クルマ・バイク

ミニバン人気ランキング 全23車種完全網羅【2018年最新版】

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

【材料】ADR日本株ランキング~トヨタなど全般冴えない、シカゴは大阪比95円安の22315円

【材料】ADR日本株ランキング~トヨタなど全般冴えない、シカゴは大阪比95円安の22315円

またトランプ政権が自動車・自動車部品に最大25%の関税導入を検討していることが報じられ、貿易戦争への懸念が強まった。ただし、昨日のFOMC議事録を …  kabutan.jp ADR日本株ランキング~トヨタなど全般冴えない、シ…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201805250033 ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル109.29円換算)でトヨタ<7203>、日東電<6988>が小じっかりな他は、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>、ブリ…

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

続いて、世界の自動車販売台数ランキング(2017年1月~12月累計)で、中国は2939万台と世界でトップ。2位はアメリカの1723万台、3位は日本の524万台、インド413万台、ドイツ371万台であることを示すとともに、自動車保有台数においても、中国は1億6285万台(2015年)、1億9440万台(2016年)と、アメリカに続いて2 …  Car Watch 【北京モーターショー 2018】中国事業の展望につい…https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/beijing2018/1120006.html トヨタ自動車 専務役員で中国本部長である小林一弘氏は、4月27日(現地時間)に中国・北京の「北京モーターショー 2018」で行なったトヨタのプレスカンファレンス後、記者団とのラウンドテーブルに出席。中国市場の現状とトヨタの中国事業の展望について話した。

黒山健一選手が電動トライアルバイク「TY-E」で世界選手権 TrialEクラスへ2年連続の挑戦

黒山健一選手が電動トライアルバイク「TY-E」で世界選手権 TrialEクラスへ2年連続の挑戦

昨年TrialEクラスに初参戦しランキング2位となった黒山健一選手が、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からエントリーし、チャンピオン獲得を目指す。  ウェビック バイクニュース |… 黒山健一選手が電動トライアルバイク「TY-E」で世…https://news.webike.net/2019/06/07/159081/ヤマハ発動機は、昨年に続き、2019 FIMトライアル世界選手権 TrialE(Electric)クラスに、電動トライアルバイク「TY-E」で参戦することを決定した。 昨年TrialEクラスに初参戦しランキング2位となった黒山健一選手が、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からエントリーし、チャンピオン獲得を目指す。 以下プレスリリース…

『アーバントライアル プレイグラウンド』シリーズ初の2P対戦動画を公開ー初回版は「超カンペキガイド」同梱!

『アーバントライアル プレイグラウンド』シリーズ初の2P対戦動画を公開ー初回版は「超カンペキガイド」同梱!

プレイヤーはアクセル、ブレーキとバランスでバイクを操作し、ジャンプ台や障害物が仕掛け … オンラインのリーダーボードで世界のプレイヤーとランキング対戦.  インサイド 『アーバントライアル プレイグラウンド』シリーズ…https://www.inside-games.jp/article/2018/05/25/114951.html3gooは、ニンテンドースイッチ用ソフト『アーバントライアル プレイグラウンド』の発売にあわせ、シリーズ初のローカルマルチプレイ映像を含んだ動画を公開しました。

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

… 差があったが、その後の日亜の伸び悩みとオスラムの急伸により、17年にはわずか5億ドルにまで差が縮まった。液晶パネル用バックライトや一般照明といった、これまでLED市場の拡大を牽引してきた用途が徐々に成熟化するなか、今後の事業拡大は自動車用やマイクロLEDといった新規分野での競争力が左右しそうだ。  投信1 LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム …http://www.toushin-1.jp/articles/-/5671青色・白色LEDを世界に先駆けて事業化し、LED業界の拡大を長年牽引してきた日亜化学工業。その売上高首位の座にドイツのオスラム オプトセミコンダクターズがひたひたと迫っている。