ…

2019年日本自動車初期品質調査、ダイハツが3年連続総合1位

2019年日本自動車初期品質調査、ダイハツが3年連続総合1位

… 日、「2019年日本自動車初期品質調査(Initial Quality Study:IQS)」の結果を発表した。ブランド別ランキングでは、3年連続でダイハツが総合首位になった。 日経 xTECH(クロステック)2019年日本自動車初期品質調査、ダイハツが3年連続… CS(顧客満足度)に関する調査会社であるJ.D.パワー ジャパンは2019年8月21日、「2019年日本自動車初期品質調査(Initial Quality Study:IQS)」の結果を発表した。ブランド別ランキングでは、3年連続でダイハツが総合首位になった。