クルマ・バイク

ランキング首位のニック・キャシディ「できればポイント差をもっと広げて最終戦へ」

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

ローム、自動車用途に特化した昇降圧DC/DCコンバータを開発

ローム、自動車用途に特化した昇降圧DC/DCコンバータを開発

従来、昇降圧DC/DCインバータは、常に昇圧を行う必要があるが、自動車では、実際に昇圧が行われるのは数ms程度のクランキング(出力電圧が低下する現象) …  マイナビニュース 人とくるまのテクノロジー展2018 横浜(1) ローム、…https://news.mynavi.jp/article/aee2018-1/ロームは、2018年5月23日から25日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている自動車技術者のための自動車の最新技術・製品の技術展示会「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」において、2018年夏の製品化を予定している開発中の昇降圧DC/DCコンバータの用途にも対応可能な降圧DC/DCコンバータ「BD8P250MUF-C」のデモ…

パワーアシストスーツ関連技術 特許総合力ランキングトップ3は本田技研工業、トヨタ自動車、CYBERDYNE

パワーアシストスーツ関連技術 特許総合力ランキングトップ3は本田技研工業、トヨタ自動車、CYBERDYNE

株式会社パテント・リザルトは2019年2月14日、日本の特許庁に出願された「パワーアシストスーツ関連特許」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、 …  ニコニコニュース パワーアシストスーツ関連技術 特許総合力ランキ…https://news.nicovideo.jp/watch/nw4831652?news_ref=20_20株式会社パテント・リザルトは2019年2月14日、日本の特許庁に出願された「パワーアシストスーツ関連特許」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。パワーア…

発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字を鵜呑みにできない裏事情

発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字を鵜呑みにできない裏事情

いまのところ自販連の通称名別販売台数ランキングや、全軽自協(全国軽自動車協会 … ディーラー名義などでの自社登録(軽自動車は届け出)を行ったり、カーシ … としてカウントしたクルマは、早くて半年ぐらいと短期間で中古車や登録(軽自動車は …  WEB CARTOP 発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字…https://www.webcartop.jp/2018/10/279812自動車は新型車のほうがよく売れる傾向にある。より新しい装備や技術などが採用され、商品力が高いためだ。だが、発売から7年となるトヨタ・アクアはいまだに販売台数で首位争いをし、ライバルの日産ノートe-POWERに迫っている。だがその数字を鵜呑みにはできないという。

世界の自動車販売数トップ10、日本車が半分で中国車はナシ=中国メディア

世界の自動車販売数トップ10、日本車が半分で中国車はナシ=中国メディア

記事は、著名な市場調査機関Focus2Moveがこのほど発表した、2018年の世界の自動車販売ランキングを紹介。世界全体のトップ10では、トヨタのカローラが …  ニフティニュース 世界の自動車販売数トップ10、日本車が半分で中…https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20190130_00062/ 中国メディア・東方網は28日、昨年の世界の自動車販売トップ10で、日本車が半数を占める一方で、中国

就活生の企業人気ランキング—理系総合トヨタ9位、ホンダ33位に後退[新聞ウォッチ]

就活生の企業人気ランキング—理系総合トヨタ9位、ホンダ33位に後退[新聞ウォッチ]

もっとも、理系男女別のベスト50をみると、理系男子では、トヨタが2位、ホンダが12位、デンソ―13位、アイシンが38位、日産が48位だが、理系女子に自動車関連は1社も入っていない。「若者のクルマ離れ」といわれて久しいが、就職人気ランキングを見る限りでは、今の学生たちは「離れる」どころか、「近寄りがたい」というのが …  レスポンス(Response.jp) 就活生の企業人気ランキング—理系総合トヨタ9位…https://response.jp/article/2018/04/24/308909.html就職企業人気ランキングの文系男女の総合順位では、首位が全日空、2位が日本航空、3位は東京海上日動火災保険、また、理系男女総合では、1位がソニー、2位が味の素と前年と同様で、3位には明治グループ、