クルマ・バイク

バイクの部TOPは ”道の駅 どうし” 。「2018ナビタイム スポット検索ランキング」が発表

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

2018年度上半期の新車販売台数ランキング1位を獲得。ホンダ・N-BOXシリーズの強さの理由とは?

2018年度上半期の新車販売台数ランキング1位を獲得。ホンダ・N-BOXシリーズの強さの理由とは?

2018年度上半期の新車販売台数ランキング1位を獲得。ホンダ・N-BOX … 初代N-BOXが登場した2011年度は47,329台で、軽自動車は10位、登録車は28位。  clicccar.com(クリッカー) 2018年度上半期の新車販売台数ランキング1位を獲得…https://clicccar.com/2018/10/05/636488/2018年度上半期(4~9月)において11万7,100台を販売し、登録車も含めた新車販売台数ランキング1位に輝いたホンダN-BOXシリーズ。2018年9月時点で累計販売台数140万台を達成し、いまや国民車といえるほどの強さを誇っています。

ホンダ・N-BOXが軽自動車販売台数で4年連続ナンバー1。登録車を含めた新車販売台数でも2年連続トップ

ホンダ・N-BOXが軽自動車販売台数で4年連続ナンバー1。登録車を含めた新車販売台数でも2年連続トップ

現代の国民車といえるほど売れまくっているホンダN-BOX。ターボ車の最上級グレードだとコミコミ250万円コースくらいになると思われます。それでも売れるわけ …  clicccar.com(クリッカー) ホンダ・N-BOXが軽自動車販売台数で4年連続ナンバ…https://clicccar.com/2019/01/11/680764/●「我慢の軽」から「指名買い」されるクルマになったN-BOX 現代の国民車といえるほど売れまくっているホンダN-BOX。ターボ車の最上級グレードだとコミコミ250万円コースくらいになると思われます。それでも売れるわけですから、その人気ぶりには驚かされます。

軽自動車販売、N-BOX が4年連続トップ 2018年上半期車名別

軽自動車販売、N-BOX が4年連続トップ 2018年上半期車名別

全国軽自動車協会連合会は、2018年上半期(1~6月)の軽四輪車通称名別新車販売 … 2018年上半期の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) 軽自動車販売、N-BOX が4年連続トップ 2018年上半…https://response.jp/article/2018/07/05/311590.html全国軽自動車協会連合会は、2018年上半期(1~6月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が前年同期比20.1%増の12万7548台で、4年連続のトップとなった。

レクサス、8年連続首位=米自動車信頼番付-19年

レクサス、8年連続首位=米自動車信頼番付-19年

【ニューヨーク時事】米調査会社JDパワーが13日発表した2019年版のブランド別の米自動車信頼性ランキングで、トヨタ自動車の高級車「レクサス」が8年連続で …  時事ドットコム レクサス、8年連続首位=米自動車信頼番付-19…https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021400293&g=eco【ニューヨーク時事】米調査会社JDパワーが13日発表した2019年版のブランド別の米自動車信頼性ランキングで、トヨタ自動車の高級車「レクサス」が8年連続で首位になった。昨年8位だった「トヨタ」も、独フォルクスワーゲン(VW)の「ポルシェ」と並ぶ2位に返り咲いた。

日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力

日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力

時にその表現はストレート過ぎるのではないかと感ずるが、日本自動車販売協会連合会(自販連)による2018年1、2月ともに乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車を除く)では、日産のコンパクトカー「ノート」が1位、ミニバン「セレナ」が4位に入っており、一定のユーザーからの支持を得ていることがわかる。 2016年8月、「 …  東洋経済オンライン 日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力 | 西村直…http://toyokeizai.net/articles/-/213602今も昔も、日産自動車が販売戦略で使うキーワードには勢いがある。筆者の一押しは「技術の日産」だが、近年ではあの矢沢永吉さんによる「“やっちゃえ”NISSAN(2015年の日産CMより)」のフレーズがその代表格とい…