クルマ・バイク

ユーカーパック「車査定申込数ランキング」、プリウスが3カ月連続1位

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

新車登録ランキング、トップは ノート…日産がサニー以来48年ぶりの首位奪還 2018年上半期

新車登録ランキング、トップは ノート…日産がサニー以来48年ぶりの首位奪還 2018年上半期

日本自動車販売協会連合会は2018年上半期(1~6月)の乗用車系通称名別新車販売台数(速報)を発表。日産『ノート』が前年同期比12.9%減ながら、7万3380 …  レスポンス(Response.jp) 新車登録ランキング、トップは ノート…日産がサニ…https://response.jp/article/2018/07/05/311589.html日本自動車販売協会連合会は2018年上半期(1~6月)の乗用車系通称名別新車販売台数(速報)を発表。日産『ノート』が前年同期比12.9%減ながら、7万3380台で初のトップとなった。

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は5日ぶり反発、エーザイとTDKで約69円押し上げ

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は5日ぶり反発、エーザイとTDKで約69円押し上げ

欧米間の自動車・自動車部品への関税を巡る貿易摩擦への懸念が後退。マイクロン・テクノロジーが中国の裁判所による販売禁止処分の影響は軽微との見方を …  みんなの株式 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://minkabu.jp/news/2152142最新投稿日時:2018/07/06 12:38 – 「日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は5日ぶり反発、エーザイとTDKで約69円押し上げ」(フィスコ)

スペーシアの反撃とN-BOXには及ばない理由

スペーシアの反撃とN-BOXには及ばない理由

軽自動車新車販売の車名別ランキングで王者のホンダ「N-BOX」(約12.7万台)に続く2位に食い込み、前年同期の5位から3つも順位を上げた。それだけではない …  東洋経済オンライン スペーシアの反撃とN-BOXには及ばない理由 | 軽自動車https://toyokeizai.net/articles/-/230756スズキの軽自動車「スペーシア」がジワリと販売台数を伸ばしている。全国軽自動車販売協会連合会(全軽自協)の統計によれば、今年上期(2018年1~6月)にスペーシアは、前年上期比約6%増の約7.9万台を販売。軽自…

ロッシ、豊富な経験と持ち前の性格で下位から挽回。苦しむビニャーレスを”まだ若い”と擁護|MotoGP …

ロッシ、豊富な経験と持ち前の性格で下位から挽回。苦しむビニャーレスを”まだ若い”と擁護|MotoGP …

今季のヤマハは未だバイクの電子制御の問題を解決できていないが、 … レースでは安定した結果を残しているロッシは、現時点でランキング2位につけている。  日本最大級のクルマ総合情報… ロッシ、豊富な経験と持ち前の性格で下位から挽回…https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20180814-10333907-carview/ 今季のヤマハは未だバイクの電子制御の問題を解決できていないが、バレンティーノ・ロッシはその性格や豊富な経験を、問題に対処する上で役立てているという。 電子制御の問題により、加速の面でライバルに対して遅れをとってしまっているヤマハ。オーストリアGPでも優勝でき

最強オーナー企業ランキング!3位は豊田通商、2位は御園座、1位はあの自動車メーカー

最強オーナー企業ランキング!3位は豊田通商、2位は御園座、1位はあの自動車メーカー

外国人投資家が日本のオーナー企業に熱視線を送っている。『週刊ダイヤモンド』4月14日号の第1特集「オーナー社長 最強烈伝」では、時にリスクを取りつつも、長期的な視点で経営を進めるオーナー企業を完全解剖した。その中で、週刊ダイヤモンドは最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて …  ダイヤモンド・オンライン 最強オーナー企業ランキング!3位は豊田通商、2位…http://diamond.jp/articles/-/166718週刊ダイヤモンドが最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。