クルマ・バイク

ホンダ「シビック」、日本復活から1年の通信簿

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

クルマの安全性能ランキング 上位入りのメーカーと車種は?

クルマの安全性能ランキング 上位入りのメーカーと車種は?

クルマの安全性能ランキング 上位入りのメーカーと車種は? … 自動車に詳しいジャーナリストの福田俊之氏は、高評価の理由が「エンジン」にあると解説する。  www.news-postseven.com クルマの安全性能ランキング 上位入りのメーカー…https://www.news-postseven.com/archives/20181005_772981.html ドライバーの高齢化に伴い、車が持つ「安全性能」がますます重大な関心事となっているが、一般ユーザーが各車の安全性能の違いを比較することは難しい。 しかし、その手がかりとなるデータがある。国土交通省…

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキング …  日本経済新聞 自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企…https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31146390Q8A530C1DTA000/2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキングすると、自動車大手が上位を占めた。米法人税率の引き下げの影響が剥落するのが主因だ。

2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが、新型3車種が猛追する

2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが、新型3車種が猛追する

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の発表で、2018年4月から2018年9月、18年度上半期の車名別の新車(乗用車) …  エコノミックニュース 2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが…http://economic.jp/?p=82440 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の発表で、2018年4月から2018年9月、18年度上半期の車名別の新車(乗用車)販売台数累計ランキングが分かった。  発表によ

楽天ランキング1位のカー用品『LUFT ジャンプスターター』新モデルを発売

楽天ランキング1位のカー用品『LUFT ジャンプスターター』新モデルを発売

自動車やバイクなどのバッテリーが上がってしまった場合、従来だと、自動車同士でケーブルを接続してバッテリー上がりを解消するしか方法はありませんでした。  財経新聞 楽天ランキング1位のカー用品『LUFT ジャンプスタ…https://www.zaikei.co.jp/releases/737341/株式会社アイデンティティー(本社:兵庫県尼崎市、代表:丸富 英宇)は、楽天市場バッテリーチャージャー部門ランキング1位の自社ブランド【LUFT ジャンプスターター】の新モデルを発売いたします。

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「 …. プリウスをはじめ、トヨタのハイブリッド車は燃費にこだわるあまり、クルマがドライバーの運転にかなり「介入」してくる感じがある。  ライブドアニュース 4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者で…http://news.livedoor.com/article/detail/14418980/17年の4代目プリウスの国内販売台数は約16万台で1位だが、前年比では35%減。先代3代目の半分強の販売で、絶対王者でなくなったと言っても過言ではない。ハイブリッド車の需要の分散化、代替え販売が進まない、などの要因がある