クルマ・バイク

ニッチすぎだろ!と思う博物館ランキング

投稿日:

3位 目黒寄生虫館⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は「ブレーキ … こちらは自動車関連、産業機械のブレーキのリビルドや加工販売を行っている中山ライニング工業株式会社が運営しています。 … 調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

-クルマ・バイク

関連記事

販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。 … 先月発表の「乗用車車名別販売台数ランキング」(日本自動車販売協会連合会、2018年3月期)によると、トップ5は次の通り。 … 日産「ノート」は、同社が独自に開発した電気自動車の新しいハイブリッドシステムの一種、「e―POWER」が好評で3カ月連続のトップ。  日刊ゲンダイDIGITAL 販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜…https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/228769 乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。圧倒的強さを誇ったトヨタの“プリウス&アクア連合”の牙城が崩れて…

日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なんて関係なかった!=中国メディア

日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なんて関係なかった!=中国メディア

記事は、日本国内の自動車売り上げランキングを見ると、トップ10に入るのはいずれも日本車であり、外国車の姿は見受けられないと紹介。「日本人が日本車を愛することについて、多くの人は日本人の愛国心によるものと認識している。しかし、実際それは大した理由ではない。自動車自体が持つ強みによるものなのだ」とし、 …  ニフティニュース 日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なん…https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20180426_00007/ 中国メディア・今日頭条は23日、「日本人はどうして日本車が好きなのか、愛国主義は大した理由ではなかった」とする記事を掲載した。 記事は、日本国内の自動車売り上げランキングを見ると、トップ10に入るの…

当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位に急浮上、日産とスバルは後退[新聞ウォッチ]

当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位に急浮上、日産とスバルは後退[新聞ウォッチ]

2019年卒業予定の学生を対象にした就職希望企業の人気ランキングは、当世学生気質を読み取れることでも興味深い。就職支援大手 … 若者のクルマ離れ」が深刻化する中で、自動車メーカーは、ベスト10入りを果たしたトヨタの次は45位のホンダで、前年の46位からわずか1ランクのアップではなんとも情けない。 トヨタ『86』、 …  レスポンス(Response.jp) 当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位…https://response.jp/article/2018/04/17/308613.html2019年卒業予定の学生を対象にした就職希望企業の人気ランキングは、当世学生気質を読み取れることでも興味深い。最も就職したい企業は前年4位の日本航空がトップ、2位は前年7位の総合商社の伊藤忠商事で、3位は前年同様の全日本空輸

1日平均60台以上“オートバイ盗難被害” バイク保険で補償はされるのか

1日平均60台以上“オートバイ盗難被害” バイク保険で補償はされるのか

たとえば、大手損保会社の商品を見てみると、盗難の場合は「二輪・原付自動車の場合、補償されません」と注意書きが付いているものがほとんど。一部の通販型保険商品では、「盗難時の臨時費用特約」として5万円の保険金が支給される場合もあるが、盗難の場合、自動車保険のような手厚い補償は見込めないことが多い …  CS RANKING 1日平均60台以上“オートバイ盗難被害” バイク保険…https://life.oricon.co.jp/rank_bike/news/2108000/バイク保険で盗難は補償されない? 警察庁によると、2016年の「オートバイ盗難」の発生件数は2万4304件。被害件数は年々減少しているというが、それでも1日平均60台以上ものオートバイが盗難されているということになる。もし被害に遭った場合、加…

ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動車の業績に異変

ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動車の業績に異変

2017年の世界販売ランキングで、ルノー・日産・三菱自連合は1,060万8,366台(前年比6.5%増)とトヨタグループの1,038万6,000台を抜き、トップを走るフォルクスワーゲン(VW)グループの1,074万1,500台に迫る2位の座を確保した。 ゴーン氏は、3社の会長とルノーの社長・CEOを兼務しており、三菱自動車の約100万台を …  マイナビニュース ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動…https://news.mynavi.jp/article/20180214-nissan/2017年のグローバル販売でトヨタを抜いて世界2位となった日産・ルノー・三菱自動車の3社連合。トップのゴーン氏にとって、世界覇権が現実味を増してきたように思える状況だが、アライアンスの中核をなす日産の現状は心配の種となっているかもしれない。