クルマ・バイク

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

投稿日:

… したイタリアの自動車専門誌「Quattroruote(クアトロルーテ)」誌が主催するヨーロッパの自動車業界の重要なイベントの1つである「Quattroruote Day」において、同誌をはじめとする世界15カ国の自動車専門誌の委員によって選出される賞。今年の「Quattroruote Day」において「SKYACTIV-X」が技術史に最も名前を残すよう …

-クルマ・バイク

関連記事

ウィリアムズ「進歩を遂げた2018年型車で昨年以上の成績を目指す」

ウィリアムズ「進歩を遂げた2018年型車で昨年以上の成績を目指す」

ランキングもフェリペ(マッサ/2017年で引退)に次ぐ順位だったんです。3強チームのドライバー以外で表彰台に上ったのは彼だけでしたし、今シーズンはそれ以上のものを目指しています」. 「また、私は … 我々はこのクルマがパフォーマンスランキングにおいて2017年よりも進歩を果たすことを期待している。さらに、技術チーム …  www.topnews.jp ウィリアムズ「進歩を遂げた2018年型車で昨年以上…http://www.topnews.jp/2018/02/16/news/f1/167126.htmlTopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

【特集】パワー半導体がランキング首位、EV向けなど背景に市場拡大加速へ<注目テーマ>

【特集】パワー半導体がランキング首位、EV向けなど背景に市場拡大加速へ<注目テーマ>

東京エレクトロン<8035>やディスコ<6146>、ニューフレアテクノロジー<6256>などの製造装置メーカーや、デンソー<6902>などの自動車部品メーカー、さらに昭和電工<4004>、太平洋セメント<5233>、東洋炭素<5310>などの素材メーカーも同分野でビジネスチャンスが膨らんでいく。このほかでは、サンケン電気<6707>や …  kabutan.jp パワー半導体がランキング首位、EV向けなど背景…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201802200303★人気テーマ・ベスト101 パワー半導体2 円高メリット3 人工知能4 5G5 仮想通貨6 全固体電池7 電線地中化8 電気自動車関連9 半導体製造装置10 量子コンピューター みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で・・・。

ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動車の業績に異変

ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動車の業績に異変

2017年の世界販売ランキングで、ルノー・日産・三菱自連合は1,060万8,366台(前年比6.5%増)とトヨタグループの1,038万6,000台を抜き、トップを走るフォルクスワーゲン(VW)グループの1,074万1,500台に迫る2位の座を確保した。 ゴーン氏は、3社の会長とルノーの社長・CEOを兼務しており、三菱自動車の約100万台を …  マイナビニュース ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動…https://news.mynavi.jp/article/20180214-nissan/2017年のグローバル販売でトヨタを抜いて世界2位となった日産・ルノー・三菱自動車の3社連合。トップのゴーン氏にとって、世界覇権が現実味を増してきたように思える状況だが、アライアンスの中核をなす日産の現状は心配の種となっているかもしれない。

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

ランキングの1位はホンダで、調査時点で理系学生428人の採用が決まっている。最終的な採用予定人数は合計560人を見込んでいて、うち500人が理系となる。自由闊達に議論をする「ワイガヤ」文化も健在。現在は自動車に関連する自動運転や人工知能等の先進技術の研究開発も加速させている。ちなみに、ホンダは2月20 …  東洋経済オンライン 理系採用数が多い企業トップ100ランキング | 就職…http://toyokeizai.net/articles/-/209444今年も就活市場が熱くなる時期がやってきた。3月1日から、2019年4月入社の新卒を対象としたエントリーシートの受付が本格化する。企業の採用意欲は高い状態が続く一方で、「売り手市場」が続いていることもあって…

日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位

日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位

ブランドコンサルティング会社の米インターブランドは14日、2018年の日本企業のグローバルブランド価値ランキングを発表した。ランキングの公表を始めた09年当時と自動車やエレクトロニクスといった伝統的な主要産業の企業が上位を占める構図が続く。世界では米国のアップルやアマゾンが存在感を示している。 日本法人 …  日本経済新聞 電子版 日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2688907014022018X12000/ ブランドコンサルティング会社の米インターブランドは14日、2018年の日本企業のグローバルブランド価値ランキングを発表した。ランキングの公表を始めた09年当時と自動車やエレクトロニクスといった伝統的