クルマ・バイク

ホンダ N-BOX が8カ月連続首位でも、紙面から消えた新車販売ランキング[新聞ウォッチ]

投稿日:

時代を先取りして旬の話題や情報を広く世の中に伝えるのがマスコミの使命なのだが、もはや、国内の新車市場でどんなクルマが売れ筋なのかという情報は … 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が4月の国内新車販売台数(軽自動車含む)の車名別順位を発表したが、自動車専門のネット媒体や一部の …

-クルマ・バイク

関連記事

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。海外売上高比率30%以上の企業を対象としたグローバルブランドランキングでは、10年連続でトヨタ自動車が1位だった。ブランド価値の成長率の順では前年比12%増となった任天堂(10位)がトップ。  AdverTimes(アドタイ)宣伝… 日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARU…https://www.advertimes.com/20180215/article265931/インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。

売れるクルマはハイブリッドだらけ! 日本のHV信奉は特異なのか

売れるクルマはハイブリッドだらけ! 日本のHV信奉は特異なのか

2018年上半期にもっとも売れたクルマ(登録車)は日産ノート。その原動力と … さらにトップ10内でハイブリッドを設定していないのは、ランキング8位のトヨタ・ルーミーくらい。 … さらに一歩先を行く中国市場では電気自動車の普及が進められている。  毎日新聞 WEB CARTOP:売れるクルマはハイブリッドだらけ!…https://mainichi.jp/articles/20180726/ctp/00m/020/000000c世界は日本に遅れてハイブリッドがトレンドに 2018年上半期にもっとも売れたクルマ(登録車)は日産ノート。その原動力となったのは100%電気駆動という、シリーズハイブリッドシステム「e-POWER」であることに異論はないだろう。ノートに続くのがアクア、プリウスというトヨタのハイブリッド専用車。さ

高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~高井戸間 国交省発表

高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~高井戸間 国交省発表

年間におけるIC区間別の渋滞ランキングのトップは、中央自動車道の調布~高井戸間で、渋滞損失時間は139万人・時間で昨年2位から順位を上げた。昨年1位だった東名高速道路の海老名JCT~横浜町田間は123万人・時間で2位。順位が変わらずの3位は東名高速道路の東名川崎~東京の115万人・時間。4位は昨年7位 …  財経新聞 高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~…https://www.zaikei.co.jp/article/20180404/435504.html国土交通省の発表によると、高速道路や都市高速道路、直轄国道で発生する渋滞によって、年間合計で17.4億人・時間が失なわれていることが分かった。

イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果を詳細報告

イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果を詳細報告

e燃費アワードはe燃費のユーザーが投稿した実燃費データをもとに、燃費に優れたクルマをランキング形式で表彰するもので、今回で12回目を迎える。 e燃費の吉田凌マネージャーは「e燃費アワードは総合部門のほかに、新型車、ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車、軽自動車、輸入車、カタログ燃費達成率の8部門で …  レスポンス(Response.jp) イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果…https://response.jp/article/2018/03/14/307231.htmlイードは3月14日に東京ビッグサイトで開幕した第16回国際オートアフターマーケットEXPO 2018(IAAE2018)で、『e燃費アワード2017-2018』結果の詳細報告および、アワード選定のデータ源となるマイカー燃費管理サービス「e燃費」を紹介展示している。

燃費ランキング、新型車部門は アクア が フィット に競り勝つ…e燃費アワード2017-18

燃費ランキング、新型車部門は アクア が フィット に競り勝つ…e燃費アワード2017-18

今回で12回目を迎えるe燃費アワードは、イードが運営する燃費管理サービス「e燃費」ユーザーが投稿した実燃費データを元に、実燃費ランキングおよびカタログ燃費達成率ランキングを作成し、優れた数値を出した車種を表彰するもの。「総合部門」「新型車部門」「ガソリン車部門」「ハイブリッド車部門」「軽自動車部門」「輸入車 …  レスポンス(Response.jp) 燃費ランキング、新型車部門は アクア が フィット…https://response.jp/article/2018/03/14/307233.htmlイードが運営する燃費管理サービス「e燃費」は3月14日、実燃費とカタログ燃費達成率の優秀車種をランキング形式で8部門表彰する「e燃費アワード2017-2018」を発表。総合部門でトヨタ『プリウス』が連覇を達成した。