クルマ・バイク

バイクが似合うキャラといえば? 3位「デュラララ!!」セルティ、2位「コナン」服部平次、1位は…

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

新型車は魅力ない? 人気車はマンネリ化、古いモデルの販売が好調の理由とは

新型車は魅力ない? 人気車はマンネリ化、古いモデルの販売が好調の理由とは

クルマのような商品は、発売時期が新しいほど魅力を高めます。 … ところがクルマの販売ランキングを見ると、発売から長い時間を経過した車種が、上位に … このほか軽自動車では、ダイハツ「タント」(発売は2013年)、日産「デイズ」(2013年)、 … バイク. (2018年1月12日). 「ジムってほんとに必要?」AYAさんのダイエット法 …  くるまのニュース 新型車は魅力ない? 人気車はマンネリ化、古いモデ…https://kuruma-news.jp/post/103642クルマは新型車ほど魅力を高めます。技術やデザインは常に進化を続けますから、新しいほど良くなるのは当然です。ところが近年の販売ランキングを見ると、発売から6年以上を経過した車種などが上位に位置することが多いです。なぜなのでしょう。

ベッテル、ランキングトップから滑り落ちるも自信は揺るがず

ベッテル、ランキングトップから滑り落ちるも自信は揺るがず

間違いなく、僕はクルマや自分自身の力を引き出せないでいた」. そのハミルトンは、現時点ではフェラーリの方がメルセデスよりもかなりペースがいいと認めている。 □何も心配はしていないとベッテル. ベッテルも、アゼルバイジャンではポイントリーダーの座から滑り落ちてしまったものの、自分自身と今季のフェラーリF1マシンは …  www.topnews.jp ベッテル、ランキングトップから滑り落ちるも自信…http://www.topnews.jp/2018/04/30/news/f1/170044.htmlTopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

アップルCEOは100億円…自動車メーカー社長はいくら? トヨタは社長より高給な副社長

アップルCEOは100億円…自動車メーカー社長はいくら? トヨタは社長より高給な副社長

日本は、中国やアメリカに続いて、世界で3番目に新車が販売される国です。もちろん、世界の自動車産業にとって日本はとても重要な市場の1つですが、それ以上 …  日本最大級のクルマ総合情報… アップルCEOは100億円…自動車メーカー社長はいくら…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180804-10331491-carview/ 日本は、中国やアメリカに続いて、世界で3番目に新車が販売される国です。もちろん、世界の自動車産業にとって日本はとても重要な市場の1つですが、それ以上に、世界に名だたる自動車メーカーを数多く有する国として、自動車産業における最重要国のひとつに数えられています。

スズキMotoGP、イアンノーネとの契約解消 アプリリアへ移籍

スズキMotoGP、イアンノーネとの契約解消 アプリリアへ移籍

初年度はランキング13位。今シーズンは第3戦アメリカズGPで3位、スズキ移籍後初の表彰台を獲得。続く第4戦スペインGPでも3位表彰台、現在ランキング7位 …  日本最大級のクルマ総合情報… スズキMotoGP、イアンノーネとの契約解消 アプリ…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180611-10317191-carview/スズキは6月8日、MotoGPに参戦するアンドレア・イアンノーネとの契約を2018年限りで解消すると発表した。イアンノーネは2017年、ドゥカティより移籍。初年度はランキング13位。今シーズンは第3戦アメリカズGPで3位、スズキ移籍後初の表彰台を獲得。続く第4

【週刊クルマのミライ】カローラの若返りは「常連は店をつぶす」からのエスケープだ!?

【週刊クルマのミライ】カローラの若返りは「常連は店をつぶす」からのエスケープだ!?

【週刊クルマのミライ】カローラの若返りは「常連は店をつぶす」からのエスケープだ!? … 一売れているクルマだったカローラも、2017年の登録車年間セールスランキング … 自動車マニアからすると「トヨタというのは、つまらないクルマの象徴」という … 月9日から先行予約開始 · バイク用のブーツって、こんなにカッコ良かったの!?  clicccar.com(クリッカー) 【週刊クルマのミライ】カローラの若返りは「常連…https://clicccar.com/2018/06/09/598051/「常連が店をつぶす」といった言葉を見聞きしたことはないでしょうか? 飲食店や趣味のショップなどで常連にとって居心地の良い店にしたために新規のお客さんが入ってきづらくなり、潤っているように見えたのに徐々に衰退していって、最後はつぶれてしまうといった内容が典型的なストーリーです。 そのため常連の比率が…