クルマ・バイク

一人勝ちなぜ続く? 高額でもトヨタ「アルファード」「ヴェルファイア」が爆売れする理由

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

JDパワー社による自動車初期品質調査で、韓国メーカーが1位〜3位を独占!

JDパワー社による自動車初期品質調査で、韓国メーカーが1位〜3位を独占!

米国の調査会社J.D.パワーが発表した最新の自動車初期品質調査で、ヒュンダイから独立した高級車ブランドのジェネシスが1位となった。デビューから2年目を …  Autoblog Japan J.D.パワー社による自動車初期品質調査で、韓国メ…https://jp.autoblog.com/2018/06/29/genesis-jd-power-ranking/米国の調査会社J.D.パワーが発表した最新の自動車初期品質調査で、ヒュンダイから独立した高級車ブランドのジェネシスが1位となった。デビューから2年目を迎えた同ブランドは、第三者によるレビューでも軒並み

ブランド価値評価でZOZOTOWNが急成長、トヨタは10年連続1位「Best Japan Brands 2018」

ブランド価値評価でZOZOTOWNが急成長、トヨタは10年連続1位「Best Japan Brands 2018」

グローバルのブランドランキングでは、TOYOTAが10年連続で第1位となった。自動車ブランドはTOYOTAを含めてトップ10で4社、トップ40で10社がランクインしており、グローバル市場におけるブランド力の高さがうかがえる。 ブランド価値成長率では、Nintendoが前年比プラス21%で1位だった。ニンテンドースイッチの発売が …  Web担当者Forum ブランド価値評価でZOZOTOWNが急成長、トヨタは10…https://webtan.impress.co.jp/n/2018/02/15/28349ブランドコンサルティング事業のインターブランドジャパンは2月14日、独自の価値評価手法を用いたブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」の結果を発表した。

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位

日経平均構成銘柄の上昇率トップは、三菱自動車<7211>で10.1%高、同2位は三越伊勢丹ホールディングス<3099>で7.7%高となった。三菱自動車が前日に発表した18年3月期決算では、営業利益が982億円で前期比19.2倍となり、19年3月期は1100億円で同12.0%増と市場予想並みの水準を見込んでいる。円高で大手 …  みんなの株式 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://minkabu.jp/news/2100034最新投稿日時:2018/05/10 12:44 – 「日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位」(フィスコ)

トヨタ「パッソ」が確立した絶妙な立ち位置

トヨタ「パッソ」が確立した絶妙な立ち位置

月販平均販売台数は約3800台で、自販連の乗用車通称ブランド別新車販売ランキング(軽自動車除く)では、毎月20位前後に顔を出す。 過去4年の販売実績も …  東洋経済オンライン トヨタ「パッソ」が確立した絶妙な立ち位置 | 新車レ…https://toyokeizai.net/articles/-/245471トヨタ自動車が、コンパクトカー「パッソ」をマイナーチェンジ(一部改良)して、全国のトヨタカローラ店を通じて今月10日に発売した。おしゃれなMODAシリーズに大開口フロントグリルを採用するなど、より大胆なエ…

バイク王のリセールランキング、ホンダ「スーパーカブ110」が首位に

バイク王のリセールランキング、ホンダ「スーパーカブ110」が首位に

総合ランキングに戻ろう。1位は飛ばして2位にカワサキNinja650、3位にホンダのX-ADV、4位5位はヤマハでTMAX530 DX ABS、トリシティ155ABSと続く。6位はカワサキのNinja1000。7位は同順位で3車種があり、2つはホンダのCB1100RSとCBR250RR、もう1つはヤマハのジョグZRである。10位はホンダのCRF250L。  財経新聞 バイク王のリセールランキング、ホンダ「スーパー…https://www.zaikei.co.jp/article/20180404/435466.htmlバイク王バイクライフ研究所が、2017年12月~2018年2月のバイクの「リセール・プライス」(売却時に高値がつく度合い)ランキングを発表した。