クルマ・バイク

プリウス3年連続で燃費首位 国交省ランキング

投稿日:

国土交通省が20日発表した2017年の燃費の良い乗用車ランキングによると、普通・小型自動車はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が3年連続で首位となった。燃費はガソリン1リットル当たり40… 記事全文を読む · 共同通信. 「燃費」をもっと詳しく. バトンに追い風/向かい風? 急速進化するスーパーGT500クラスの …

-クルマ・バイク

関連記事

日産、ノートで48年ぶり首位 国内販売数、サニー以来

日産、ノートで48年ぶり首位 国内販売数、サニー以来

セレナも上半期のランキング(軽自動車除く)で4位に入り、ミニバンでは首位だった。 日産は5日、ノートeパワーに四輪駆動車を追加すると発表。22年までにe …  朝日新聞デジタル 日産、ノートで48年ぶり首位 国内販売数、サニ…https://www.asahi.com/articles/ASL752S2ZL75ULFA006.html 日産自動車の小型車「ノート」が、2018年上半期(1~6月)の軽自動車を除く国内新車販売で首位に立った。日産車の首位は1970年の小型車「サニー」以来48年ぶり。モーター駆動で走り、エンジンは発電だ…

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

… したイタリアの自動車専門誌「Quattroruote(クアトロルーテ)」誌が主催するヨーロッパの自動車業界の重要なイベントの1つである「Quattroruote Day」において、同誌をはじめとする世界15カ国の自動車専門誌の委員によって選出される賞。今年の「Quattroruote Day」において「SKYACTIV-X」が技術史に最も名前を残すよう …  BIGLOBEニュース マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0213/zks_180213_3916879168.htmlマツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」がイタリアのミラノで将来が期待される自動車技術に贈られる「QGlobalTechAward」を受賞した。【…(2018年02月13日 21時51分55秒)

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位

日経平均構成銘柄の上昇率トップは、三菱自動車<7211>で10.1%高、同2位は三越伊勢丹ホールディングス<3099>で7.7%高となった。三菱自動車が前日に発表した18年3月期決算では、営業利益が982億円で前期比19.2倍となり、19年3月期は1100億円で同12.0%増と市場予想並みの水準を見込んでいる。円高で大手 …  みんなの株式 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://minkabu.jp/news/2100034最新投稿日時:2018/05/10 12:44 – 「日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位」(フィスコ)

次も同じメーカーの車に…ブランド忠誠度が高い自動車メーカー

次も同じメーカーの車に…ブランド忠誠度が高い自動車メーカー

これはあるブランドのクルマを所有した人が、次も同じブランドのクルマに買い換える割合を示す数値で、オーナーが惚れ込むクルマ、オーナーから信頼を得られた …  ライブドアニュース 次も同じメーカーの車に…ブランド忠誠度が高い自動…http://news.livedoor.com/article/detail/15016275/車の所有者が次も同じメーカーの車に買い換える率を示す「ブランド忠誠度」。米での調査結果では、ゆるぎない評判を築いてきたトヨタが63%で1位に。61%でスバル、60%でホンダ、54%でラム、同じく54%でシボレーと続いた

日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパワーシフト…再び世界覇者へ

日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパワーシフト…再び世界覇者へ

日本の自動車メーカーはこれまで、米国市場を重要市場と位置づけてきた。例えば、ホンダは世界販売の約4割を北米市場が占め、“北米一本足打法”といわれてきた。日本車は燃費のよさで米国の消費者から高い評価を受け、人気ランキングの上位には常にトヨタ自動車の「カムリ」「カローラ」やホンダの「アコード」「シビック」 …  ビジネスジャーナル/Business… 日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパ…http://biz-journal.jp/2018/03/post_22777.htmlトヨタ・豊田章男社長(左)とホンダ・八郷隆弘社長(右)(つのだよしお/アフロ) 主戦場は米国から中国へ  いまや、自動車市場の主役は中国だ。とりわけ、日本の自動…