クルマ・バイク

ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止まり プロト総研

次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止まり プロト総研

同レポートによると、次回欲しい自動車のランキングは、前年3位のトヨタ『アクア』がトップとなった。2位は前年と同じくダイハツ『タント』、3位には2ランクアップで … 次回購入検討しているクルマのエンジンタイプは、トップが「ガソリン車」で61.8%、次いで「ハイブリッド車」17.5%となり、過去3年間において大きな変動はない。  レスポンス(Response.jp) 次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止ま…https://response.jp/article/2018/04/03/308065.htmlプロト総研/カーライフは、2017年12月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザー レポート 2018」としてまとめた。

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

続いて、世界の自動車販売台数ランキング(2017年1月~12月累計)で、中国は2939万台と世界でトップ。2位はアメリカの1723万台、3位は日本の524万台、インド413万台、ドイツ371万台であることを示すとともに、自動車保有台数においても、中国は1億6285万台(2015年)、1億9440万台(2016年)と、アメリカに続いて2 …  Car Watch 【北京モーターショー 2018】中国事業の展望につい…https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/beijing2018/1120006.html トヨタ自動車 専務役員で中国本部長である小林一弘氏は、4月27日(現地時間)に中国・北京の「北京モーターショー 2018」で行なったトヨタのプレスカンファレンス後、記者団とのラウンドテーブルに出席。中国市場の現状とトヨタの中国事業の展望について話した。

やっぱりミニバンが大好き! 今人気のおすすめランキングTOP5

やっぱりミニバンが大好き! 今人気のおすすめランキングTOP5

近年、人気のボディタイプといえばファミリー層に圧倒的な人気を誇る「ミニバン」です。2018年国内販売台数上半期ランキングでも上位10位に4台入るほどの人気 …  Yahoo!ニュース やっぱりミニバンが大好き! 今人気のおすすめラ…https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00010003-kurumans-bus_all近年、人気のボディタイプといえばファミリー層に圧倒的な人気を誇る「ミニバン」です – Yahoo!ニュース(くるまのニュース)

第7回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査ランキングは大変動!~子・孫への期待感が表面化~

第7回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査ランキングは大変動!~子・孫への期待感が表面化~

(1)ランキングトップ20は前回との順位に大きな変動が目立つ「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業ランキング」のランキング1位は「地方公務員」(回答率17.0%)でした。次いで2位「国家公務員」(同16.6%)、3位「トヨタ自動車」(同9.0%)となりました。以下4位「パナソニック」(同5.0%)、5位「グーグル(Google)」(同4.4%)、6位「 …  SankeiBiz(サンケイビズ) 第7回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調…http://www.sankeibiz.jp/business/news/180419/prl1804191302059-n1.htm与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本 太一、以下 リスモン)は、第7回「お子さん/お孫さん…

週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価急伸(4/23~27)

週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価急伸(4/23~27)

自動車用ゴムでは、豊田合成が同194円高の2774円と続伸した。同社が27日に発表した18年3月期は、自動車部品事業が国内外で販売を増やしたことや、為替変動の影響もあり、売上高は6・8%増、経常利益は10・7%増の増収増益となった。また、同社は今期の年間配当を前期比4円増の60円に増配する方針。これらが …  ゴムタイムス 週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価…http://www.gomutimes.co.jp/?p=128593 4月23~27日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はまちまちの展開となり、前週末比で19社が上昇、12社が下落した。4月27日のゴム平均は、前週末比2円55銭高の1785円3銭と反発した。  株価上昇率ランキングでは、1位が豊田合成で同7・52%高、2位が三洋貿易の同3・41%高、3位が三ツ星ベルトの同3・39…