クルマ・バイク

トヨタ「ルーミー/タンク」が大健闘する理由

投稿日:

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! … 2017年の軽自動車を除く乗用車ブランド通称名別販売ランキングは、11位(ルーミー)と14位(タンク)でそれぞれ個別にはさほど上位ではない。ただ、2 … トヨタにとってはOEM(相手先ブランドによる生産)調達しているクルマだ。

-クルマ・バイク

関連記事

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

ランキングの1位はホンダで、調査時点で理系学生428人の採用が決まっている。最終的な採用予定人数は合計560人を見込んでいて、うち500人が理系となる。自由闊達に議論をする「ワイガヤ」文化も健在。現在は自動車に関連する自動運転や人工知能等の先進技術の研究開発も加速させている。ちなみに、ホンダは2月20 …  東洋経済オンライン 理系採用数が多い企業トップ100ランキング | 就職…http://toyokeizai.net/articles/-/209444今年も就活市場が熱くなる時期がやってきた。3月1日から、2019年4月入社の新卒を対象としたエントリーシートの受付が本格化する。企業の採用意欲は高い状態が続く一方で、「売り手市場」が続いていることもあって…

トヨタ「アクア」が販売台数2ヶ月連続の首位 販売台数ランキングに変化が見られた理由とは

トヨタ「アクア」が販売台数2ヶ月連続の首位 販売台数ランキングに変化が見られた理由とは

クルマの人気を示す具体的な例として、「販売台数」を基準とするケースがあります。自動車メーカー各社もテレビCMなどで「2018年上半期販売台数No.1」という …  Yahoo!ニュース トヨタ「アクア」が販売台数2ヶ月連続の首位 販売…https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00010007-kurumans-bus_allクルマの人気を示す具体的な例として、「販売台数」を基準とするケースがあります。自 – Yahoo!ニュース(くるまのニュース)

トヨタ第二の創業(1)第11代社長、豊田章男62歳と夢の自動運転 トヨタ自動車特集—AI自動運転 …

トヨタ第二の創業(1)第11代社長、豊田章男62歳と夢の自動運転 トヨタ自動車特集—AI自動運転 …

トヨタ第二の創業(1)第11代社長、豊田章男62歳と夢の自動運転 トヨタ自動車特集—AI自動 … トヨタ自動車の2018年3月期決算発表の場で、豊田章男社長が力を込めた。 … 世界で最も価値ある100のブランド」ランキングにおいて、自動車メーカートップのトヨタは9位。 …. 空飛ぶタクシーと空飛ぶクルマの実現いつから?  自動運転ラボ トヨタ第二の創業(1)第11代社長、豊田章男62歳と…https://jidounten-lab.com/u_4436「100年に1度の大変革期を勝ち抜く」―—。トヨタ自動車の2018年3月期決算発表の場で、豊田章男社長が力を込めた。章男社長が言う変革期とは何か。トヨタはこの100年に1度の戦いをどのように戦い抜くのか。

平成の振り返り、カローラ と クラウン は毎年人気車種にランクイン…ソニー損保

平成の振り返り、カローラ と クラウン は毎年人気車種にランクイン…ソニー損保

ソニー損保は1月28日、インフォグラフィックス「人気乗用車販売台数ランキング」「人気軽自動車販売台数ランキング」「人気輸入車・外車登録台数ランキング」 …  レスポンス(Response.jp) 平成の振り返り、カローラ と クラウン は毎年人気…https://response.jp/article/2019/01/29/318536.htmlソニー損保は1月28日、インフォグラフィックス「人気乗用車販売台数ランキング」「人気軽自動車販売台数ランキング」「人気輸入車・外車登録台数ランキング」に、2018年のデータを追加してランキングを更新した。

日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力

日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力

時にその表現はストレート過ぎるのではないかと感ずるが、日本自動車販売協会連合会(自販連)による2018年1、2月ともに乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車を除く)では、日産のコンパクトカー「ノート」が1位、ミニバン「セレナ」が4位に入っており、一定のユーザーからの支持を得ていることがわかる。 2016年8月、「 …  東洋経済オンライン 日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力 | 西村直…http://toyokeizai.net/articles/-/213602今も昔も、日産自動車が販売戦略で使うキーワードには勢いがある。筆者の一押しは「技術の日産」だが、近年ではあの矢沢永吉さんによる「“やっちゃえ”NISSAN(2015年の日産CMより)」のフレーズがその代表格とい…