クルマ・バイク

パーソルキャリア、「DODA転職人気企業ランキング2018」発表

投稿日:

2018年の転職人気企業ランキングは、前年に続き1位トヨタ自動車と2位グーグルが圧倒的な支持を集め、3位以下の企業に倍以上のポイント差をつける結果と …

-クルマ・バイク

関連記事

東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ、トヨタ自は3%超安

東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ、トヨタ自は3%超安

33業種のうち医薬品、陸運業を除く31業種が下落しており総じて軟調な展開。トランプ米大統領が、安全保障を理由に自動車や自動車部品に追加関税を課す …  みんなの株式 東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ…https://minkabu.jp/news/2116022最新投稿日時:2018/05/24 16:30 – 「東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ、トヨタ自は3%超安」(フィスコ)

2018年の自動車系キーワード、プレスリリース登場数ランキング 自動運転、コネクテッドカー、CASE …

2018年の自動車系キーワード、プレスリリース登場数ランキング 自動運転、コネクテッドカー、CASE …

空飛ぶクルマ実現への5つの壁…基礎解説&開発企業まとめ AIや自動運転の技術活用、トヨタ自動車や日産も参入?  自動運転ラボ プレス発表登場回数、1位は「自動運転」667回 2018…https://jidounten-lab.com/u_automobile-ranking-press-releaseさまざまなニュースで溢れかえった2018年。自動運転分野では、コネクテッドカーやライドシェア、MaaSなどといった特定のキーワードが多く飛び交い、少しずつ社会に浸透していくさまが見て取れた。そこで今回は、プレスリリース・ニュースリリース配信サービスを手掛ける「PR TIMES」を活用し、自動運転にちなんだキーワ…

日本の研究開発費トップ10、全企業がAI自動運転に関与 日経調査

日本の研究開発費トップ10、全企業がAI自動運転に関与 日経調査

ランキングは1位トヨタ自動車(1兆800億円)、2位ホンダ(7900億円)、3位日産自動車(5400億円)、4位デンソー(4950億円)、5位パナソニック(4900億円)、6位 …  自動運転ラボ 驚愕…研究開発費トップ10、全企業がAI自動運転に…https://jidounten-lab.com/w_4512日本経済新聞社がまとめた2018年度の「研究開発活動に関する調査」で、主要企業の43.9%が過去最高の研究開発費を計上していることが分かった。とりわけ上位10社全てがAI(人工知能)や自動運転の開発に携わっており、製造業における研究開発の中心が次世代技術をはじめとする新産業分野に移行していることが顕著に表れ…

2018年新車販売「N-BOX」が2年連続トップ 登録車は「ノート」が初の首位

2018年新車販売「N-BOX」が2年連続トップ 登録車は「ノート」が初の首位

軽を除く登録車では、日産自動車「ノート」が初のトップ。1.9%減となったものの、トヨタ自動車「アクア」 … ただ、軽自動車を含めたランキングでは5位にとどまった。  ITmedia ビジネスオンライン 2018年新車販売「N-BOX」が2年連続トップ 登録車…http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1901/10/news110.html2018年の国内新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が2年連続のトップ。上位を軽自動車が独占した。軽を除く登録車では、日産自動車「ノート」が初の首位だった。

ヤマハの電動トライアルマシンTY-Eで黒山健一が世界選手権ランキング2位獲得

ヤマハの電動トライアルマシンTY-Eで黒山健一が世界選手権ランキング2位獲得

今回の電動トライアルバイクTY-Eでの挑戦は、今後トライアルを続けていく上での大きなモチベーションとなり、同時にとてもすばらしい経験となりました。  AUTO SPORT web ヤマハの電動トライアルマシンTY-Eで黒山健一が世…https://www.as-web.jp/bike/393015 2018年7月21~22日、FIMトライアル世界選手権の第6戦ベルギーGPにてTrialE(Electric)クラスの第2戦(最終戦)が行われ、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から、電動トライアルバイク「TY-E」で参戦した黒山健一選手が2位を獲得し、年間ランキング2位でシーズンを終えました。 全日本に参戦する黒山選手の「TY-E」によ…