クルマ・バイク

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

投稿日:

… したイタリアの自動車専門誌「Quattroruote(クアトロルーテ)」誌が主催するヨーロッパの自動車業界の重要なイベントの1つである「Quattroruote Day」において、同誌をはじめとする世界15カ国の自動車専門誌の委員によって選出される賞。今年の「Quattroruote Day」において「SKYACTIV-X」が技術史に最も名前を残すよう …

-クルマ・バイク

関連記事

中国の比亜迪(BYD)グループ、自動車用金型分野の世界最大手オギハラの工場を買収

中国の比亜迪(BYD)グループ、自動車用金型分野の世界最大手オギハラの工場を買収

中国企業のM&A戦略を紹介するシリーズ。今回は、比亜迪(BYD)グループを取り上げる。2010年、比亜迪グループ傘下の比亜迪自動車は、日本の金型大手、オギハラの工場を買収した。買収価格は公表されていない。 比亜迪グループは、広東省深圳市に本社を置く企業であり、IT部品と自動車の二大事業を展開している。  M&A Online 中国の比亜迪(BYD)グループ、自動車用金型分野の…https://maonline.jp/articles/ogihara0301中国企業のM&A戦略を紹介するシリーズ。今回は、比亜迪(BYD)グループを取り上げる。2010年、比亜迪(BYD)グループ傘下の比亜迪(BYD)自動車は、日本の金型大手、オギハラの工場を買収した。買収価格は公表されていない。

レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ

レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ

日本ではトヨタ自動車が2016年末に発売した「C-HR」が、2017年の乗用車(軽自動車を除く)ブランド通称名別ランキングで4位(約11万7300台)という高順位に食い込んだほか、2017年末にマツダが投入した「CX-8」の出足も好調。ホンダが一度は日本での販売をやめた「CR-V」を今年中にも復活させる見通しだ。  東洋経済オンライン レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ | 新車レ…http://toyokeizai.net/articles/-/212393近年、世界の自動車メーカーが力を入れているのがSUV(スポーツ多目的車)だ。中でもトレンドの中心にあるのは、SUVが持つタフなイメージを踏襲しながら、アスファルトの上を快適に、かつスポーティにと、乗用車的…

最新!これが正社員数の多いトップ500社だ

最新!これが正社員数の多いトップ500社だ

またランキングでは5年前の正社員数と比較した増減率を掲載。人数が増加しているか減少しているかは、企業の活力をみる指標ともなる。同じ製造業でも業界によって明暗が分かれる結果となった。 ランキング上位には売上規模の大きなグルーバル企業が目立つ。典型的なのが自動車メーカーだが、全世界で現地生産を進め …  東洋経済オンライン 最新!これが正社員数の多いトップ500社だ | 企業…https://toyokeizai.net/articles/-/2150202019年入社の就職活動が本格化し、オフィス街ではスーツ姿の就活生が目立つようになった。今シーズンも売り手市場と言われ、大企業でも採用予定数の確保に苦心しそうだ。ただ、知名度で言えば同等の大企業だとして…

自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?

自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?

なお、プリウスは車上荒らしにも遭いやすい自動車でもあります。2016年から2年連続でランキング1位となっているのです。プリウスの場合、三角窓を割って車内に侵入する事件が多いので、特に衝撃に対する警報機などが有効でしょう。 また、スマートキーはクルマから発せられる微弱な電波を受信して送り返すシステムで、 …  ガジェット通信 GetNews 自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は? | …http://getnews.jp/archives/2041767現在、最も盗難件数が多いトヨタ・プリウス。それまで7年連続1位だったトヨタ・ハイエースを2014年に抜いて以来、4年連続1位となっています。プリウスの自動車盗難は海外に売られたり、台数が多いことから…

日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位

日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位

ブランドコンサルティング会社の米インターブランドは14日、2018年の日本企業のグローバルブランド価値ランキングを発表した。ランキングの公表を始めた09年当時と自動車やエレクトロニクスといった伝統的な主要産業の企業が上位を占める構図が続く。世界では米国のアップルやアマゾンが存在感を示している。 日本法人 …  日本経済新聞 電子版 日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2688907014022018X12000/ ブランドコンサルティング会社の米インターブランドは14日、2018年の日本企業のグローバルブランド価値ランキングを発表した。ランキングの公表を始めた09年当時と自動車やエレクトロニクスといった伝統的