クルマ・バイク

ミニバンからの買い替えも急増!? 3列シートSUVランキングTOP5

投稿日:

乗車定員6名以上のクルマで家族や仲間と一緒に出掛けたい、そんな要望に … そこで、自動車ディーラーの全国組織である「日本自動車販売協会連合会」の販売 …

-クルマ・バイク

関連記事

2018年度の日本車販売、3年連続でプラス その主要因は? 「2019年3月に売れた日本車」

2018年度の日本車販売、3年連続でプラス その主要因は? 「2019年3月に売れた日本車」

販売台数ランキングとあわせてレポートします。 … 一方、軽自動車は前年度比3.4%増の192万2997台と2年連続でのプラスを記録し、2018年度の全体での新車 …  AUTOCAR JAPAN 2018年度の日本車販売、3年連続でプラス その主要…https://www.autocar.jp/newsjp/2019/04/11/362389/Q:2018年度(2018年4月〜2019年3月)の新車販売台数は3年連続でプラス。その主要因は? text:Naojiro Onuki(大貫直次郎) &nbs …

【一番売れたのはどの車?? 総合部門からカテゴリー別まで全網羅!】 年間販売ランキング

【一番売れたのはどの車?? 総合部門からカテゴリー別まで全網羅!】 年間販売ランキング

毎年恒例、国産車の年間販売台数ランキングをお届けする。軽自動車がベストスリーを独占するなど、2018年に売れたクルマの動向を徹底的にチェック・検証する …  日本最大級のクルマ総合情報… 【一番売れたのはどの車?? 総合部門からカテゴリー…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190224-10386571-carview/ 日産・三菱・ルノー連合が初めて世界販売2位へ躍進したことが話題になった、2017年の各メーカー販売台数ランキング。 では、2018年に国内における各メーカーの販売台数・シェアはどうなっているか? 毎年恒例、国産車の年間販売台数ランキングをお届けする。軽自動車

個人間カーシェアで維持費を最大98%まかなえた、有利なのはミニバン

個人間カーシェアで維持費を最大98%まかなえた、有利なのはミニバン

ディー・エヌ・エー(DeNA)が提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は2018年4月9日、2017年度に利用された車種の維持費軽減率ランキングを公開した。 若年層がクルマを買いたくない理由として、日本自動車工業会の調査では、駐車場代など今まで以上にお金がかかることなど、維持費の高いことが挙げられ …  MONOist 個人間カーシェアで維持費を最大98%まかなえた、…http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1805/07/news011.htmlディー・エヌ・エー(DeNA)が提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、2017年度に利用された車種の維持費軽減率ランキングを公開した。

米で人気の国内自動車パーツメーカー、その背景 各社に聞いた「選ばれる理由」とは

米で人気の国内自動車パーツメーカー、その背景 各社に聞いた「選ばれる理由」とは

クルマの世界も同様で、アメリカにおける乗用車の販売ランキングには十数年に渡ってトヨタ「カムリ」や同「カローラ」、ホンダ「シビック」、同「CR-V」などの日本車が上位を独占しており、近年はクルマと同様に自動車部品の分野でも日本ブランドが高い支持を獲得しつつあります。 180221 parts 01 熊谷ナンバーがついたままが …  乗りものニュース 米で人気の国内自動車パーツメーカー、その背景 …https://trafficnews.jp/post/79773アメリカでの日本車人気は、国内自動車パーツメーカーにも追い風となっています。かの国で確固たる地位を築く各メーカーの、人気の背景を探ってみました。

燃費ランキング、新型車部門は アクア が フィット に競り勝つ…e燃費アワード2017-18

燃費ランキング、新型車部門は アクア が フィット に競り勝つ…e燃費アワード2017-18

今回で12回目を迎えるe燃費アワードは、イードが運営する燃費管理サービス「e燃費」ユーザーが投稿した実燃費データを元に、実燃費ランキングおよびカタログ燃費達成率ランキングを作成し、優れた数値を出した車種を表彰するもの。「総合部門」「新型車部門」「ガソリン車部門」「ハイブリッド車部門」「軽自動車部門」「輸入車 …  レスポンス(Response.jp) 燃費ランキング、新型車部門は アクア が フィット…https://response.jp/article/2018/03/14/307233.htmlイードが運営する燃費管理サービス「e燃費」は3月14日、実燃費とカタログ燃費達成率の優秀車種をランキング形式で8部門表彰する「e燃費アワード2017-2018」を発表。総合部門でトヨタ『プリウス』が連覇を達成した。