クルマ・バイク

ノートが、プリウスを超えた!―2018年新車販売ランキング : 総合1位は2年連続でN-BOX

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

トヨタ「アクア」とホンダ「フィット」 売れるHV車の違いはどこにある?

トヨタ「アクア」とホンダ「フィット」 売れるHV車の違いはどこにある?

国内のコンパクトカーカテゴリにおいて、毎年ランキング上位に位置するクルマに、トヨタの「アクア」とホンダの「フィット」があります。今回はアクアと比較するため …  くるまのニュース トヨタ「アクア」とホンダ「フィット」 売れるHV車…https://kuruma-news.jp/post/139614国内のコンパクトカーカテゴリにおいて、毎年ランキング上位に位置するクルマに、トヨタの「アクア」とホンダの「フィット」があります。今回はアクアと比較するために、フィットはハイブリッドモデルに焦点を当てて比べていきたいと思います。両車の違いはどこにあるのでしょうか。

次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止まり プロト総研

次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止まり プロト総研

同レポートによると、次回欲しい自動車のランキングは、前年3位のトヨタ『アクア』がトップとなった。2位は前年と同じくダイハツ『タント』、3位には2ランクアップで … 次回購入検討しているクルマのエンジンタイプは、トップが「ガソリン車」で61.8%、次いで「ハイブリッド車」17.5%となり、過去3年間において大きな変動はない。  レスポンス(Response.jp) 次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止ま…https://response.jp/article/2018/04/03/308065.htmlプロト総研/カーライフは、2017年12月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザー レポート 2018」としてまとめた。

トヨタ「パッソ」が確立した絶妙な立ち位置

トヨタ「パッソ」が確立した絶妙な立ち位置

月販平均販売台数は約3800台で、自販連の乗用車通称ブランド別新車販売ランキング(軽自動車除く)では、毎月20位前後に顔を出す。 過去4年の販売実績も …  東洋経済オンライン トヨタ「パッソ」が確立した絶妙な立ち位置 | 新車レ…https://toyokeizai.net/articles/-/245471トヨタ自動車が、コンパクトカー「パッソ」をマイナーチェンジ(一部改良)して、全国のトヨタカローラ店を通じて今月10日に発売した。おしゃれなMODAシリーズに大開口フロントグリルを採用するなど、より大胆なエ…

トヨタを抑え1位になった企業は?自動車・輸送用機器業界の働きやすい企業ランキング

トヨタを抑え1位になった企業は?自動車・輸送用機器業界の働きやすい企業ランキング

世界トップレベルの技術水準と言われる日本の自動車・輸送用機器産業。これまで何度となく訪れた不況の波を乗り越えてきたのは「MADE IN JAPAN」製の高い …  @DIME アットダイム トヨタを抑え1位になった企業は?自動車・輸送用…https://dime.jp/genre/583337/世界トップレベルの技術水準と言われる日本の自動車・輸送用機器産業。これまで何度となく訪れた不況の波を乗り越えてきたのは「MADE IN JAPAN」製の高い技術力・競争力があったからであり、その安定した労働環境…

新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、上位10位のうち7車種ランクイン

新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、上位10位のうち7車種ランクイン

2017年度の車名別国内新車販売台数ランキングが5日発表され、ホンダの軽自動車「N-BOX」が、年度として初めて首位となった。軽の首位は08年度の「ワゴンR」(スズキ)以来9年ぶりで、上位10位のうち軽が7車種を占めた。 N-BOXは前年度比16.2%増の22万3449台。「軽乗用車最大級の室内空間や存在感の …  SankeiBiz(サンケイビズ) 新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、…https://www.sankeibiz.jp/business/news/180406/bsa1804060500002-n1.htm2017年度の車名別国内新車販売台数ランキングが5日発表され、ホンダの軽自動車「N-BOX」が、年度として初めて首位となった。軽の首位は08年度の「ワゴンR」(…