クルマ・バイク

フォーミュラE | 日産自動車、ブエミとアルボンの起用を発表

投稿日:

日産にとってフォーミュラEカーレースへの挑戦は、クルマがエネルギーをどのように … アルボンは、2016年のGP3シリーズでランキング2位を獲得し、今季のFIA …

-クルマ・バイク

関連記事

国産SUV人気ランキング 全25車種完全網羅【2018年最新版】

国産SUV人気ランキング 全25車種完全網羅【2018年最新版】

多数ある自動車ジャンルの中でも、とくに人気の高いSUV。その概要を簡単におさらいしておきましょう。ごく簡単にいうと、SUV(Sport Utility Vehicle)とは、「荷物 …  MOBY [モビー]|初めて車と出… 国産SUV人気ランキング 全25車種完全網羅【2018年…http://car-moby.jp/318345近年の自動車のトレンドであるSUV。人気車のモデルチェンジや新モデルの登場など、2018年もSUVの話題は尽きません。市場に続々と登場するSUVのなかでも、独自の魅力をもつモデルはとくに人気があります。2018年上半期の自動車市場においても、魅力的なモデルが好調な売れ行きを見せました。どのようなSUVが人気を集めて…

大胆不敵、米自動車工場に窃盗団侵入 人気車種奪い走り去る

大胆不敵、米自動車工場に窃盗団侵入 人気車種奪い走り去る

【5月4日 AFP】米ミシガン(Michigan)州のデトロイト(Detroit)郊外ウォーレン(Warren)で3日朝、窃盗団が自動車組立工場に侵入し、完成したばかりのピックアップ … 調査会社ケリーブルーブック(Kelley Blue Book)の統計によると、ダッジ・ラムは米国のピックアップトラックの販売台数ランキングで3位に入っている人気車種。  www.afpbb.com 大胆不敵、米自動車工場に窃盗団侵入 人気車種奪い…http://www.afpbb.com/articles/-/3173453【5月4日 AFP】米ミシガン(Michigan)州のデトロイト(Detroit)郊外ウォーレン(Warren)で3日朝、窃盗団が自動車組立工場に侵入し、完成したばかりのピックアップトラック10台前後を奪って走り去った。

N-BOX、唯一の10万台超えで2年連続トップ…新車販売総合 2018年度上半期

N-BOX、唯一の10万台超えで2年連続トップ…新車販売総合 2018年度上半期

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は10月4日、9月 … 2018年度上半期の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) N-BOX、唯一の10万台超えで2年連続トップ…新車販売…https://response.jp/article/2018/10/04/314694.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は10月4日、9月および2018年度上半期(4-9月)の車名別新車販売台数(速報)を発表した。

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

株式会社パテント・リザルトは2018年6月18日、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として …  BIGLOBEニュース 【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 ト…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0618/dre_180618_8281945791.html株式会社パテント・リザルトは2018年6月18日、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用され…(2018年06月18日 11時30分00秒)

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「 …. プリウスをはじめ、トヨタのハイブリッド車は燃費にこだわるあまり、クルマがドライバーの運転にかなり「介入」してくる感じがある。  ライブドアニュース 4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者で…http://news.livedoor.com/article/detail/14418980/17年の4代目プリウスの国内販売台数は約16万台で1位だが、前年比では35%減。先代3代目の半分強の販売で、絶対王者でなくなったと言っても過言ではない。ハイブリッド車の需要の分散化、代替え販売が進まない、などの要因がある