クルマ・バイク

バイク王の「リセール・プライス」ランキングでカワサキ・Z900RSが3連覇

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

安心安全なSUVトップ5 「衝突安全性能」ランキング-SUV編

安心安全なSUVトップ5 「衝突安全性能」ランキング-SUV編

市販車の安全性能評価試験を行う日本自動車アセスメント(以下JNCAP)は、ユーザーが安全な自動車を選択できる環境づくりと、安全なクルマの普及を目的と …  Yahoo!ニュース 安心安全なSUVトップ5 「衝突安全性能」ランキング…https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00010000-kurumans-bus_all市販車の安全性能評価試験を行う日本自動車アセスメント(以下JNCAP)は、ユーザーが安 – Yahoo!ニュース(くるまのニュース)

軽自動車の選び方・注意点【購入ガイド】おすすめ全21選

軽自動車の選び方・注意点【購入ガイド】おすすめ全21選

という方のために、価格の安い軽自動車ランキングTOP3をご紹介しましょう。なお、ランキングの対象は軽乗用車であり、軽商用車は含んでいません。  MOBY [モビー]|初めて車と出… 軽自動車の選び方・注意点【購入ガイド】おすすめ…http://car-moby.jp/314979車のなかでも比較的気軽に買えるイメージのある軽自動車。車両価格の安さが魅力の軽自動車ですが、モデル選びには注意が必要です。車の特徴はモデルごとに違っており、自分の使い方に合わない車両を購入すると、不便を感じる可能性があります。

日産がノート e-POWERで示した、新しい時代の「大衆車」のかたち

日産がノート e-POWERで示した、新しい時代の「大衆車」のかたち

日産自動車のコンパクトカー「ノート」の販売台数が18年に13万6324台を記録し、軽自動車を … 日産のクルマが年間販売台数でトップになるのは初めてのこと。 … 車にも達成できなかったことで、しかも販売台数ランキングの常連であるトヨタ自動車の …  WIRED.jp 日産がノート e-POWERで示した、新しい時代の「大…https://wired.jp/2019/01/24/nissan-note-epower-ws/日産自動車のコンパクトカー「ノート」が、2018年の販売台数でトップに立った。日産の有史以来という大ヒットに導いた立役者は、発電用エンジンを搭載して電気モーターで走る「ノート e-POWE

子供・孫に勤めてほしい企業ランキング、第1位は?

子供・孫に勤めてほしい企業ランキング、第1位は?

業種は、製造業が13社(トヨタ自動車、味の素、パナソニック、本田技研工業< … お孫さんに勤めてほしい企業ランキング」は、上から「国家公務員」(回答 …  マイナビニュース 子供・孫に勤めてほしい企業ランキング、第1位は?https://news.mynavi.jp/article/20190422-813127/リスクモンスターは4月22日、第8回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」の調査結果を発表した。有効回答数は、未成年の子(男・女)を持つ男女それぞれ200人(計400人)、未成年の孫(男・女)を持つ男女それぞれ200人(計400人)合計800人。

高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~高井戸間 国交省発表

高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~高井戸間 国交省発表

年間におけるIC区間別の渋滞ランキングのトップは、中央自動車道の調布~高井戸間で、渋滞損失時間は139万人・時間で昨年2位から順位を上げた。昨年1位だった東名高速道路の海老名JCT~横浜町田間は123万人・時間で2位。順位が変わらずの3位は東名高速道路の東名川崎~東京の115万人・時間。4位は昨年7位 …  財経新聞 高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~…https://www.zaikei.co.jp/article/20180404/435504.html国土交通省の発表によると、高速道路や都市高速道路、直轄国道で発生する渋滞によって、年間合計で17.4億人・時間が失なわれていることが分かった。