クルマ・バイク

ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ

レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ

日本ではトヨタ自動車が2016年末に発売した「C-HR」が、2017年の乗用車(軽自動車を除く)ブランド通称名別ランキングで4位(約11万7300台)という高順位に食い込んだほか、2017年末にマツダが投入した「CX-8」の出足も好調。ホンダが一度は日本での販売をやめた「CR-V」を今年中にも復活させる見通しだ。  東洋経済オンライン レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ | 新車レ…http://toyokeizai.net/articles/-/212393近年、世界の自動車メーカーが力を入れているのがSUV(スポーツ多目的車)だ。中でもトレンドの中心にあるのは、SUVが持つタフなイメージを踏襲しながら、アスファルトの上を快適に、かつスポーティにと、乗用車的…

ユーカーパック「車査定申込数ランキング」、プリウスが3カ月連続1位

ユーカーパック「車査定申込数ランキング」、プリウスが3カ月連続1位

ユーカーパック「車査定申込数ランキング」、プリウスが3カ月連続1位 … 安定した人気を誇る、トヨタ自動車のハイブリッドカーの看板ブランドである。1997年登場、 …  財経新聞 ユーカーパック「車査定申込数ランキング」、プリ…https://www.zaikei.co.jp/article/20180726/455950.html車買取オークション「ユーカーパック」を運営するUcarPAC社の発表によると、2018年6月度の査定申込み車種ランキング1位はトヨタのプリウスであり、3カ月連続での1位を達成したという。

【特集】「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

【特集】「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全個体電池」が6位となっている。 全固体電池は、現在普及している … トヨタ自動車<7203>は、2020年代前半をメドにリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」を実用化し、既存のガソリン車と遜色無いEVの実現を目指している。同社は17年12月に「全固体電池」 …  kabutan.jp 「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタな…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201803230372★人気テーマ・ベスト101 セルフレジ2 5G3 ドローン4 人工知能5 ICタグ6 全固体電池7 RPA8 ブロックチェーン9 再生医療10 量子コンピューター みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で・・・。

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

そして同日に日産自動車はノートが上半期に7万3380台を販売し、除軽統計(軽 … 話を2018暦年締めでの上半期販売ランキングに戻そう。 … トヨタは11車種がランクインしており、小さめなクルマが目立つもののバランスよく売れているのがわかる。  毎日新聞 WEB CARTOP:日産ノートが日産車48年ぶりの販売首…https://mainichi.jp/articles/20180711/ctp/00m/020/000000c人気は確かだがNO.1獲得のための自社登録やフリート販売も目立つ 7月5日に自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)がそれぞれ、6月単月の通称名別販売台数とともに2018暦年締めでの上半期(2018年1月から6月までの累計販売台数)の通称名別販売台数のランキングを発

「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケットのプロが選ぶベストなクルマは?

「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケットのプロが選ぶベストなクルマは?

当初ハイブリッドは“オタク”のクルマとさえ言われ、モーターやバッテリー、コントローラなど、みなさまにとって慣れない部品、コポーネントでご苦労をかけたかもしれません。しかし、それでも選んでもらえたことは、プリウスが世の中のお役に立てたと思っています。自動車業界は100年に一度の変革期を向かえており、自動車は …  レスポンス(Response.jp) 「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケ…https://response.jp/article/2018/03/15/307247.html14日、ディーラー、整備工場、中古車販売などアフターマーケットのプロだけが選ぶ「いいクルマアワード2018」の発表が行われた。同時にイードが運営する「e燃費」の計測データによる実燃費で優れた数値の車種を表彰する「e燃費アワード2017-2018」も発表された。