クルマ・バイク

ヤマハの電動トライアルマシンTY-Eで黒山健一が世界選手権ランキング2位獲得

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

ホンダ N-BOX が8カ月連続首位でも、紙面から消えた新車販売ランキング[新聞ウォッチ]

ホンダ N-BOX が8カ月連続首位でも、紙面から消えた新車販売ランキング[新聞ウォッチ]

時代を先取りして旬の話題や情報を広く世の中に伝えるのがマスコミの使命なのだが、もはや、国内の新車市場でどんなクルマが売れ筋なのかという情報は … 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が4月の国内新車販売台数(軽自動車含む)の車名別順位を発表したが、自動車専門のネット媒体や一部の …  レスポンス(Response.jp) ホンダ N-BOX が8カ月連続首位でも、紙面から消え…https://response.jp/article/2018/05/09/309446.html4月の国内新車販売台数(軽自動車含む)の車名別順位を発表したが、自動車専門のネット媒体や一部の通信社の配信記事を除いて、きょうの各紙は、日経を含めて1紙も取り上げていない。

三菱自動車、インドネシアから『エクスパンダー』の輸出を開始

三菱自動車、インドネシアから『エクスパンダー』の輸出を開始

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準を …  財経新聞 三菱自動車、インドネシアから『エクスパンダー』…https://www.zaikei.co.jp/releases/619824/TOKYO, Apr 25, 2018 – ( JCN Newswire ) – 三菱自動車は本日、インドネシア共和国の乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県、以下、ブカシ工場)で生産する次世代クロスオーバーMPV『エクスパンダー』の輸出を開始したことを発表しました。

降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)

降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)

自動車では、エンジン始動(クランキング)時に負荷が急速に増大することなどにより、バッテリー電圧が一時的に大きく低下する現象が起こる。この時、バッテリー …  EE Times Japan 降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)http://eetimes.jp/ee/articles/1805/22/news023.htmlロームは2018年5月22日、「世界最高クラスの高速応答性」(ローム)を実現するという昇降圧コンバーター技術「Quick Buck Booster」を発表した。2018年夏には、本技術を用いて、自動車向け電源ICのサンプル出荷を開始する予定だ。

自動車産業が貿易戦争で直面「米中ダブル巨額投資」の恐怖

自動車産業が貿易戦争で直面「米中ダブル巨額投資」の恐怖

週刊ダイヤモンド2018年11月24日号第1特集は「米中戦争 日系メーカー危険度ランキング」です。米中の技術覇権、軍事覇権を懸けた戦いは、長期戦になること …  ダイヤモンド・オンライン 自動車産業が貿易戦争で直面「米中ダブル巨額投資…https://diamond.jp/articles/-/185893週刊ダイヤモンド2018年11月24日号第1特集は「米中戦争 日系メーカー危険度ランキング」です。米中の技術覇権、軍事覇権を懸けた戦いは、長期戦になることが決定的です。日本企業にはどう影響するのでしょうか。特集では国家間の争い標的になる自動車産業に対する影響を調査し、記事にまとめました。

【特集】「電気自動車充電器」が6位に浮上、EV用急速充電池を日中で共同開発へ<注目テーマ>

【特集】「電気自動車充電器」が6位に浮上、EV用急速充電池を日中で共同開発へ<注目テーマ>

今回の動きは、経済産業省主催の自動車新世代戦略会議のなかの重点取り組み分野のひとつである「電動化政策に関する国際協調強化によるインフラや制度 …  kabutan.jp 「電気自動車充電器」が6位に浮上、EV用急速充電…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201808230311★人気テーマ・ベスト101 QRコード 2 人工知能 3 5G 4 eスポーツ 5 全固体電池 6 電気自動車充電器 7 ソーシャルゲーム 8 iPS細胞 9 サイバーセキュリティ 10 カジノ関連 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で・・・。