クルマ・バイク

ホンダ N-BOX が8カ月連続首位でも、紙面から消えた新車販売ランキング[新聞ウォッチ]

投稿日:

時代を先取りして旬の話題や情報を広く世の中に伝えるのがマスコミの使命なのだが、もはや、国内の新車市場でどんなクルマが売れ筋なのかという情報は … 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が4月の国内新車販売台数(軽自動車含む)の車名別順位を発表したが、自動車専門のネット媒体や一部の …

-クルマ・バイク

関連記事

どうなる「ゴーン絶賛本」 出版社を直撃 著書はアマゾンランキング上位に

どうなる「ゴーン絶賛本」 出版社を直撃 著書はアマゾンランキング上位に

同書のレビュー欄では、「報道を見て改めて読んだ」という読者が「いろいろ言われますが、ゴーンがいなければ日産自動車はすでに消滅しているか、外国の自動車 …  zakzak どうなる「ゴーン絶賛本」 出版社を直撃 著書は…https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181128/soc1811280002-n1.html「ゴーン・ショック」は出版業界にも広がっている。カリスマ経営者として知られたゴーン容疑者だけに、ビジネス手腕や経営哲学を絶賛した本も少なくないが、逮捕報道をどう…

韓国勢が新車品質調査で上位独占、その理由とは?

韓国勢が新車品質調査で上位独占、その理由とは?

このランキングが自動車業界にとって重要なのは、米国の消費者が新車購入を決める際に指針になることが多いからだ。調査によると、新車の品質(所有してから …  WSJ Japan 韓国勢が新車品質調査で上位独占、その理由とは?http://jp.wsj.com/articles/SB10619724222342013566304584298980993715224調査会社JDパワーが20日公表した2017年の米自動車初期品質調査(IQS)では、韓国メーカーのブランドが上位を独占した。

三菱自動車工業、インドネシアからエクスパンダーの輸出を開始

三菱自動車工業、インドネシアからエクスパンダーの輸出を開始

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修)は4月25日、インドネシア共和国の乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西 … さらに本年3月には、販売台数ランキングで1位となった他、自動車専門紙OTOMOTIF社からカー・オブ・ザ・イヤー2018を受賞している。  MOTOR CARS 三菱自動車工業、インドネシアからエクスパンダー…http://motorcars.jp/mitsubishi-motors-starts-exporting-expanders-from-indonesia20180425三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修)は4月25日、インドネシア共和国の乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県、以下、ブカシ工場)で生産する次世代クロスオーバーMPV「エクスパンダー」の輸出を開始した。

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象 … 国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車の … なお、今回のランキングは2017年末時点で新車として販売されているクルマが対象だ。  ライブドアニュース 国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10…http://news.livedoor.com/article/detail/14523347/2017年末時点の新車を対象に、国交省が燃費のいい自動車一覧を公表した。軽自動車部門の1〜2位は、スズキ・アルトと同車OEMのマツダ・キャロル。3位はスズキ・アルトラパン、4〜6位はダイハツ・ミラ イースと同車OEM2種

自動車メーカー特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ・ホンダ・マツダ

自動車メーカー特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ・ホンダ・マツダ

パテント・リザルトは11月12日、独自に分類した自動車メーカーを対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー特許資産 …  レスポンス(Response.jp) 自動車メーカー特許資産規模ランキング、トップ3は…https://response.jp/article/2018/11/12/316071.htmlパテント・リザルトは11月12日、独自に分類した自動車メーカーを対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー特許資産規模ランキング」を発表した。